三ツ首コンドル1

フフフ、私はこういう伸び代のある新連載が大好物なのですが、コンドルは格別にいいですね。
読みきりで期待の新人現る!という印象が強かったせいで、
1話2話の落差に戸惑ってしまいましたが、3話目にして上手く乗れてきた気がします。
まずはコンドルの良い所から語ってみようと思います。

■.再読時のストレスがない(何度でも気軽に読み返したくなる)

被害者に悲壮感がなく、敵役に不快感がなく、全体的にほんわかしてるのが要因か。
これは一長一短あるので実際は『良い所』と言い切って良いのか解りませんが、
少なくともコンドルという作品にとっては最大の武器となっています。

これが無駄に仕事が丁寧な作家、例えば、ゆでたまご先生とかだと
1話で迷宮に連れて行かれた男達の遺族が出てきて、
『ぼくの父ちゃんはどうなったの?』と主人公に訴えてきて、悲壮感を演出してきやがります。
フフフ、言うまでもなく『美しくない』ですね。
こういう『重い演出』を省いてくれるから、我々は何の気兼ねなくコンドルを読み返す事ができるのです

不快感のない敵役、サルサさんについては後で記事にしたいと思うのでここではカット。
『キャラクターとしては間違いなく失敗』なのですが、
解りやすい外道が私利私欲から村人を虐げるというテンプレ展開であれば、やはり読み返すのをためらう要因になっていた事でしょう。

■.ヒロインがなんか可愛い
細かいツッコミは美しくないので省きますがw
ヒロインのスーさんには作者なりの美学を感じます。
『つかみどころのない性格のマシマロに欠けてる部分を補う役所』と言ってしまえばそれまでなのですが、
この三ツ首コンドルという作品の案内人としてなかなか綺麗に収まっています。
解説に、ツッコミに、凄さや善悪の判定に、大活躍です。

一番読者の目線に近いはずのキャラですが、それがちょくちょく逸脱してしまうのは、
『読者をこういう風に誘導してくれ』という作者からの無茶ぶりに応えた結果なので、スーさんは悪くない!悪くないのだ!
また何度も再読を重ねていくと、そのズレすらも愛しく感じてくるのでむしろオールオッケーな所があります。

なお、主人公との距離感がいい感じ(初期のゴクウとブルマみたいな関係)なのと、
終始、体をはってドタバタしている所も好感でしょうか。
ちょっと崩れがちなデザインと、無造作にかかれたおっぱいなども個人的なツボなのですが、
フフフ、そこはやはり見る人を選びますね
スポンサーサイト

肉④

キン肉マンを楽しんでいると、
恋空も馬鹿にできなくなる。






niku1.jpg






奥深いテーマ性なんて皆無で、分かりやすく、シンプルで、
何よりもエンターテイメントのみを追求しているという点で、この2つは共通しています。







niku12.jpg




ベンキーヤ!ベンキーヤ!!








niku2.jpg




もっとも、キン肉マンは潔く、馬鹿馬鹿しいもの(フィクション)を馬鹿馬鹿しいもの(フィクション)として素直に描けていますが、
恋空だの、電車男だのは、ドキュメンタリーとしての生生しさが感じられないものを、
ノンフィクションという事にして、その穴(テーマ性の希薄さ)を埋めようとする手法が詐欺じみていて好きにはなれません。







niku3.jpg


niku4.jpg


niku5.jpg




しかし、漫画やアニメや小説や映画なんかに限って言えば、
メディア・リテラシー(情報識別能力)というものは、かえって楽しみを損ねてしまうのかもしれません。
軍オタや関西の人間が、『こんな大砲じゃ弾は撃てない』とか『これは大阪弁じゃない』と難癖つけるのも、
その作品を楽しむ上では余計な情報処理能力が備わっているからでしょう。







niku13.jpg



ベンキーヤ!ベンキーヤ!!



niku6.jpg





そう考えると子供の頃、漫画やゲームに素直に感情移入して楽しめたのは、無知である事が強みで、
その内容をなんでもかんでも鵜呑みにできたからでしょうか。
怖い話ですが、フィクションとノンフィクションの境目からして曖昧だったように思えます。







niku9.jpg



ベンキーヤ!ベンキーヤ!!






niku7.jpg





鉄腕アトムの真似をしてベランダから飛び降りたガキも、きっとそんな感じだったに違いない。
(だけどカッター少女とか斧少女とかは、親の躾の問題だ。作品に罪はない。)






niku8.jpg




キン肉マンを読むと、

漫画の原点に立ち返らせてくれます。






niku11.jpg




ベンキーヤ!ベンキーヤ!!





niku10.jpg


今では、ひねくれた読者になってしまいましたが、
それでも変わらずに、キン肉マンが大好きです^^



以上。
ウォッシュ・アス戦を読んでの感想。



肉Ⅱ世③

超人オリピックは、予選から熱いなぁ。
本戦までは茶番みたいな競技が続くかと思ったけど、
脱落者をボロボロ出して、その過程をしっかり描けている。
こういう部分でも手を抜かないゆでセンセの生真面目さは好きだ。

しかしガゼルマン(笑)の姿が途中から見当たらない。
ダルマ落としで、出番すらなく落ちたのだろうかw
ゆではどこまで狙っているのか知らないが、この扱いのヒドさがたまらなくいいwwww
さすがカナディアンマンの正当後継者だ。今後はスタメン落ち確定だろうwww
セイウチンもかなりの不遇キャラだが、こいつはまだ、ジェロニモくらいの扱いがある。

そして、自称正義超人が、名誉のために競う大会なのに、
足のひっぱりあいや、血みどろの殺し合いを繰り広げるクズっぷりにゾクゾクします。
作中の随所から、正義超人のクズっぷりが伝わってくるわけですが、中でも大好きなのは、
プリクラの超人が、イフリートとスネークアイの超人二人に後ろからどつかれた報復で、
二人をプリクラに閉じ込めて、『スマックダウンピクチャー!!!』とか言って、
イフリートとスネークアイの首をもぐところです。
ハードすぎるwwwwwだけど、超人はこうでなくっちゃいけないwwww

『プリクラ撮影していかな~い?』とか、明らかに罠としか思えない誘いに、
すんなり乗ってしまう、イフリートとスネークアイの天然っぷりもまた愛しい所です。

大会委員も、気が狂ってるとしか形容しようがなく、
『高いところから一般人を落とすから救えよ。ちゃんとキャッチしないとそいつ死ぬぞ(笑)』
『一般人とペアを組めよ→超人でもキツイ障害物競走しろ(笑)』とか言って、
当然、一般人に被害だしまくりで、血まみれで横たわっている一般人なんかをみると、
こいつら、正義をかたってるぶんだけ、悪魔超人よりタチ悪いなと思わされます。
まぁ、日頃から自身の命すら粗末に扱ってる超人達なので、人命も軽く見てしまうのは仕方ないことのようにも思いますが(ナイスフォロー)

『人命のためなら超人同士の殺しあいも許される!』とか、
『この戦いを乗り越えた超人は成長し、人々のために活躍するのも事実』とか、
無理やり正当化させようとしているのも素晴らしいですね、ゆで先生^^

14巻の超人オリンピックは、様々なものがヒドすぎるわけですが、だがそこが良い。
予選にも関わらず、ゆでがノリノリで描いてそうな雰囲気が伝わってきて、ひたすら面白い。

ジェイドvsキッドvsバアロノスの戦いは、素直に熱い展開。
予選で、ジェイドとキッドをぶつけて、しかも伏兵になるかもしれない新顔超人まで混ぜるとか、
ゆでも憎い演出をします。まとめかたも◎

そして、なんだかんだで、やっぱり超人はカッコイイ。
なぜこうも超人が魅力的に感じるのかは不明です。(幼い頃の刷り込みのせいでしょうか?w)
いつのまにかジェイドとかに、ブリーチの白哉兄さん5個分くらいのカッコ良さを感じている自分に驚きます。
言葉で要約すると、無骨なカッコ良さ、という事になるんだろうけど、
とても正常な感覚を保てている気がしないwwww
キン肉マンⅡ世を読んでいると、私の脳がダメな感じで麻痺していくのを感じます。
だけど、もう、ヒキカエセナイ・・・

肉Ⅱ世②

肉Ⅱ世はスカー戦終わってからの展開はヒドいなwww
ヒロインいらねー!!wマリさんとかも黒歴史なんだから、わざわざ掘り返さなくてもいいのに。
ゆでセンセは、良く言えばプロ意識が高いが、悪く言えば仕事を選ばなすぎる。
だから、創価で漫画描いちゃうんだよ!!!

ヒロイン登場回は、スカー戦の後で盛り上がった気持ちに、冷水をぶっかけられたよwwww
本来ならかっこいい超人技が繰り出されてそうなコマに、女子高生のパンチラ描くな!!
ゆでにこんなものを期待してる読者って、プレイボーイ購読者にもいないんじゃないのか。
キン肉マンをエロ路線で楽しむのはハードルが高すぎるwww

(でも万太郎、キッド、ガゼル、セイウチの4馬鹿が仲良くナンパしたり、
王様ゲームしてるのは見ていて和む。そこが更正されなかったのは良かった)

その後の肉とテリーの話は良かったです。
何より、若い頃のカッコよかったキン肉マンが活躍しているのが良い。
が、そこからの新シリーズが盛大に失敗していると思う。
まず、超人の命の重さとかテーマにしなくてもいいのに。
超人の命は綿よりも軽いが、あっさり復活するお手軽なものなんじゃないのか?w
おまえら、胸から超人パワーを取り出して分け与えれば復活するんだろと?w
大体Ⅱ世でも、これまでわりと頻繁に超人は死にまくっているのに、
今更、万太郎が、命がけのバトル怖いとか言ってるのはどうなんだ。
キン肉マンの一族は相手の命を奪わない、
試合の後は、相手が悪魔超人でも遺恨は残らない。
というのも、かなり例外あると思うんだけどなぁw

ミート君とボーン・コールドの、互いの父親の事情を絡めた構成も、
それ自体は悪くないんだけど、その試合の発端が、
火事場のクソ力を開花させないと1年もたずに廃人化するという、
とってつけたような後付け設定で、万太郎の修行のためにアタル兄さんがわざわざ囚人を解放したからなわけで、
そんなマッチポンプな事情でザ・ニンジャやミンチやジャイロが犠牲になったのかと思うと、超人の命をテーマに置いた事も重なって、非常に後味が悪い。
中ボスと3戦しただけって感じで、ラスボスの風格を感じられる敵がでなかったのも残念な部分。
主人公補正ついた万太郎の試合は、カッコ良さや強さが際立った超人が相手じゃないとドキドキ感がありません。

このシリーズ中は、合間にはさまれた人気投票が一番面白かった。
ウォーズマンが、ゆでたまごにスクリュードライバー決めた所で盛大に笑いました。
(ジェイドの投票理由に、『スカーの洗脳に安易にかかってしまう純粋さ』とあるけど、
これはイケメン補正で好解釈されているのか、『普通そんな口車にのらねーだろ』というゆでへの皮肉がこめられているのか判断に迷うところだw
というか、あれはスカーフェイスの暗示催眠攻撃だと勝手に思っていたけど、
ただ口先だけでたぶらかせていたのかな?充分ありえるなぁ。だってゆでだから。)

で、現在は、13巻まで読みました。
超人オリンピックに突入して、話を持ち直したような気がします。
これまで出てきた超人達にもスポットを当ててくれるのは嬉しい。
スカーフェイスが出てないのが不満点ですが、
ジェイド、ケビン、チェックメイトの活躍が楽しみです。やっぱり、かっこいい超人が好きだなぁ^q^
(いつのまにか、チェックメイトが正義超人になっていて、サンシャイン涙目すぎるけど、そこは深く考えたら負けかなと思ってる)

ミスターかませ犬こと、ガゼルマンが、誰のかませ犬になるかも楽しみです。
ポッと出の中ボスにやられるのが濃厚ですが(笑)
大本命のケビンマスクのかませ犬になれれば、かませ冥利につきると言えましょう。
もう一度、ジェイドのベル赤でやられるのもおいしい^^



キン肉マンⅡ世

キン肉マンⅡ世を読みました。
今時考えられないような、茶番としか思えない演出がバンバン出ます。
でも悔しい、・・感じちゃう・・・ビクンビクンっ!と、胸に何かこう熱いものがこみ上げてくるのは否定しようがない、ゆでの漫画手法にメロメロです。

全体的に安っぽくって深みがない、恋空(笑)みたいな成分で構成されていて、
ワンパターンで古典的ですが、それが美しいまでに洗練されています。
考えるな!感じろ!!と脳が私に囁きます。

一度やりつくした事を、再び掘り下げて描いているわけですが、
それでも、このテンションを維持できているのはすげぇな、と素直に思います。

なお、前作の肉が好きだと効果は絶大で、
『常に中堅止まりだったブロッケンの系譜の悲願を』とか言われると、どうしてもジェイドに感情移入しちゃうし、
『昔の超人なんてたいしたことないぜ(笑)』とか言う奴が出ると、カチンときてしまうわけで、
ところどころで、ガツンと感情に訴えるものがあるのが憎いところです。

サンシャイン登場あたりは、まだ懐かしいだけの漫画だったんですが、
スカーフェイスvsジェイドで、ゆでのセンスが鈍っていないと確信できました。
ジェイドを倒す事で、スカーフェイスが強くてふてぶてしい悪役としてのキャラクターを確立するわけですが、非常に容赦がなく徹底していて、これでこそ、ゆでセンセ!


しかしまぁ、バーバリアンが悪魔超人に、真っ二つに引きちぎられたり、
海洋生物相手にしか真の実力を発揮できないクリオネマン(笑)とか、
別に弱点の臓器を攻撃しなくても倒せるクリオネマン(笑)とか、
地球侵略のために、正義超人とリングで戦う悪魔超人(笑)とか、
それを見て喜ぶ観客(笑)とか、
悪魔超人も正義超人も、両足に重しをつけた状態で棒にぶら下がって落ちると死ぬ(笑)特訓してたり、
本当に読むと頭が悪くなりそうなものばかりで溢れていますね。
全力の子供騙し!と言うのか、思えば、昔の漫画は全部こんなだった気がするww
キン肉マンや星矢やキャプ翼とかと比べると、
トリコですら、スマートで知的な漫画に見えてしまいますwww







なおBGMは、当然のように、これを無限リピートしてます^^
キン肉マンは、何気に名曲が多い。

ひぐらし

ひぐらし、原作のゲームの方からじっくりやるつもりでアニメをスルーしていましたが、
『試しに鬼隠し編だけみてみるか』と思ったら、気付いたら2日で全50話、全部みてました。

原作は3倍濃度の面白さだと思うけど、アニメはアニメでテンポ良く、ハラハラしながら観れました。
圭一少年が主人公ですが、全編通してみると、影が薄く、
他の登場キャラが自由に動いてる感じが良かったです。


毎回、試みが違っていて、その編ごとに好き嫌いがわかれそうですが、
『目明し編』が一番楽しめました。
なので、子供や老人相手に超強い、無敵のヒロイン詩音が一番好きです^^


以下 ネタバレ注意。







原作知らないけど、
目明し編が、アニメでは一番出来が良かったと思います。スタッフは演出頑張りすぎwww

入れ替わりトリック自体は凡庸だけど、
綿流し編に、1本の線を引くような回答の鮮やかさが光っています。
その背景にある園崎家という特殊な家系が超然とした存在感を放ち、
詩音を含め、周囲の人間を狂わせていくという構図が良い。
多くの謎が、多くの畏怖をうみだし、中盤からずっとピンとはりつめた雰囲気で、
正直、ひぐらしはここがピークだったと思う。(以降の話も楽しかったけど)
明かされた設定と、残った謎のバランスが良い感じ。

なにより詩音というキャラクターが魅力的すぎて終始ゾクゾクしていました。
紙のように薄っぺらい理性と、深い狂気は、ゾンビ屋れい子の、百合川サキとタメはれるくらいの可愛さです。
はう~、生爪、お持ち帰り~^q^

魅音がいじめられるところとか、サトコがいじめられるところとか、詩音がその2人をいじめてるところとか、問答無用で良かったし、
数々の困難をのりこえながらも復讐劇を達成し、
(その当時では)最大の恐怖の象徴であった、オヤシロ憑き(?)の巫女さんすらも打開したところで、DA・I・KO・U・HU・N★

詩音の、一途な想いと、容赦ない壊れっぷりと、土壇場でのしぶとさは、
正直、ひぐらしのラスボス以上にラスボスしていたと思います。
やっぱり犯人は、終わったと思わせて、再び姿を現してナンボですね^q^

最後は、綺麗にオチたしwww

かつらさん

K.jpg

ものすごく狭い範囲を狙ってみました。
自分で描いたネタに、自分で笑ったのは初めてだ。
(描いてて幸せな気持ちになれました^^)

挿絵の乃梨子は、何であんな破壊力あるんだろう。。。





大場=ガモウ説、まじだったwwwwwwww

ガモウひろしの息子への質問とその答え

いまさらながら知りました。
大場=ガモウ説は、夢のある都市伝説だと思っていたのですが、これはもう限りなく真実だ・・・

『2007年の9月』の時点で、
バクマン(漫画家を目指す少年と、声優を目指す女の子の話の構想)に触れている時点で、確定ぎみ。。
(関係者が意図的に捏造する可能性がわずかに残っていますが、
さすがに、そこまでする理由も、意味もわからないし、下手したら名誉毀損ですよね。)

バクマンの、ガモウをモデルにしたおじさんは、
大場つぐみの悪ノリだと思っていたのですが、
本人だったのか。。。。。本当にビックリした。
ラルΩグラドの原作者もガモウだったとかwww

どういういきさつでコンビ組んだか知らないけど、
ヒカ碁が終わった後の小畑センセに、ガモウと組ませるとかww
その発想は素直にすごいなwwww
デスノートはもう、奇跡の産物としかいいようがないwww

2008年 少年ジャンプ14号

【ありがとテニプリ】

許斐センセらしい最終回でした。
さすがにちょっとシンミリしてしまうのかなと思ったのですが、
作詞、許斐剛の才能が爆発しすぎていて、そんな余地は微塵もなかったぜww
あまりのパンチ力に、クラクラしました。

『歌詞自重しろ!!wwwwww』と思ったものですが、
それでも負けた立海には救いが、勝った青学には祝福があるような内容で、
許斐センセの【魂】は伝わったかな、うんwwww
(でもそれ以上に、笑ったよwwwwwwww)

『Dear Prince~テニスの王子様達へ~』は、
テニスを知らない人間にとっては、チープなポジティブソングで何の価値も見出せないと思うけど、
テニス信者には、まぎれもないロックです!!!!!!

最後のカラーの使いどころも意表つかれましたww
最後のページを飾るのが、白人、黒人、白人、黒人の、米ヤンキー4人組ww
『テニスは本当に最後の最後まで、何処まで狙っているのか解らない漫画でした』

でも正直、これで終わったとは思ってませんww
系統としては、『キンニクマン』『キャプ翼』だと思うので、
いつかどこかで、『続編』を発表する可能性は極めて高いと思っています。
次回作については、ゆで、陽一の轍を踏んで欲しくないんですけどね。(しかしその可能性も高そうだw)

テニスって何だったんだろう…
初期の内容はほとんど思い出せないし、楽しかった記憶もない。
腐女子人気も理解できませんでした。

そんな私を覚醒させたのが『菊丸の分身』でした。
(こ…この作者は、真面目にテニス漫画を描く気がないのか!!?)
それを確信した瞬間から、見方が変わった気がします。
テニスの王子様は、『テニス漫画』として読むと駄目だったんでしょう。
『ネタ漫画』として読むと面白い事に気付きました。

ほどなくして『氷帝学園』の存在に気付きます!
本編では軽くスルーしていたんですけど、腐女子の二次創作が面白くて、
テニスろくに知らないけど、氷帝にだけは詳しくなっていました。

部活の腐女子の、テニプリトークにも少しだけついていけるようになりました。

腐『青学では誰が好きか解る?』
私『えーと、眼鏡のやつ?』
腐『当たり!手塚』

その時は言えなかったけど、私は、乾の事を言ったつもりだったんだwww


ネットでは、クールドライブで指6本が、大きくネタにされました。
正直、菊丸の分身に比べれば、指が1本増えようが、2本増えようが、どうでもいい感じだったんですが、
ここからテニスがネットでよくネタにされるようになったのは嬉しかった。

そして私が完全に信者化したのは、全国大会の『青学vs氷帝』
ネタ漫画として読んでいたはずのテニスの王子様が、
王道のジャンプ漫画として見方をかえました。
『さっさと打ち切られろ!』と思っていた頃には考えられない事ですが、
いつのまにか、ジャンプで一番楽しみな漫画になっていました。



ありがとうテニスの王子様





ありがとう許斐剛先生




























おかえり

HUNTER×HUNTER!!
















ゆめののジャンプ感想 完!

2008年 少年ジャンプ 13号

【テニス】

『天衣無縫はテニスを楽しむ心、みんなの中にあるものなんだ!』

完全にまとめタイム入ったなと思いました。
ここはもう素直に、幸村を打開して、
残すは感動の最終回になるのだろう…
そんな感傷的な気分になった時でした。


『サムライドライブ!!!』


ドシュっ!!!ギギギギギギ ギュパァァン!!!

ゲーーッ!!ぼ、ボールが・・・!?
ボールが真っ二つに割れたーーーっ!!!!!!!!!!

金太郎戦はここのためのフラグだったのかーーっ!
しかし、どうやってあのSUGD山嵐を跳ね返したのかというは未だに解らないーっ!!

しかも幸村君、まだ諦めないっ!!!
2つ同時に跳ね返したーーーっ!!!!!!!!wwwww

『ぬう、これは』
『知ってるのか雷電』
『ミラー!(次元反転分離攻撃)
分身とは異なり、完全に体を二つに分離させる奥義。
最高位と呼ばれる剣聖の中でも限られたものしか使えないというのに…
さすが神の子、たいしたラスボスだ』


許斐センセは、最後まで期待を裏切らなかったwwwwwww
綺麗な幕切れをみせようという場面で、最後にもう一花!!
このサービス精神こそが、テニスの王子様だ!!ww


テニスは、『スラムダンク』にはなれなかったと思います。
描写の細かさ、熱さ、深さ、そういう部分では太刀打ちできない。
許斐剛は、井上雄彦に、作家的な力量では遠く及ばないのかもしれません。

けれど私は、スラムダンクよりも、テニスの王子様の方が好きだ!!!
今週読んで、本当に心からそう思った!!
来週も期待!!!!!\(^o^)/



【スケット団】
今週のスイッチは、とても人間臭くて好感が持てましたww
今回で決着をつけなかったのは、他にも細工してるのかな。
あとできるのはセンサー部分だけなので、センサー偽装つけかえの可能性が高め。
しかし個人的に、デージーちゃんは、今後もスイッチの天敵であってほしい。
負けるなデージー!!

【マディ】
ルビィが仲間になる過程は、もっと迷んだり、
苦悩したりして欲しかったんだけど、これは、ページ的な都合だろうか。
最後どう締めるのか期待しています^q^


【アイシールド21】
県大会で終わらせるのなら、ラスボスは神龍寺で良かったと思うけど、
そこも通過点にして、全国大会に真のラスボス戦をにらんでいたなら、
かなり奇抜な選択だったと思うけど、神龍寺→王城→ガオー。
という順番に戦っていくのもありだったのかなぁと思いました。

(神龍寺ナーガの築き上げたカリスマっぷりがすさまじすぎて、
ここを決勝でやってたら、作品が燃え尽きていたかもしれません。
なので先を見据えて、クールダウンしたのかな。
もったいないと思うけど。結果として作品延命効果はあったと思う)

ただ、セナの『アイシールド越え』はもうしていると思うので、
本物のアイシールド21がラスボスでもいまいち燃えるものが少ないんですよね。
やっぱりその位置にきてほしかったのは、進か阿含なんだよなぁって感じです。

全国編どうなるんだろうなぁ(*´p`*)
期待半分、不安半分だぜー。


【初恋】
本当に爆弾だったwwwwwwww

あやうく爆死するところだったけど、気にしない(笑)
とか、山本さんの適応力は高いなぁ。
これならToLOVEるの世界にきても通じるんじゃないだろうか。


【ToLOVEる】
幽霊に幽霊の実体を持たせる。
そのへんは想定の範囲内。
いつか必ずやってくると思いました。だってToLOVEるだし。

惜しかったのは、籾岡さんですね。
今回、破格の扱いの大きさだったのですが、
胸をはだけた後の反応がみれなかったのが残念です。
これまで攻める側だった彼女が、受けに回った時に、どういう反応をするのか気になりました。
そういう部分を含めて、いつかフィーチャーして欲しいです^^