スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になったロボPさんに敬礼!!

ロッチルが大好きだったので複雑すぎるww



進んで墓穴を掘って、割れ厨である証拠を見せるうっかりさんな所や、
その後の酷い言い訳が見所。

この人、良い意味でも、悪い意味でも、天然でネタ性が高すぎるんだけど、
それが行き過ぎて破滅するタイプだなww

この動画は笑えるんだけど、
ロッチルの続きが読めないのは笑えない、うぐぐぐぐ。


ロットファイターチルノは、東方の主流をガン無視して、
東方厨に媚びない実に尖った作品で、東方二次創作の中で一番好きだったわ。
また、ロボPさん自身が、二郎コピペにでてくるような真性ジロリアンで、
一般人には、ネタで描いてる部分とマジで描いてる部分の境界がわかりづらいというのも、作品に凄みというか、狂気が出ていて良かった。
スポンサーサイト

エヴァンゲリオンの新劇場版

エヴァンゲリオン新劇場版 序と破をみました。

(例のごとくネタバレ注意)







序も、エヴァっていい作品だったよな~と、しみじみ思い出せたり、
ヤシマ作戦の大幅リメイクで熱くなれたりと、なかなかの出来だったんですが、
破がヤバイwww
世間での好評判は耳に入っていたのですが、これは良い意味で裏切られた。
製作者の掌の上状態で楽しめました。

エヴァンゲリオン解 祭囃し編 って感じですな。
二周目を強く意識して造られていて、これが実にうまくハマッてる。
当時の綾波は、かなり斬新なキャラクターだったけど、今では消化されすぎた感があるので、
ここにきて血の通った綾波にしたのが何より印象的です。(後々の演出にも、効いてきます)

『なんで未だにエヴァとかつくってんの?パチンコの影響?』
と割と冷めた目で見ていてごめんなさいwwww
『今の時代にあったエヴァはこんなもんだろ』という毒気を抜いた展開になっていて、
庵野監督が、中二病を卒業したのを感じます。

旧エヴァは旧エヴァで愛すべきものなんですけどね。
ただ、あの終盤のちゃぶ台返しを繰り返しやられるのはげんなりしただろうなぁ、と。

全体的に言えるのは、ただ名シーンの羅列ではなくて、
1本の映画としての構成をよく考えられているのがマル。
シンジ君の『僕はもうエヴァに乗りません詐欺』を1回で済ませたり、
ユニゾンアタックや停電話やトウジ(笑)が省かれたのは残念だけど、
これらも挟むとテンポが死ぬから本当に仕方ないよなぁ。

少女革命ウテナみました

『少女革命ウテナ』(全39話)(+劇場版)をみました。

(以下ネタバレ感想)






本当に良い意味で狂ってるアニメで面白かった。
(多分、リアルタイムでみてたら、当時のEVAの印象が強すぎて鼻で笑ってたと思うけど)
音楽と画面の演出は、今でも斬新に感じました。

同年代にEVAがあって、その影響も少なからず受けている造りのせいで、何かと深読みされる作品に位置づけられているけど、
非現実的な演出や設定も、そのまんま解釈するのが一番自然な気がする。
辻褄あわせや、現実との照らし合わせを半ば放棄しているけど、
そういう虚構じみたものが、テーマ性を引き立たせるための装置としてうまく機能している。

まぁ、27話の『七実の卵』だけは、屈指の電波回で、何のテーマ性も感じない上に、本当にわけがわからなかったけど。
(このわけの解らなさも、後々の伏線なのかと思ったが、そんな事もなかったw)
あの卵は、ただのドタバタのためのネタ装置だったんだろうなぁ。

劇場版は、すごく救いがあって、視聴者が望むような形で締められていたけど、ちょっとベタベタしすぎて違和感があった。
地上波でのウテナは百合っぽいけど、百合じゃない。
そこはメッキの部分で、劇場版でも最終的には剥がしちゃって良かった。

このアニメの人間関係は、あまり良い形のものがないんだけど、
それでもバランスをとって収まっているというのが、最近のアニメにはないクールさだったとも思う。
ウテナとアンシーの縮まりそうで、縮まらない距離感も独特だったし。

濃い演出を楽しむのが一番なんだけど、
着地点の予測がつかないカオス展開でも、ぶん投げないで、ギリギリのところで、きちんと収拾させた点が良かった。
ぜんぜん、救われない登場人物達のわりに、不思議と後味も悪くない。

傑作というか、怪作。


舞ーHIME みました

注意・舞-himeの重大なネタバレが含みます。




























というわけで、舞姫感想です。

面白かったです。学園戦隊ものと見せかけて、ひぐらし系アニメで驚きました。
最初は、日常パートが楽しいけど、戦闘シーンいらねーなーって感じで観てたんですが、
4話くらい?から4人目登場して、サンライズのごちゃごちゃしたデザインにも慣れて、
このまま行くのかな~と思ったら、8話でおお、こいつが5人目!?って思ったら、さらにおおおっ!!!って展開で、13話でいきなりクライマックスまでいって、だけどここからが本番開始っっ!!て感じで、
何転もしていくストーリーに、どんどん引き込まれました。
いろいろツッコミ箇所というか、強引なまとめ方をしていると感じる部分もありますが、
そんな部分も含めて、良い意味で大味で、エンターテイナーしてました。



過ちを犯した子達は多いんだけど、
操られていたから、復讐のため、等いろいろと情状酌量の余地があるのが大半なんですが、
生徒会長の静留さんと、シスターの恋人の眼鏡だけは、ギルティだろwww

眼鏡は、野心はあっても、シスターを操るために、「負けたら消える」リスクも背負ってるので
まだいいかなって部分もあるのですが。

やっぱり静留さんですね。
このヤンデレっぷりが後半の一番の見せ場だったように思います。
ひなみざわ症候群もなしに、ここまで修羅と化したのは見事です。
「負けると大切な人が消える」というルールを逆手にとって、なつきを詰み状態にして、無理心中まで持っていたのも見事です。
あれは、ヤンデレ冥利につきるベストENDだったのではないでしょうか
まぁ、あんな鬼を見せられたら、復活後の静留さんを咎められる人間なんてこの世にいないでしょうねw
なつきも、なおちゃんも、ゆきのも、はるかちゃんも、第一機関の人達も、泣き寝入りで正解だと思いますw

ところで、黒曜の君は、マイと手を組もうとしてたみたいだけど、
命を倒しちゃったらおまえも消えるんじゃね?っていうツッコミはしちゃいけないんですかねw

まぁ、何にせよ、楽しかったなぁ。

なお、舞乙-himeは、一話みて観る気が失せました。
なぜか一巡した世界になってて、キャラのイメージも変わってて、全く馴染めない。
これも我慢して5話くらい観れば楽しめるのかもしれませんが、
全く別物と化したので、ここは未練なく切れそうです。
次は他のアニメいってみようと思います。



けいおん!2期

けいおん2期の1話を観ました。
内容については満足しています。しかし問題なのは新EDです。

センスないとか、ダサいとか、それ以前の問題として、
似合わない演出をしているよなぁって感じで微妙だった^q^

新OPはまぁまぁアリです。これは、けいおん!らしいと思う。

もこう先生の厨ポケ狩り講座(⌒,_ゝ⌒)


ポケモンバトルがこんなに面白いものだとは知らなかったww

もこう先生は、ネタとしても面白いけど、勝負師としても凄い。
強者でありながら、魅せる強者です。
節々に一流らしい発言もあって、そこに感心します。

ただポケモンの知識があるとか、育成が上手いとかだけじゃなくて、(それもあるけど、それは出来てあたりまえの事として)
対人におけるコミュニケーション性を理解できている事(相手の気持ちが解る事)と、
格下相手にもリスペクトできている、という部分が、まさに一流のファイターとしての風格を感じます。

まぁ、ネタや釣りが多すぎて、そういうガチで凄い部分が隠れがちなんですけどね。
実際に、ネタ発言の方が強く印象に残るし、そっちの方が面白すぎるというのがあるんだけど。

1回目はまだ、おとなしめで綺麗なもこう先生ですが、
どんどんチンピラ度が上がってくるごとに面白さが増します。
神回のタグがついた実況はまさに神回。

ポケモン解説もわかりやすいです。
マンダのりゅうせいぐんはつよい!

ぺけぽこさん2

3章途中~
防具をしいれて防具を売る
向かいの店でせいぎのそろばん仕入れて、ネネで売る。
もっとアクロバットなプレイングが飛び出るのでは、と思ったけど、
割と正攻法な、おもいっきし作業ゲーでした。

4章
火力を捨てて、防具をそろえて、オーリン救出。
静寂の玉でバルザックをほぼ封殺できるのと、ダメージソースとしてオーリンが優秀なので、
危なげなく超えた感じ。

ここまで2時間30分くらい?

5章途中
およそ30分ほど、回線トラブルに対処しながら、RTAも継続するとか、
ぺけぽこさんは本当に器用だな。

メタル狩り→はぐメタ狩り

の運ゲーが結構、みていて熱い。
これ完全にギャンブルだよなぁ。

移植版のドラクエⅣはやったことがなかったんだけど、
トルネコが、しのびあしを使えるので、
普通に遊んでいてもガーデンブルクで檻にいれる人選は悩みそうだなあ。
ブライかミネアかライアン、からだと思うけど、どれを切るかは好みが分かれそうだ。

キングレオ→バルザックの連戦を終えて、
レベル20にも達した事で、そこそこ安定した感。
Ⅳ自体、わりと難易度は甘いので難所らしい難所があまり思い浮かばない。
エスターク戦あたりまで、しばらくサクサク動画が続きそう。

初期と後期で絵柄が変化した漫画

初期と後期で絵柄が変化した漫画


こうやって並べていくと、なかなか興味深いですね。
(中期の絵もほしいところでしたが)

描き込むか、簡略化するか、整えるか、崩すか、
作家ごとに向かっていく方向が異なるのが面白い。

整ってた絵を崩すのは、逆走してるように見えて、上達を感じるのは、
線とか?のメリハリが良くなってるせいだろうか
デッサンを整えられる、という基礎スキルを持つのは当然として、
魅力のある絵を描くというのは、直線とか曲線とか、強さとか弱さとか、そういうメリハリをしっかり区別する事なのかな~

などと、ぼんやりと何かを理解した気になった時に奴は現れた…





robo.jpg


知らない漫画だなー・・・






robo2.jpg



ざわ…









robo3.jpg








robo4.jpg






ゲーム動画いろいろ

最近、自分でゲームするよりも、他人のプレイ動画みるほうが楽しいです。
良かったのを紹介。



フルボイス、ロマサガ3。
このうp主は、初期と比べて、芸がずいぶんと深まってきています。
これはもっと評価されても良い。




ぺけぽこさんの、ドラクエ5RTA講座。毎日正座してみてます。
ちなみに、ぺけぽこさんの、ドラクエ3の方のRTAをみたら、
通常10~12時間でクリアしていたドラクエ3が、6時間きれるようになって、まじ驚きました。
そんなわけで自分の中で、ぺけぽこさんは、格ゲーの神、ウメハラと同列に位置するような存在、いわゆるGODです。
(なお、ウメハラは、将棋の羽生、野球のダルビッシュあたりと同列に位置します。)

ゆっくりヴォイスで、変態度高め。
一般人が引く境界を、ギリギリで踏み越えているので、ネタに対する好みは別れそう。



ロマサガのバグ技再現動画。
ちょっと前に、DQ5のバグ技紹介の動画があったけど、そんな感じの内容。
ただしアイテム増殖やマップ移動なんて生ぬるい、かなりコアな内容になっています。

昔、3地点制覇をこなして、ロマサガを極めた気になっていましたが、
このゲームの闇の深さはそんなものでのはなかったwwww
『実機でここまでできたのかwwww』って感じです。
ロマサガ(SFC)は、何年たってもまだまだ発見があるゲームのようです。

こんにちはアン



いつのまにか世界名作劇場が復活していたわけですが、まじ名作すぐる。
赤毛のアンの記憶が程よくあいまいなので、先の展開が解るようで解らない感じもグッドです。
アンが大人になって教師になったり結婚したりするまではさすがにやらなそうだけど、
ダイアナを酒に酔わせて百合百合する話まではやってくれると信じたい。
まぁ、当分、小さいアンのままで良いわけですが。

1~7話までは、決して幸せとはいえない環境の中にも救いのある良い話、だったわけですが、
8話でやってくれました。さすがハウス食品の欝話は一味違うって感じでしょうか。
酒乱でDVでニートなおじさんが、1~7話かけて、じょじょに更正し、
禁酒して、真面目に働くようになったところで、再び酒乱のDVニートに戻るというエピソードなわけですが、おじさんも、決してクズ人間というわけではなく、むしろしっかりした大人という一面や、輝かしい過去があったりするところが、逆に酷い話になっているw
次回の9話が気になります。


それにしても、アンたんの妄想癖と、明るい前向きさは萌える^^

『二人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めた。一人は泥を見た。一人は星を見た。』

アンは星を見る子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。