スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくらの冨樫センセが帰ってくる

HUNTER×HUNTER再開決定っっっ!!!!!
うっぴょおおおおおおおおおお(限りなく満面の笑顔で)

再開がもう少し遅れていたら、私は世を儚んで自ら命を絶つところでした。
野猿解散で自殺した女子高生のように!
(準備していた練炭自殺セットを片付けながら)

というわけで、ハンタです。10月に再開です。
待ち遠しいです。9月早く終わってほしいです(^^)
そして、これでジャンプとの付き合いも変化、いや、元に戻るわけですね。
今のジャンプは『良いお友達』でしたが、ハンタが再開されてからは『恋人』です。

『良いお友達』の時は、良くも悪くも平坦な、安定した付き合いが望めました。
けれど『恋人』になるとそうはいきません。
0か100かの付き合いを繰り広げる事になるのです。
いわば、ハイリスク・ハイリターンの世界なのです。
率直に言うと、ハンタ掲載か否かで、100か0かが決まってしまうのです。

だって・・オラは信者だから・・・

ドキドキしながら巻末ページをめくり、
『やっぱり休載だああああああヴわあああああああ(発狂)』という失望感との戦いがまた始まるわけなのです(^^)

でも、それでも、無いよりはあるほうが良いに決まっています!!!!!
冨樫というか、編集GJ!!!
良く切らないで、辛抱強く待ちました。
打ち切りにしないでくれて本当にありがとう!!

ハンタが再開したら、ジャンプで始めてアンケート出すよ(^^)

スポンサーサイト

ロマサガ・サガフロアレンジメドレー

ロマサガ・サガフロ アレンジメドレー

このアレンジは、始めて聴いた。
すごくイイ!!!!

マリモパンツ

マリモパンツが神ゲーすぎて鼻血出そうだった件。
(注意・このPVをみても、その楽しさは一切伝わらないw)

ラブレジェンドの制作者がつくった、『キャプ翼』です。

まず、ストーリー性は期待できるものではありません。
ラブレジェンドでみせたキレは完全に失っています。
かといって、ラブレジェンド外伝のように、厨シナリオ・厨テキストと、切り捨てるほどヒドイものでもありませんでした。
言ってしまえば、結構ありきたりで、好みの別れる内容です。

私は本筋のストーリーで、会話を進めるために、エンターキーを叩くのも苦痛に感じるくらいにダルかったです。
おそらく、冒頭部分でリセットボタンを押すか押さないかの葛藤を乗り越えた人間が勝ち組です。
(けれど、ここでゲームを投げた人間がいても、その気持ちは痛いほど解るww)

しかし、シナリオさえ高い棚の上に置いておけば、後は最高級の出来です。

登場するキャラクター達は敵チームの脇役にいたるまで個性的だし、
試合の演出面では、憎いほど、こちらの魂を揺さぶってくれます。
そして何より素晴らしいのが、戦闘の、超絶バランス


激戦につぐ激戦で、
試合がwwwwww楽しすぎるwwww
『純粋にゲームを楽しむ』という観点でみると、
マリモパンツは百億万点あげても良いほど素晴らしい出来でした。

こじ氏の作品において総じていえることは、面白いと思った事に対しては一切の妥協がみられない点で、そこには本当に脱帽。
それは技術やセンスと言ったものすらも覆すレベルで、発揮されていると思いました。

半日をゲームに費やしてもいいぜぁぁぁ!って人は黙ってやっとけってくらいオススメです!


そして、ここからネタバレ感想(^^)


序盤は、敵の必殺ドリブルや、必殺シュートを止めるのが困難な上に、連発してくるので、まじで点のとりあいでした。
観客powerは、たわし・スポンジのパス回しと、パンツとサオリのドリブルを駆使。
もっとも成功率が高そうなのを状況をみて選択していました。
ガッツが10減ると、成功率1%下がるというのは、本当によく考えられているルールだと思います^^

重要なのは、一芸に秀でているキャラをつくることだと思い、
得意な分野を重点的に鍛える方針で進めました。
マリモは、主にドリブル特化型で、シュートもちょこちょこあげていきました。

中盤(折り返し地点が過ぎて)からは、新キャラ加入で、
チームを一新。

    スポンジ       サオリ
源さん マン太(リベロ)   チェケOH(ワントップ)
    忍者         マリモ

主にこんな感じ。
マン太は、一時期、ステータスの低さからスタメン落ちも経験しましたが
対ドリブル用に、強力な技を覚えてから才能開花。
リベロ補正もつけて、守りの要にしました。

チェケOHは、シュート特化型。
基本は、ガッツを温存して、必殺シュートを放つ役目ですが、
他が良い感じに疲弊しきった状況の終盤、ロスタイムに単騎がけして、同点ゴールを決めたり、ロボ戦で、パンツのアシストからゴールを決める役目で試合時間を稼いだりと、終盤戦で大活躍でした。

この2人が主戦力で、
マリモ・スポンジ・サオリ・忍者は、基本的に、観客powerをためる要員でした。
(マリモも必殺シュートはちょこちょこうってましたが)

【印象に残ってる敵キャラ】
■.ウンモ先生。
ストレートな馬鹿キャラは卑怯すぎるwww
マリモパンツで、もっとも笑えたのがウンモ先生でした。

■.りょうま
無駄に熱いところが、ラブレジェンドのノリを彷彿させて最高でした。
まさに愛すべき馬鹿キャラでした。

■.ジョージ
大会最強ゴールキーパーの名は伊達じゃなかった!!ww
ソッカーの、『魅せるプレイ』というものをもっとも体現してくれたのがジョージだと思う。
正直、マリモの最大のライバルよりも、キャラが立ってました。


【印象に残ってるバトル】
■.vs女チーム
守りの要のマン太が、まさかの役立たず化で、守備に大きく穴があきました。
これまでも激戦は多数あり『まじでヤバイ』という状況も多かったのですが、今回ばかりは本当にヤバイかもわからんねという心境でした。
そんな中で、ロスタイムに、チェケOHが同点ゴールを決めたのがこの試合、延長戦を制しての勝利。
まじできつかった・・・

■.vsロボ
唯一の敗戦を喫したのがこのチーム。
この試合はムチャクチャすぎるwwwwwwww
いろいろ理不尽(笑)な事が多かったけど、地味にきつかったのが敵のオフサイド無効です。

負けると、経験値と金とアイテムをもらって再挑戦できたけど、
リセットしてのリトライ!
二度とやりたくないけど(笑)この試合はとても印象深いものでした。
最後の最後まで、憎い演出に翻弄されました(^^)

ラブレジェンド

キミの全てを受け入れるぜぁぁ!

というわけで、ニコニコで大人気の
ラブレジェンドです

ニコニコで冒頭だけみて、後はDLして実際にプレイしました。
『2時間くらいなら、バカゲーに費やしてもいいぜぁぁぁ!!』
という人は、そっち推奨かも。
遅れてやってきたフリーゲーム大賞って感じ。
これはすごいwwww
語尾に『ぜぁぁぁぁ!!』がマイブームになりそうですwww

つくられたのが、2003年で、
その辺のフリーゲームは結構やっていたはずなんですが、
まさかこんなのがあったとはって感じだぜ・・・
ちなみに、これまでやったフリーゲームで深く印象に残っているのは、

『海賊高校生』『今の風を感じて』『パレット』

この3本。
特に、海賊高校生はもっと評価されても良い!
FF6が好きな人は、今すぐ問答無用でDLすれば良いと思います。
ラブレジェンド?そんなの関係ねえっ!


話がそれました(笑)
ラブレジェンドは、『全ての女を口説く!』といういかにも頭の悪い内容ですが
フリーゲームには『こんな感じのコンセプトのバカゲー』というのは、実は結構あります。(そして大概はハズレ)

しかし、ラブレジェンドが他と違うのは、
制作者が本気で演出をつくりこんでいる部分です。
ゲーム性は決して高いわけではないんですけど、戦闘を面白くする工夫は随所に感じました。
特に笑えたのは、口説く台詞を、制作者のこじ氏が声をあててる事です。
戦闘中に『もっと自分を大事にしろよ』とか『キミって可愛いね』といった、制作者のキモヴォイスが存分に楽しめるわけですが、これが癖になるキモ声で、段々、愛着すら持ててくるから困るwww

なんというか、バカゲーという要素だけで勝負しているのではなく、
それとは別に、エンターテイメント性をきちんと意識してつくりこまれて神ゲーへと昇華させたって感じです。

なお、『愛とは、こういう考え方だってあるんだぜぁぁぁ!』という主張は、鼻で笑っちゃうような、とても厨臭いものなんですけど(笑)
それでも、演出のノリと、勢いと、時折かんじる制作者の本気さには、胸に響くものがあるから困るww

主人公が最低で自己中なクズ男なんですけど、
ここまで突き抜けられると、逆に清々しい気持ちになれましたww

なお、続編にあたるラブレジェンド外伝は、
演出の上手さは相変わらずで、ゲーム性も高まっていて、秀作だとは思うんですけど、
平凡な厨シナリオ・厨テキストに、成り下がっていたのが残念な部分でした。

ラブレジェンドのシナリオとテキストの面白さは奇跡の産物だと思います(^^)

2007年 ジャンプ39号

【テニス】
乾・海堂、予想通りの公開処刑www
はやくも3-0で、ダメ押しのように赤目発動。
しかもワカメ野郎には、デビル化も控えています。

『無理wwww絶対勝てないwwwwwwww』

そう思った場所が、スタート地点って事で良いんですよね、許斐センセ?
ここから、いかに乾と海堂が底力を発揮するのか。
というのがこの試合の醍醐味になりそうです。

『何かあると期待させて、何もおこらない』という次元までいく事はないと思っています。
それは『文学作品』の境地。
テニスは、狂っていても『少年漫画』なので、海堂と乾が負けるにしても、何かしらの見せ場はつくらなくてはいけません。
(注意・どちらが高度かという話ではなく、土俵が違うという主張です)

それに、いくら作者が発狂していようとも、キャラクターに対する愛は並の漫画以上にあると感じる部分です。
何かしらのサプライズは用意するでしょう。

ところが、この乾・海堂の見せ場というのが、
なかなか想像できないwwwwwwww

タカさんvs師範の、波動球対決もそうだったけど、
展開がまったく読めません。(良い事です)
1撃必殺のサーブで相手を戦闘不能にする、というのは、実に納得のいく結末でしたが、
果たして今回はどうなるかな・・?(期待値が高まるのを感じます)

なお今回の話で、パワーバランスに大きく偏りがある事を強調していたので、
唯一の希望であった『敵がヘタレ化する』というのは期待できません。
乾・海堂の持ち味でもある、データ、残虐ファイトでも、相手に圧倒されています。
(どうでもいいが、今週の、眼鏡を踏み潰す演出は最高だったww
眼鏡キャラにこれ以上の屈辱を与える演出は無いんじゃないのかw)

とりあえず、展開予想してみると・・・

ダブルスだから、面白合体技を披露するというのも、ありだけど、
乾と海堂が、それぞれの戦う相手を切り替える、かな。
乾→切原
海堂→柳

『ああーっ、乾が全裸でオーラを散布して、切原の状態変化を無効化させたーーっ!』
『海堂が、自らの血をテニスボールにかけて変化を狂わせることで、柳のデータを狂わせたあああ!』
観客席は、DAI・KO・U・HU・N☆
果たして、立海の運命は・・・!!

と、予想。
当てる自信がまったくないww

【ネウロ】
ああ、本来、松井センセの描きたいものはこういうのなんだろうなぁ。
絶対悪のドS演出は私的にすごく好きだけど、ジャンプ的にOKなのかな(注意・アンケートとれるのかなの意味)
これまでの展開が秀逸だったので、日和ってほしくないけど、
小学生がドン引きしてないか、それだけが心配だwww

あとやっぱり今回のエピソードは、
Xの『親父超え』という成長を描く話になりそうな予感がします。
絶対悪はネウロとキャラがかぶっているので、こいつがラスボスになる事はない!

【スケット団】
面白いけど、感想に困るのがスケット団。
(何か1つインパクトのある演出で勝負するというのではなく、
細かい演出の積み重ねで成り立っている作品だから)
わりとベタで、新しさが少ないんですけど、
とにかく丁寧で、毎週、完成度の高さを感じています。

【ベルモン】
スケット団とこれ、どっち打ち切るかってなったら、編集でも意見がわれそうだ。
こっちはこっちで、面白い試みの漫画だと思います。
(新しさ、インパクト、で勝負できている)

双子の仲違いを狙った戦略かと思いきや、
(先に装着しなければ死ぬ事はないので、どちらが先につけるかでもめるフラグだと思った)
最後まで仲良しだった点について、意表をつかれたけど、これは作者の狙ってた部分なのか判断に悩むwww

【カトブレ】

『言ったろう、ボクがシキョウ、お前らが倒した四凶はボクの分身に過ぎないんだ』

な、なんだってーーーー!!??

という読者の反応を期待していたのなら、作者はすごい天然だと思うwww
ちょっと待てと。シキョウが誰かとか、そんなの関係ねー!!!www

『四凶を倒すと、敵の本拠地への道が開ける』とか、そういう設定をつくっておいて、『倒したのに、本拠地の道がみつからない、どういうことだー!』
とかしてる状況で、『じつはシキョウは他に存在したのさー!』

とかなら、納得いく。
だけど、これ、ただ伏兵がいただけじゃんwww
シキョウが誰かについて、こだわる意味が全く無いないのに、なにを言ってるんだwww


【バレーボール】
良い打ち切り最終回。
小さくだけど、よくまとまった作品に化けました。
ギャグセンスの無さが致命的だと思っていましたが、
ストーリーテラーとして、キラリと光るものがありました。

作家性を考えると、サンデー向きだったかなと思います。

【アイシル】
完全に西部が、かませwwwwwwww
でもそれでいい!!!!!!!!
泥門が、この厨性能を相手に、どうやって戦うのかが楽しみです。

ガオー君の、チートここまでで、
泥門戦では調整入ります。とかはやめてね^^;


【ディグレ】
星野センセ、お大事に(^^)
ここ数週、クライマックス感があったものですが、
まだまだ連載は続く感じで、何よりです。

【ムヒョ】
こっちも、まだまだ続くようで何よりです。
エンチューの裁きよりも、リオ先生の行く末が気になって仕方ない。
リオ先生も無期幽閉とかだったら困る!!

リオ先生、もとい、リオ先生のおっぱいのないムヒョなんて、
その価値が半減も良いところなのだから!!

【ToLOVEる】
『物理的な接触ができない幽霊をいかにして脱がすか』

この命題は、ハルナちゃんの深層心理にもぐることで解決されました。
うん、精神体なので、ありのままの姿、つまり服を身につけていなくても、何らおかしくはない(^^)

『もっと馬鹿っぽい理由で脱ぐ方が笑えた』とも思いますが、
あくまでも今回のメインはハルナちゃんなので、扱い(注意・脱がしの扱い)が軽めなのは仕方ないかな。

長谷見・矢吹の手にかかれば、幽霊も脱がす!!
それが実証された事には素直に拍手を送って良いかもしれません。
今回も期待に応えてくれました。

2007年ジャンプ 38号

【テニス】

>『…あの 人がいっぱいいるけど 何かやってるんですか?』

許斐剛が笑いをとりにきやがった。
この見開きは絶対に確信犯!!!
そして、もちろん笑いました。

しかし、ここで切原?しかもダブルス???
外人戦で、このワカメ野郎は、凄まじいポテンシャルをみせて、幸村に匹敵するかもしれないという予感すら覚えました。
てっきり不二か、越前にぶつけてくると思っていましたが、相手は、乾と海堂です。
どうもパワーバランスの悪さを感じました。

もちろんこのダブルスにも見所は多そうで、
特に、海堂がワカメと、波動球対決以上の死闘を繰り広げるかもしれないという、期待感はあります。
しかしそれでも、ワカメにはもっとカタルシス(無我クラスの相手を圧倒する)があると思っていたので、そこは少々、残念な部分です。

デビル赤也が出オチで終わる事はないと思うけど、
許斐センセの、この決断は、予想の↑なのか↓なのか判断するのもままならないぜ・・・
そう思っていたら、
The男爵ディーノの、かがみさんが斬新な予想を立てていました

>S3 ○ 真田 - ● 手塚
>D2 ○ 柳・赤也 - ● 乾・海堂
>S2 ○ 幸村 - ●越前
>D1 --
>S1 --


3-0のストレート負け・・・
これ、ありえるかもしれません。。。
ストレート負けになるかはともかく、幸村と越前がS2で戦う可能性は充分にあると思いました。
(その場合、2-0まではある)

越前が勝っても、その後の対戦は蛇足として切り捨ててしまえば良いと思うので、私には、越前vs幸村の行方は、宇宙の深淵はどこまであるの?という問答並に解らないものです。

それでも、今回のワカメ野郎をダブルスに持ってきた理由として、『S2で実質上の大将対決をやるから』というのは、大変納得のいくものでした。
というか、もうそれしか考えられなくなってますwww

不二の覚醒フラグがあったのに、出番もなく決勝が終わる事なんてあるのか?
チラリと、常識的な思考が頭をよぎりましたが、
金太郎が放置された事から、その伏線は後回しにされても何ら不思議ではありませんね。だってテニスだから

【ToLOVEる】
この物理攻撃無効の幽霊を相手にどのように脱がすのかきになります。
脱がさないという選択肢はないと思っています。
現状の予想では、

『ブラが伏線で、それを自分も装着してみようと自発的に脱ぐ』

です。
あるいは『実体を持たせて、脱がす』ですかね。
果たして長谷見・矢吹の出す結論は??

最終日

【佐賀北 5ー4 広陵】

佐賀北が完全に、甲子園の主役と化し、
誰もがハッキリと解る形で、ドラマを産み出しました。

野村は、1回の立ち上がりで、四球2コ出して、少し難儀しましたが、そこから8回までの投球は、完全に隙のないものでした。
佐賀北の久保もランナー溜めてからの粘りの強さをみせて、甲子園無失点の神話を守りますが、(佐賀北は、本当にランナー背負ってからが強い。まるで漫画の主役みたいなチームでした)
7回の野村が打って、2失点。4-0。
ああ、これは決定打だ、野村が甲子園のスターだ。
私はそう思ったし、大体の野球ファンはそう思ったはずなんだ。
それだけ、野村の投球は神がかっていた。

そこで8回裏ですよ。
最後に何か佐賀北らしいプレイを観たいと思っていましたが、
ここで、佐賀北の長距離打者、3番、副島が逆転満塁ホームランとか!!!!
漫画以上に漫画のようなことを、リアルでやってのける。それが佐賀北っ!!!!

この福島は、開幕1戦目で、大会1号ホームランも打っていて、ここで大会最後のホームランも放ちました。
また、佐賀代表が、甲子園初優勝したときの決勝でも、9回に満塁ホームランで試合を決めたとかで、まさに伝説の再現にもなりました。
私の中では、トリプル役満が完成wwww
もう、福島は、そのまま甲子園に家建てて、住めば良いと思いました。

かくして、最後の広陵の攻撃を守り、
第89回全国高校野球選手権大会は、『佐賀北の成長劇』として、終了しました。

佐賀北は、まさに夏の主役でした!!!!!!
勝ち上がって、成長していく姿もずっとみてきてましたが・・
初戦だけ見逃していたのは、ちょっと涙目wwwwwwww
どうせ、マイナー校だしいっかwwwとか、そんな感じに思っ
てた自分が憎いですwwwwwww

甲子園のドラマは1戦目からはじまっている!
あたりまえのことですが、大事な事でしたw

まぁ、とにかくあれですよ。

全ての高校球児に感謝を、

熱い夏をありがとう!!!


14日目

【常葉菊川 3-4 広陵】
良い準決勝戦でした。
広陵の安定感は見事です。投打において隙がない。
野村の3振のほとんどは変化球が決め球。
あの低めのコースをついたスライダーは神wwwwwww

常葉も、9回に常葉らしい打線が見えました。
9回裏、2死で3点差ついていても、それでもまだ解らないぞ、という空気をつくれたのが常葉クオリティ!
そこで、8番伊藤が打って、反撃の糸口をつくったのが嬉しいです。
こいつは甲子園の神様に祝福されていた気がします。

投手以外は、儀打をしないという、高校野球の定石を覆す打線は、強く、魅了するものがありました。
常葉菊川ありがとう!!!!!

【佐賀北 3-0 長崎日大】
佐賀北はじまってたwwwwww今日もGJ!!
監督がインタビューで語っていたように、実力以上のものを発揮して、思い切って戦えているようにみえました。
まさに『甲子園は俺の庭wwwwwww』って感じです。

帝京を喰って、燃え尽きないか心配していましたが、
上手く、自信として消化していたようです。
先発、馬場、継投の久保。どちらも出来がよかった。
とにかく、よく勝ってくれた!!!!!!!
これで決勝が面白くなるwww

長崎日大も、弱くはないチームだけど、じ、地味でww
決勝までこられたら困ったと思うwwww
まぁ、これまでの健闘は誉めたいです!
選手達の涙は美しいものでした!

【明日の勝敗予想】

●佐賀北5ー6〇広陵

超迷いました!!

広陵が、決勝の舞台で公開処刑!!
現実は非常である!というのも考えられます。
(それはそれで面白いんだけどww)

けれど、それでも、接戦を!!!名勝負を!!!!!期待してしまうのが、
高校野球ファンってやつだと思う!!!!!!!!!!

佐賀北には、ドラマがあります!!
甲子園はメルヘンじゃあない!
けれど、佐賀北ならっ・・・佐賀北ならきっと・・・

そんな葛藤をおしきっての、広陵勝利を予想www

私は、今も、忘れることができないのです。
あとアウト1つで勝利の状況からの、同点、そして悪夢のような失策2失点で、敗北した・・・
駒大苫小牧の選手達の、涙が・・・っ!!

広陵の試合を見るたびに、これが駒大苫小牧ならもっとワクワクしたのに、という苦味が、これまで少々ありました。
その苦味も、明日、広陵が優勝することで、少しは、解消されるのではないか、
そんな気がするのです。

『駒大苫小牧』のためにも広陵は勝て!!!!!!!

完全に願望ですが、佐賀北ミラクル終了を予想。
でも、延長戦とか行くと超燃えるので、それくらいの奮闘は期待したいです(^^)

13日目

【長崎日大 7-1 楊志館】
お互いに自滅もなく、良い戦いをしていましたが、
とにかく地味な勝負でしたwwwwwww

楊志館のエースも、球が走っていましたが、上手く攻略されちゃいましたね。


【常葉菊川 6-1 大垣日大】

終盤まで良い勝負でしたが、
8回裏に、常葉打線が火をふいて、駄目押しのツーランホームランで、勝負がほぼ確定してしまいました。
儀打をしない打線の常葉は、毎試合、誰かがホームランを打っていますが、もうこれは必然のようにも思えてきます。
常葉は、常葉らしい打撃で、守備も好プレーが多かったです。

大垣の選手は、負けても泣かなかったけれど、そこに少し安心しました。
こいつらに涙は似合いません。
強くて陽気なチームでした。
これまで、楽しい試合をありがとう!!!!!!!

【明日の勝敗予想】
●常葉菊川 5-7 広陵〇
常葉は、ホームランありのビッグイニングを1つつくります(笑)
それでも勝つのは広陵!
何故なら、駒大苫小牧に勝ったチームなのだから!!

○佐賀北 6-2 長崎日大●
完全に願望混じりかなwwwww
長崎日大のエースと、帝京のエースは、
同じ左で系統も近いので、攻略はしやすいと思います。

佐賀北がスーパーモードで戦えてるかどうかに注目です。

12日目

【佐賀北 4-3 帝京】
大多数の高校野球ファンは、佐賀北vs帝京にひどい予想をたてたよね。
佐賀県民に、たくさんごめんなさいしないといけないね。

そんな感じの、球史に残る名勝負でした。
序盤から、佐賀北は継投もうまくつなぎ、
よく喰らいついてるなぁと思って観ていましたが、
9回裏からの攻防が熱すぎたww
両チーム、危機につぐ危機と、そこから飛び出る好プレー。
1死満塁で4番の危機を、帝京が乗り越え、
ニ遊間のアライバ完全再現とか、帝京も素晴らしいのですが、
一方の佐賀はもっとすごかったww
延長に入ってから、ホームでのクロスプレーを3度も制して、帝京に点を与えません。
また、極めつけなのが、センター馬場崎のフェンスに激突しながらの執念のキャッチ。

あくまでも、佐賀北は、佐賀北の野球を貫けた。それが勝因であり、ミラクルな部分。
(また、初回で先制できたのが、かなりデカイのかもしれません。
帝京に1度でもリードを許したら、そのまま持っていかれていたかなぁと思う)
帝京も帝京で、決して、悪くはなかったのですが、佐賀北が神がかっていました。
甲子園という舞台で実力の半分も発揮できない選手がいたりする中で、120%の力を発揮していた感じです。
このへんは、再試合も含めて、甲子園での場数をこなしてきた成長ぶりもあったと思います。
いや~、高校球児ってすごいですね(^^)

今日の佐賀北は、カブトボーグのリュウセイ少年のように輝いていました

帝京「私は昨日おまえに言った! 今のおまえでは私に勝てないと!」

佐賀北「そうだな、その時のオレなら、オレはあんたに勝てなかっただろう」

帝京「なに……?」

佐賀北「だが、それは昨日までの話だ!」

帝京「どういうことだ?」

佐賀北「知りたいか? だったら教えてやるよ。オレは一分一秒、そして、この瞬間にも成長している! だからこそいえる。今のオレは、昨日のオレより、もっともっともっと、強い!」



もう、問答無用で、今大会の最も輝いていたチームに決定ですかねwwww
決勝まできてほしいチームでもあります。
奇跡は二度起こせるか!佐賀北はじまったな!!!wwwwww


【今治西 1‐7 広陵】

熊代君は良い選手でした。投打において、決して野村にひけをとらなかったと思います。
しかし、熊代は4番を打ち、野村は8番を打った。
このチーム力の差が決定的でした。

改めて思いますが、広陵は強い!!


駒苫 仙台育英 帝京 邪魔者は全て消えた

そして他の高校は、ネタ校しかいない

この状態からなら

甲子園を支配するのも時間の問題…

広陵は日本一のチームとなる!!!!!!


もう確定だろwwwwwwwww
初戦の駒苫が、実質の決勝戦でした(^^)


【明日の予想】
●長 崎 日 大 1-3 楊  志  館○
勢いにのった楊志館、長崎日大の浦口を攻略!


●常 葉 菊 川 10-11 大 垣 日 大〇
打撃戦にもつれこみ、常葉菊川は本塁打を2本放つも、
大垣日の、走塁のスペシャルト鮎川、ロンギヌスの大林が大活躍して勝利!
2ちゃんねらー大喜びの名勝負を予想www

ぼくの考えた念能力者

甲子園ブログの途中ですが、
ジャンプ感想サイトの、THE男爵ディーノのかがみさんのところの、ラジオTRPGに参加予定です(^^)
(8/24の、21:00~25:00)

参加者がチームにわかれて、10対10で殺し合いをするゲームです。
タンゲロス参加者の名簿
総勢36名の物好き猛者達がエントリーしたようです。

前回のTRPGでは『教祖まるす』というキャラクターで参加して、クラスメートを勧誘し、光の教団を設立するも、火の海に焼かれ死亡しました。
今度こそ生存を目標に頑張りたいと思います(^^)

いくつかキャラクターを考えたけど、(後で紹介するかもw)
インチキぽいのは自重して、一番、汎用性が高いと思ったキャラクターをチョイス!




名前・ツミレ(魚のすりみ)

se1.jpg



性別:女   所持武器:黒い箱
攻撃力:0  防御力:0  体力:8  精神力:2  幻術:20

特殊能力:『イリュージョン』
範囲・隣接する1マス 
対象・1人(敵・味方・自分に可能)
効果・2ターン
対象者の存在が、霞んで2つに見えるようにする事で本体と幻の見極めを不可能にする。
イリュージョンの対象者は、受けるアクション(単体物理接触行為)の成功率を半減させる。(対象者以外は、術者や味方でも判別不能)

仮に1度幻を攻撃されても、2ターン経過、もしくは対象者が死ぬまで、状態を維持し続ける。

【有効】
・単体を対象にしたアクション。
・通常攻撃も成功率を半減(100%→50%)

【無効】
・そのマス全体を対象にするアクション。(広範囲魔法とか)
・単体を対象にしているが、直接的には本体に干渉しないアクション(交渉、言いくるめ、等)

[発動率:95%  成功率:100%]

<計算式>
基本発動率 80%
効果範囲(縦横1マス)-10%
効果対象(任意の相手一人)0%
効果時間(2ターン)-10%
攻撃成功率半減 -80%
単体物理接触行為限定 +40%
味方も惑う +15%
スキルポイント(20P)+60%

キャラクターの説明:

かつて『殺戮歌劇団』という団体に所属していた魔人(舞台効果、演出を担当)
108日に及ぶ、客との死闘により、劇団は半壊し解散する。
破壊と混沌を求めて、戦闘破壊学園ダンゲロスに入学。


【備考】
・全体効果(1マス)の補正が-5%しかつかないのだけど、
それをやると便利すぎると思い、自重した。

11日目

【文星芸大付 2-6 今治西】
名勝負、だったんですけどねぇw
9回で試合が壊れました。

序盤はむしろ文星ペースでしたが、
熊代君がじょじょに調子をあげていき、
とくに8回裏での投球は気合が入っていました。
厳しいコースにバンバン良い球を投げれていました。
集中が、覚醒状態までいってたと思います。
で、その熊代が、9回表で、勝ちこしのソロホームラン。
エースとして、4番として、大活躍wwwwwww

正気値を大きく削られた、文星はその後、エラーなどでgdgdになり、大量失点を許して敗北。
甲子園でありがちなパターンにはまってしまいました。

熊代君がここまでやれる子だとは正直思いませんでしたww
明日も、確変入った姿がみれたら嬉しいです(^^)

【智弁学園 0-6 帝京】
帝京、甲子園3戦して、チームで3振したのがこの試合の1回だけって、すごすぎるwww
投手も左右に、一流がそろっていて、隙のない強さだわwww
また、攻守にわたって智弁をゆさぶって自滅も誘えていました。

智弁は、仙台の佐藤攻略の後に、全く違うタイプの左投手を相手にするのは、難儀しましたかね。
あまり打撃でよいところがなかったです。


【新潟明訓 3-8 大垣日大】
新潟は、やっぱり打力不足。
エラー、四死球で、永井先生が崩れちゃったので早期に試合は見えた感じでした。

それにしても、日大の監督は面白ぇなぁwww
(勝ったらインタビューで、『オーッ!』ってやるのを選手と約束して本当にやったww)
ひきあげるときの選手達も、カメラにピースとかwww
このチームの雰囲気大好きだわwww

次の相手が、常葉菊川とかwww
ネタ校同士の対決で、すごく、ときめきのようなものを感じるんですけどwww

【広陵 8-2 聖光学院 】
予定調和wwwwwwww

広陵は、守備の動きも半端ねーですな。
前の試合同様に、6回で野村をさげてから完全に消化試合で、
明日の試合のための調整タイムに入ってました。

聖光は、よくここまできたよ。うん。


【明日の勝敗予想】
●佐賀北 1-15 帝京〇
ベスト8同士の対決なのに、公開処刑ww

●今治西 1-5 広陵 〇
投打両面で、熊代vs野村は、試合結果ぬきに楽しみです。
総合力では圧倒的に広陵だけど、わりと良い勝負するかも

10日目

【長崎日大 5-4 京都外大西】
名勝負www
京都外大西の継投、長崎日大のエース浦口
それぞれのチームカラーにあった投手の使い方で、好投していました。
どちらかの投手は打ち崩されると思っていましたが、思いのほかガチww
終盤からの接戦は熱かったです!

【開星 3-6 楊志館】
これまで1点のリードを守っていた開星が、エラーもあって6回に逆転。そこから正気度を欠いて、さらに守りでミスがでて、大量の6失点。致命傷になりました。
一方の、楊志館のエース甲斐は、12安打をあびながらも、3失点。危機は多かったけど、よく乗り越えました。
メンタル面での勝利、ですかね。
楊志館、クジ運とかいろいろあったけど、初出場でベスト8は立派ww
このままダークホース的存在になる勢いを感じます。

【常葉菊川 4-3 日南学園】
2死満塁の4番で点をとれなかったりと、常葉の負けフラグがみえてたんですけどwww
8回裏、3点差をつけられ、2死2塁3塁で5番。
チームの勝敗を決定づけるであろう場面です。
ここで代打を起用して、神降臨wwwwww
同点においつくホームランとか!!!ww
そのまま10回裏の延長でも、5番の代打選手が、サヨナラヒット。
監督の大胆な采配もすげーけど、それに応えた伊藤はまさに、漢だ!wwwwwwww

甲子園はメルヘンじゃない!しかし、こんなドラマがあるのもまた甲子園wwww


【前橋商 2-5 佐賀北】
試合内容はほぼ五分な印象。(まぁ、どっちも微妙なチーム同士なんだがww)
佐賀の先発馬場が6回まで奮闘して、残り3回をエースが抑える。
継投が上手く決まった勝利です。
前橋は四死球多めだったのが響いたかな。

【明日の勝敗予想】

〇文星芸大付 1-0 今治西●
名勝負の予感。
この後に、好カード同士の対決が連続するので、
前座として場を暖めてくれることに期待

〇智弁学園 5-4 帝京●
名勝負の予感っっ!!!
実質の準決勝、ここの勝者か、広陵が優勝だろwww
帝京の高島も大会屈指の名ピッチャーだが、
仙台の佐藤を攻略した、智弁学園の打撃は最強!!

●新潟明訓 1-2 大垣日大〇
やっぱり名勝負の予感www
明訓と大垣日大を分けるのは、打力の差。
それから願望も少々。永井先生も好きなんですけど、
やっぱりスペシャリスト(笑)ぞろいの大垣日大が好きだーww

〇広陵 10-1 聖光学院●
名勝負ねーよwwwwwwwww
広陵のフルボッコ決定!!!

明日の勝敗予想!!!

【明日の勝敗予想】現在の的中率 (2/5)

●長 崎 日 大 1-6 京都外大西〇
京都の継投が上手くいって勝利。
地味な試合になりそうな予感wwww

●開星 1-2 楊志館○
好ゲームの予感。勢いの差で楊志館

○常 葉 菊 川 10-3 日 南 学 園●
打撃チーム相手に、日南の投手がフルボッコ

○前  橋  商 6-2 佐  賀  北●
佐賀北の連戦は鬼畜すぎる。

9日目

【宇治山田商 1-9 佐賀北】
6回で宇治山田の中井が捕まって、継投でも失敗したのが痛かったです。
佐賀北の投手陣は、前の試合通りの出来。
他が五分なので、投手の調子の差で大きく離された試合になった感じ。
でも、こういうのも甲子園ではありがちかな~(^^)

【創価 3-5 大垣日大 】
創価ざまぁwwwwwwwwwwww
応援席は学会員率が半端なく多そうで本当にキモかったです(^^;;;;)
でも9回裏は、『せいぜい祈れ、信者どもwwwぶははははwww』と高みの見物気分が満喫できました(^^)
胸がスッとする勝利をありがとう。

でも創価の選手達は、よくがんばったな。
甲子園までこれたのは、努力と研究の成果。
スター性のある選手はいなかったけど、実力は本物でした。

とりあえず、日大GJ!!!!!って事でwww

【東福岡 2-14 広陵】
広陵の圧勝。予想通りです。
駒大に勝った以上は、このランクのチームに苦戦していちゃいけません。(負けるのは論外)
次の聖光もフルボッコよろぴこ

【青森山田 4-6 聖光学院】
大波乱キタコレwwwww
勝因は2つ。聖光の先発投手が思いのほか奮闘。
そして、5回の満塁ホームラン。

10回やれば、7回~8回は、青山田が勝ちそうなかんじですけど、
聖光よく戦いました。
しかし次は、10回やれば10回負けてもおかしくない広陵が相手です。
フルボッコフラグが見えるwwwww

勝敗予想!

【明日の勝敗予想!】
明日は、ワンサイドゲームの連発になりそうな予感ww
初戦正解したら、全的中は確実かなwwwwwwwww

《○宇治山田商 2-0 佐 賀 北●》
やっぱり接戦になると思う。チーム力は完全に五分。
中1日というのが、投手陣にどれだけ影響するかが肝だけど、
ここは両投手、気迫で投げるんじゃないかな。甲子園ってそういう場所だしww
そして、宇治山田のエース中井が完封を予想!!
(このへん願望入ってるかもwww好きな投手だぜ)

《●創価 0-8 大 垣 日 大○》
創価が才能の差で大敗と予想(多分に願望ww)
創価のエースは、リアル三橋君って感じで、初戦の投球は素晴らしかったけど、情報が完全に露出してしまう2試合目からは攻略されがちなのが、軟球派投手ってやつだと思う。
逆にここも見事に抑えたら、ホンモノ中のホンモノ。
2失点までなら、誇って良いと思います。

しかし打力に大きく差が開いているので、創価勝ちはねーなwww

《●東 福 岡 1-10 広 陵○》
広陵の投手の調子が悪く、制球が定まらないで、四死球連発とかないかぎり、東福岡に勝てる要素はほとんどない。
あってもワンチャンスをものにして、10回の危機を回避するくらいの勢いやノリが必須。

というか広陵にはこのまま優勝してほしい。
それが、『駒大の選手達は今年も強かった!』という材料になるのだから!!

《○青 森 山 田 7-2 聖 光 学 院●》
唯一、波乱がありそうなのはここだけど、
やはり投打において、聖光が見劣り。
(初戦の印象を加味すると、もっと大差がつきそうな予感もww)

8日目

【今治西 1-0 近江】
熊代君、4番としては微妙でも、エースとして大活躍。
四球多めだけど、球は走ってました(^^)

【智弁学園 5-2 仙台育英】
仙台育英の佐藤がここで舞台から降りるのは非常に惜しいです。
しかし、ここは素直に智弁学園を誉めたい!!

どんな剛速球でも、目一杯バットを短くもって、コンパクトにスイングすれば当てる事はできる!
かの野球漫画の名作『キャプテン』で言ってた事は本当だったのです!!!

高校球児が、153kmの低めの球を、上手くセンター前に打ち返したのには痺れました!

実際、150kmのストレートは、マグレじゃ打てませんww
上手くタイミングとって粘れてた智弁学園、執念と努力の勝利です。
スライダー狙い打ちとかじゃなくて、ストレートを真っ向から攻略していった姿勢も立派。
野球とは1人の突出した才能ではなく、チームの総合力で勝つべき!!
個人的には、納得の一戦でした。

なお、敗れましたが、佐藤の怪物っぷりは疑う余地はありません。
本当に『センター前にゴロで安打を出す』までが高校球児の限界だったと思います。
松坂との差は、味方の援護があったかなかったか。
正真正銘の10年に1人の逸材でした。

【神村学園 2-9 帝京】
帝京、盗塁しすぎwwwwwwwww
盗塁を気にして、四球で出塁をゆるすとか、神村学園は翻弄されすぎた感。
昔はしょっちゅう2回戦で消えてた印象のある帝京ですが、
今年は一味違いましたね。
智弁学園との一戦には、超期待です!!

【甲府商 1-2 新潟明訓】
延長12回の名勝負。
甲府商は、この試合ではじめて『ああ、強いチームなんだな』と実感ww
前の境の試合はネタすぎて、実力を測りきれてなかったぜ。

総合力では、明訓が1歩上をいくチームだったと思いますが、
良い接戦を演じました。延長に入ったら、どっちが勝ってもおかしくなかった。

最後の最後に、甲府商のエラーで失点。
ただそのエラーも、明訓が果敢に2塁を攻めた結果ついてきたようなもの。
因果が引き寄せた勝利と言えます。

永井先生の投球も素晴らしかったです。
すごい安定感だと感心してましたが、監督の談話をきくと、結構、波がある投手なのかなww
次の試合も、この投球を期待したいぜ。

7日目

試合なげーよwwブログ更新する時間と気力がwww
【桐光学園 6-9 日南学園】
延長戦マニアにはたまらない内容。
桐光も1度は3点差をよく追いついたよ(^^)


【浦和学院 1-2 前橋商】
好ゲーム。
浦和の、点をとられたらピッチャー交代ってのはユニークでした。


【宇治山田商 4-4 佐賀北】
引き分けマニアにはたまらない内容www
互いに継投も上手くいき、15回まで切迫した内容でした。
四死球多かったし、ストレート高めにいったり、変化球すっぽぬけたりもするけど、炎上せずに投げた宇治山田の中井は一流半って感じの投手で、そこが逆に魅力的にみえたwww

【文星芸大付 5-2 興南】
5回までみて、熱戦の予感がギュンギュンしましたが、
以降の文星のPの出来が素晴らしくて、完全に投手で差がついた試合になりました。
興南も、継投を上手くできてた方だとは思うけど、先発投手のピッチングをもっとみたかったかな。
速さは135くらいなんだけど、制球も良いし、綺麗なまっすぐを投げる1年坊だった。

そして接戦の末に、興南勝利を予想していましたが、いきなりはずしたぜ(^ω^;)
くやしいのうwwwくやしいのうwwwwww

6日目

明日の4校で全て出揃いますね。そこからは、勝敗予想なんかもやっていきたいと思います(^^)全的中目指すお!

【常総学院 3-5 京都外大西】
延長12回の、名勝負!
差があるとするなら、継投を上手く使い、7回までエースを温存できた京都に分があったのかな。不安材料もあっただろうけど、本田の投入は正解。
常総の清原も、終盤(というか延長入ってから)に捕まってしまったけど、それまでの投球は満点に近い出来だったと思います。9回まで四球0と、制球の良い投手でした。
(そこから四球が増えたのは、疲れから集中力が衰えたからだと思うんだ)


【徳島商 1-3 開星】
開星の投手が、試合を通して、ストレートが高めにいってしまい定まらず、四死球も9個。
結局、カーブ・スライダーの変化球に頼っての投球になりました。
本来なら、大炎上フラグ。

ところが、徳島は、変化球に絞って打ちにいってましたが、凡打の山。
結局、開星の吉田は、披安打2で、1失点。
守備が良かったのもあるし、武器になる変化球だったとは思うけど、あれを打ち崩せないんじゃあ徳島打線はイマイチすぎる。

ただし1点差をつけられた、9回表、徳島の守りにはキラリと光るものがありました。
1死3塁で、もうこれ以上点はやれない状況です。
そこで選んだのが、スクイズ対策も併用した、満塁策で4番と勝負!
1打出れば大量得点のリスクを承知で、1点を守りにいった大博打です。
結果的に、センター前に打たれて、1失点。
(満塁策とってなくても同じ結果)になったけど、
勝負所を自ら選択できる『覚悟』は素晴らしいものでした。


【楊志館 6-4 高知】
好ゲームだったけど、あんま印象に残ってない(^^;)
大番狂わせらしいけど、動きをみても両チームに遜色無し。
初出場の楊志館だけど、気負った感じもなく普通に強いチームだぜ。


【常葉菊川 12-4 日大山形】
常葉TUEEEEEEEEEEEEEE!!
純粋に、打撃で奪った大量得点です。
(つまり、エラーや四死球といった相手チームのミスに依存していない)
日大山形のエースはクレバーに投げていたと思いますが、
常葉打線が、半端なかったです。
投手以外は滅多に儀打をしないチームってのは伊達じゃないww
特に3番、長谷川。ホームラン2本はできすぎにしても、あの長打力は本物だわwwwwwwwww
左のエースはちょっと良い投手ってレベルだけど、このチームには魅了されざるをえない!wwwwww

常葉のニ遊間も良い連携をみせていたのも好印象(^^)
次の試合も、アライバやってくれwww


【明日の勝敗予想!】
先の2試合と、3試合目の、宇治山田だけでなく、佐賀北も甲子園での試合内容をみていないからスルーします。
今日の予想は1試合だけww

【●文星芸大 4-5 興南〇】

総合的にみて、投打どちらも、興南が劣ります(笑)
それでも前試合みたかぎり、左投手対策は立てれているので、接戦の末に興南勝利を予想だ!(個人的に興南の投手2人に期待しているのもある)
いきなりの大穴予想ですが、実際、五分の試合になりそうって見立てでいます(^^)

香田監督、退任

香田監督退任!まさか駒苫初戦敗退…甲子園第4日

うわぁぁぁあああ、今回はマジっぽい!Σ( ̄□ ̄;)

駒大苫小牧というか、『香田監督のつくった野球チーム』ってのは、生粋の高校野球ファンなら『ありえない』と鼻で笑っちゃうような事を体現しました。
甲子園という鉄火場の戦場において、
ファンタジーやメルヘンを感じさせてくれる、夢のあるチームでした。
私はそんな駒大苫小牧が大好きでした。

香田監督、乙!!!!!!!
そして、ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!

5日目

今日は味気ねーなー(^^;)
昨日の熱闘の連続が異常なんだけど。
あれは、まさに死合いだった。4日目なだけに

【青森山田 5-0 報徳学園】
報徳は良いとこなかった(^^)
青森山田は、毎年、中の上の実力で安定しててすげーなーと思うけど、
今年は投手にあまり魅力を感じないかも(完封なんだけど)

【聖光学院 11-7 岩国】
糞審が、勘違いで岩国のエースを1回ボークにしています。
みたことのない独特な牽制球をみて、なんとなくボークぽいからボークてのは短絡的なジャッジだったと思う。
工夫して投げてるんだから気付いてやろうぜwwwww

岩国のショートは、6回にトンネル出してから、
正気度が一気に削られて、以降の捕球がgdgd(^^)
(最終回で好プレーだしたけど)

最終回に、岩国がマモノを味方につけそうな気配だったけど、届かず。

聖光の2番手投手は、チェンジアップ投げすぎ。

全体的に、ネタらしいものは多かったけど、いまひとつインパクトに欠ける試合でした。


【長崎日大 3-1 星稜】

好ゲームでした。
両チーム、左のエースで4番を抱えての対決。
チームの総合力で、日大が1歩上いって勝ちましたが、
エースで4番対決なら、星稜の方が上だったと思う。
結果的に、4打席4安打だったのもたいしたものだけど、体格にも恵まれて、投打にわたって活躍できる野球センス持ってるのは、かなり魅力的な選手でした。(私の中では、藤代君より評価高いよ)

4日目

(4日目名勝負おおすぎwwwwwwww
そして、駒苫VS広陵の、デスマッチくるーーーwwwwwwww)



【愛工大名電 1-3 創価】
創価の応援席はキモかったwwwww
球児に罪はないと頭では解っていても、
メイデンをガチで応援していました。悔しい結果です。

私の評価では、創価に才能のある選手はいない(1年が4番打ってるんだけど、凡骨w)
しかし『練習量のうかがえる守備は努力のたまもの』ですね
相手の情報をしっかりと分析して、対策を立てていたのも好印象。
何気に、私好みの野球で、このやりかたで強豪相手にどこまで通用するかみてみたいという気持ちはあります。
でも、こいつら創価なんだよなぁ(^^;;;;;;)複雑だなぁ。

なお、創価のエース、勘米良の、
右打者に対して、外角に入るスライダー(カーブ?)を決め球にした投球の組み立ては本当に巧かったです。
左打者に対して、外角低め攻めで徹底していたのもすごい、制球力がきちんと武器になっているぜ。

名電が、夏は毎年1回戦ボーイになるなのは、もう仕様って事でwww



【大垣日大 2-1 金足農】
下馬評を覆す、好ゲーム。
今日のMVPは何といっても、金足の先発投手、高橋。
強襲ライナーが、鎖骨を直撃、一瞬、その場にぶっ倒れますが、、
目の前に落ちたボールが視界に入った直後の高橋の行動は、まさにプロシュート兄貴を彷彿させた…

『いいかッ!オレが怒ってんのはな てめーの「心の弱さ」なんだ ペッシ!
 そりゃあたしかに「氷」をイキナリぶっ飛ばされたんだ 
衝撃を受けるのは当然だ!自分まで「老化」しちまうんだからな 
オレだってヤバイと思う!
だが!オレたちのチームの他のヤツならッ!
あともうちょっとでノドに食らいつけるって「スタンド」を決して解除したりはしねえッ!
たとえ腕を飛ばされようが足をもがれようともなッ! オメーは「ママッ子(マンモーニ)」なんだよペッシ! 
ビビったんだ・・・ 甘ったれてんだ!
わかるか?え? オレの言ってる事 「氷」のせいじゃあねえ 
心の奥のところでオメーにはビビリがあんだよ! 『成長しろ』!
ペッシ 『成長』しなきゃあオレたちは「栄光」をつかめねえ 
ブチャラティたちには勝てねえ! 
そしてハッキリと言っておくぜ オレたちチームはな! 
そこら辺のナンパ道路(ストリート)や仲よしクラブで
「ブッ殺す」「ブッ殺す」って大口叩いて仲間と心をなぐさめあってるような負け犬どもとはわけが違うんだからな 
「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!』



例え、鎖骨がイわされようとも、『送球しなければ』と心の中ので思ったならっ!
その時スデに行動は終わっていなくてはならないっ!!!
そんなプロシュート兄貴の覚悟が!「言葉」でなく「心」で理解できた!そんなプレイでした。

大垣日大のエースも良かったけど、
140越えで、スライダー投げれる投手はもうおなかいっぱいかもww

動画・『高橋の覚悟!』(wmv)

【東福岡 4-3 桜井】

初勝利をかけた対決、名勝負!!!!!
とくに9回裏からの攻防の熱さは異常wwwwwwwwwww
2点差で、2死2塁3塁、センター前ヒットからのバックホーム。
ここで同点においつけたのが文字通りに、勝敗を決したわけですが、この試合を象徴する紙一重のプレイだった。
最後は満塁押し出しだけど、継投した2年Pもよく頑張った。

いや~、高校野球って本当に良いものですね(^^)

【駒大苫小牧 4-5 広陵】

ああああああああああああ
  ああああ あああああああああああああああああああああああああああああ ああああ   あああ  
  あああああああ;あ;ああぁ っぁぁっぁぁっぁぁ!!!! !!!!!!!!!!!!!111あ111あ1あ1あ!11111111111111111 1111

  111111111 1111111111111

ああああ
!!!!!!!!!!!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz

自分の中で、甲子園の楽しみの7割が・・・オワタ気がする。。。
初戦敗退しただけで、甲子園がものすごく寂しいものになってしまい、ビックリです。
駒大苫小牧ってのは、自分の中で、甲子園の主役的なポジションだったのかなぁと今になってボンヤリと思います。
決して、横綱的な余裕の勝利をするっていうのではなく、喰らいついていく感じの泥臭さみたいなものに、
2004年の横浜の150km投げる投手をフルボッコにした時から、ずっと魅了されてたんだなぁ・・と。

道民だけの選手で結成されて、ひたすら鍛えあげられた選手達は、
今年も、強くて魅せるチームでした。
負けた球児の流す涙というのは、応援席で垂れ流す安っぽい涙と違い、美しい、と感じていましたが、
それと同時に、本当に哀しいものなんだなと改めて思いました。
道民の皆様には、駒大苫小牧の選手を優しく受け入れてほしいです。

駒大苫小牧には、また這い上がってきてほしいものです(´。`)
来年の甲子園で待ってるんだからね!!!!!!
あと飲酒と喫煙は、バレないようにやってくれ。

3日目

【駒大岩見沢 1-7 帝京】
帝京のエースが良い。
左で、135のストレートと、スライダーの2択がしかけられて
四死球の少ない安定感のあるピッチング。
また。帝京のチーム打撃も、三振0ってのが素晴らしい。
(全体的に、選球が良いのかもしれません。低めをよくみて、ボール球に手を出さなかったのはたいしたものです)

今年も帝京は強い!!!!
(でも帝京って1回戦で圧勝して、2回戦で敗北してる印象があるんだけどww)
駒大岩見沢も悪くはなかった。甲子園レベルのチームだったと思うけど、相手が悪かった。


【神村学園 6-3 金光大阪】

ベンチに女のマネジを連れ込んでいる金光が負けたのは、
心情的に嬉しかったです。
女マネジのベンチ入りとか好きにすれば良いと思いますが
(情報処理に長けていて、有用だと思うならするべきだけど、スコアつけれるってだけならいる意味ないけどなw)
高校球児の、ストイックさ(童貞臭とも言い換えられる)に美点を感じているので、
そこが薄れるので嫌なのです。(ここはもう好みの問題だけど)

試合自体は、初出場同士で、好ゲーム。
失点の後も、両チーム、崩れずに踏ん張ってたのは好印象。
8回で3点を追う金光が、2死1塁、投手の打席で代打で1年を起用。
こいつが鋭いバッティングをするもんで、グッと緊張感がでました。
(粘って四球で出塁、その後の打者がフライに倒れてしまうわけですが)

注目選手として、神村の7番小原。
こいつは、下位打線のくせに、そこらの4番よりも、
強打者の風格をもってやがるぜwwwwwww


【甲府商14-1境】

甲子園球場が、公開処刑の場になった。そんな試合ww
なお、以下の数字は高校野球板での、勝ち予想比率です。

甲府商 305
境 25

最弱チームとの呼び声も高い境は、その評判通りに活躍してくれました。
また、甲府商は1点を取りに行く野球(送りバント多用)をしたからこの程度ですんだ感じで、
実際は、点差以上に実力差は大きく開いていたと思います。
(温情野球とかでなく、甲子園で雑なプレイをさせても得るものがないからでしょう)

見所は、8回の2死1塁2塁で、
ライト前ヒットの打球が、悪送球の3連発で、ランニングホームラン。
クトゥルフ神話TRPGでは、一度に正気値を5ポイント失うと一時的狂気に陥るそうですが、
あれは、まさに集団狂気に陥った図でした。

それから9回裏に、県大会で記録員やってた選手が、思い出で打席に立ち、
長打の2塁打をはなった事。あれは本当に良かったなぁと思いました。


*今回の試合で『最弱代表校はどこだ!?』のスレも賑わいそうです(^^)

*伝説のライト前ヒットがホームラン(youtube)

【花巻東 0-1 新潟明訓】
名勝負すぎる!!!!!!wwwwwwwww
明訓の永井先生は完成された甲子園投手。
140越えストレートと、スライダーの2択で、制球の安定感もある。
対する花巻東は、1年の大器の予感を感じさせる左投手を、鉄壁の守備で補佐。
1点が勝敗を決した死闘でした!!
両チーム失策0、その記録通りに動きが良かった。

見所は、1点を追う花巻の9回裏。
円陣組んでチーム全体を鼓舞して、勢いのある雰囲気をつくれていました。
4番が出塁し、ワイルドピッチもあり、2死2塁。
最後は、内野ゴロに倒れるわけですが、
試合終了まで、悲壮感が一切ないベンチで、かっこいい連中でした!!!
来年またくるんだぞ!!

いや~、甲子園って本当に良いものですね(^^)

2日目

【松商学園3-9近江】

近江TUEEEEEEEよ。
送りバント技術も高水準で、4枚の投手もどれも良い。
特にエースオグマは、甲子園の中でも良い投手。
球速と制球が申し分ないです。(9回で死球2コだしてるけどwwそれだけ攻めれる投手)

8回、1死1・3塁から登板で、
これまで3安打の田中相手に、140近いストレート4つみせてカウント2-2。
ここでスライダーで3振とれたのが見事だ!

負けたけど、松商も魅力のあるチームでした。
ランナーでたときの、応援歌がドラクエってのも良いし、
4回表、2点差、1死1・2塁。
ここで儀打で送ってきたのにしびれました。
(9番丸山は主に儀打要因として訓練されていた。1番島田は信頼できる打者だったから?)

結果的にワンヒットで同点にできたのも素晴らしいけど、
定石に固まらない采配ができるのが高校野球の良い部分(^^)

【今治西12-1八代東】
注目の熊代君は、エースとしても、4番としても、それなりって感じですかね。
(立ち上がりは微妙だったけど、中盤は良いピッチングだった。それでも中の上ってとこだけど。私の評価では、近江のエースの方が上。)

次の近江戦(だよね?)
熊代君が、投打にわたって活躍するか、惨敗するかというのが見物で楽しみです\(^o^)/

八代東、5回はともかく、6回の守りがボロボロでしたねwww
0-0で拮抗していた試合で、いっきょに4失点。
その後の攻撃を、綺麗に3人で抑えられて勢いも殺されます。
そこから、ガタガタに崩されていったのが、この試合最大の見せ場wwwwwww
投手だけでなく、野手も捕球がおぼつかなくなり、悪送球もでてきて、見事にマモノに翻弄されてるなとww

甲子園という特殊な舞台は、
クトゥルフ神話TRPGで言うところの正気度を高校球児から、奪いまくってると思うんだ。




【智弁和歌山2-4仙台育英】
強豪チーム同士で、名勝負www熱いぜwwwwww
仙台育英の、150キロを越すストレートを連発する怪物佐藤もやばい。打撃チーム相手に、17奪三振てwwwおまwww
まるで、少年マガジンの世界からやってきた住人だ!ww

両チームの4番がしっかり仕事していたのも燃える展開でした。
4番打者ってのは、神に選ばれし者だけがなれる役職!!
やっぱこうでなくっちゃ!!

最大の見所は、佐藤 VS 坂口 で異論はないはずだ!!

第三打席、スライダー狙いうちでホームラン。
第四打席、154キロのストレートに手が出ずに三振

最高のガチンコだったと思う!
いや~、甲子園って本当に良いものですね(^^)

【尽誠学園 2-12 智弁学園】

5回途中で寝落ちwwwwwwww
下馬評通りの消化試合すぎてワロスwwwwwwwww
仙台育英の、智弁2連戦が楽しみです。

智弁学園に、謎の覆面選手が代打で登場。
なんとその正体は、初戦で敗れた智弁和歌山の坂口!!
とか、そういう展開をきぼんぬです\(^o^)/
(もちろんネタですwwwww)

1日目

【佐賀北2-0福井商】

みのがした(^ω^;)

【岡山理大付2-3興南】

Cランク同士の対決だったけど、名勝負の部類。
投手だけを比べるなら、岡山の先発投手が光っていました。
(といっても甲子園じゃ並だなw安定感に難アリだし)

両チーム、継投も上手くできていたけど、守備で大きく差ついてたなぁという感じ。
エラーの数より、好プレーの数で大差。
興南の、併殺3つどれも良い場所で決まったのと、キャプテンのバックホームもGJ。あれで私的にMVPですw
なおショートも、あまり活躍できてなかったけど、あの強肩っぷりはヤバイぜwwww
体勢崩した状態から1塁への送球が、神業だと思いました。
興南は守備がイイ!!あと、ルックスもイケメン揃いだ!ww




【文星芸大付5-0市船橋】

近所のDQN校のDQNが甲子園に出ているらしい。
地元だからってヒイキはしないぜwwwww

市船の投手2人もオーソドックスながら、悪くはなかったです。
ただそれ以上に、文星の投手が上手かった。
緩急つけれて、低めに球を集められる左投手。
死球1コだしただけで、四球は0、完成度高い。
対左にめっぽう強い左投手というのも、良かった(^^)
文星は強い!

夢野ボール《実践編》

以前のブログで紹介した夢野ボールを実践してみたお(^^)

y-ball1.jpg



中心を正面にして、上下左右に角度をつけていくよ。
ここから、眉のライン、鼻のライン、耳のラインを探る事ができるんだけど、1から10まで解説すると長くなりすぎるから割愛しちゃうよww

なお、丸の大きさが不一致だったり、イビツだったりするのは、私の力量不足です(^^)
コンパスや定規を駆使すればキッチリ描けなくもないけど、めんどくさい
何でもフリーハンドで描くのが私のジャスティス!!

でも、角度的なものは、意図的に強弱つけているよ(^^)


で、ここから実際に、人の顔を描くよ(^^)











y-ball2.jpg


ジャン!!この通り!!!!!!\(^o^)/

不慣れさ、基礎デッサンの弱さなんかは、これから特訓していくとしてwww
ひとまず立体で、顔をとらえる方法は理解したぜ!!!

ちょっと難儀する部分もあったけど、
(具体的に言うと、奥にある耳の位置と、頂上部から鼻にかけてのラインの探り方)
アンサガのナクルの地上絵をノーヒントで攻略するよりは、どってことなかったぜ(^^)

2007年 ジャンプ36・37号

【テニス】
真田が、ただのかませ犬になって終わるよりは良かった、
とは思うんですけど、いま一つ物足りない感があるのは、
テニスに対しての期待値が高まりすぎていたからでしょうか。
勝者はテニス生命が絶たれる、くらいのペナルティがあっても良かったかなぁと思う。

ただ、回転がどうこうよりも、気合でどうこうした。
という結末は、『理屈じゃない!!!!!!!』って感じで、良かったとおもいます。
決着については、納得のいくものでした。

【ネウロ】
1回読み返して納得できた。
アンドリュー死んでたのかっ!!!!!!
というか、この展開は、素晴らしい。

・葛西の絶対悪論
・『この顔は』恐怖と苦痛と絶望に染まった

綺麗に伏線をはってきていたので、
意外性しかない超展開と違い、きちんと納得させるものがあります。

冒頭の、電人HAL2がサイの前座で現われたのって、
ひそかに今週の演出とかぶせてたわけか・・・。
シンプルに、サイの魅力を残した状態で、それを喰う敵の登場っていうのはものすごく意表をつかれたぜ!!!
完全に予想の上をいく展開でした。
やっぱ、松井センセはすげーや!!!!!

【アイシル】
今週は、どうみても西武負けフラグかな~。
主要選手に競り勝っての活躍というのが見られないので、
鉄馬、キッド、陸の活躍は、最後の晴れ舞台を飾らせてもらってるだけって印象がww
ガオー以外、顔見せ程度の白秋メンバーは、明らかに泥門戦を視野にいれて温存されています。
白秋の方がキャラ立ってるし、私としても泥門と戦ってほしいわけですが、
本当に無駄な演出はしませんねアイシル。
徹底されててすごいとは思うけど、こういう部分は私好みじゃないんだ。
テニスなら、例え西武が負けるとしても、ここで西武の秘密兵器が登場!
とか、そういう演出をしてくれたと思うんだ!

【Dグレ】
すげーなー、本当に元帥が助けにきちゃったよ。
生粋のDグレファンはこれを随分前から予測しているんですよね
私は、ストーリーの大半を覚えていなかったが

Dグレの師匠も強そうで何よりです。
亀仙人や玄海みたいに『弟子を導く存在』というだけでなく、
キノの旅の師匠みたいに『最強の代名詞』になれそうな感じでワクワクするぞ(^^)

【ワンピ】
ウソップらしい勝負で面白かったです。
サンジの時もそうだったけど、
今回は、それぞれの特性にあった敵を用意しているので、
バトルが一段と面白く感じます。
絵的な面白さや見せ方だけで楽しませるのではなく、
そのキャラクターの持ち味を生かした戦闘ってかんじで好印象。
最近のワンピはひたすら楽しい。

戦闘のシビアさについて、アラバスタ以降感じにくくなっていたので、
初期の緊張感を取り戻してほしいと思っていましたが、
このままコミカル路線で行くのもありっちゃありかもw

【ムヒョ】
あ~ん、ティキ様が死んだ~。
というか、やばい、ムヒョの連載が終わりそう…
西センセには、ジャンプの、おっぱい担当として、末永い活躍を期待していたのに!
もっと、リオ先生のおっぱいを描いてほしいのに!!
このまま円満終了とかになったら、残念でならない。

しかしまぁ、それはそれとして、エンチューの着地点がどうなるか楽しみです。
おとがめなしはありえないので、何らかの刑に処されるとしても、
どこかに救いを用意するはずなんだ。

【ベルモン】
1つの主題の中で、複数回の拷問にかけていく展開で、
次回は、2人同時に拷問とか、上手い具合にヴァリエーションをきかせていると思いました。
『決して、場所を移動しない主人公』というのも、
『敵が次々とやってきても、違和感をかんじない設定』として、上手く利用できている。

やってる演出とかは茶番なんですけど(笑)
それでも、第一印象で感じたほどに、底の浅い漫画ではなさそうです。

【ToLOVEる】
リト君だけでなく、ルンも脱がすのがToLOVEるクオリティ
また、ララが脱がなかった事でガッカリする読者を出さないために、
きちんとルンの脳内で、ララの裸が保管されているのもグッド!
この、読者に対して徹底された配慮は見習いたいものです。
また、ルンが何を企もうとも、リト君以外は誰も不幸にならないという安心感が実に良い。

今週は、長谷見センセがキッチリ仕事したと思います(^^)

3話拍手

0:51 光たん、満面の笑みで「あい♪」とかマジかわいすぎるんだよ!!!
アホの子ほど可愛いっていいますからね(^^)
光ちゃんは4話でも大活躍だから、期待しててほしいZO☆

1:04 ヤツデファントムwwwwwなんという逆手塚ゾーンwwwwwwwwwwwww1:05 しかしだめだこのメンヘラ・・・早く何とかしないと
ヤツデファントムは、無我でコピーできないので要注意すよw
光は、新ジャンル『メンヘラ投手』です。むしろダメな子っぷりにご期待ください(^^)


1:27 丸ちゃんはガチwwwww
1:31 丸ちゃんだけはガチ

ガチなのは丸ちゃんだけ!!!!!wwww

5:05 死ぬほどワロタwwwwww
5:06 でもヒカルたんは俺の嫁!! ><
5:07 丸ちゃんの頭をいーこいーこしていきたい!!!!11

『絶対〇〇するなよ』は、絶対〇〇するの合図ww
光は芸人根性満載です。

13:45 光打たれ過ぎだwwしかし、それが良い
私は炎上した投手には、炎上した投手の美しさがあると思うんだww
そこに、わびさびの世界を見出せるようになったら立派な仲間だね♪(パラノイア系の眼で)


13:50 ヒトミの時間の流れは一般人より遅いから、各週更新でも週1~2更新に匹敵します。

さーせんwwじょじょに週2でも更新できるリズムつくろうと思っていましたけど、週1更新も難しくなっちゃった(テヘ☆)

16:36 株で涙目になってるジャクロ先生に一言どうぞ(;; ^3^)
あるあるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2:35 全脳内の愛ちゃんファン127767994人が感動した!(絶対扇風機だと思ってたから)
脳内ファン数が多すぎるwwwwwwwwwwwww
丸ちゃんといえば、やっぱホームランすよねwww
ホームラン大好きの厨作者ですwwwww

13:57 横浜高校が負けるなんて・・・大きく振り逃げって。
13:59 まだ1年生らしいあのキャッチャーが心配です

上級生からの、ヤキ入れくらいはあった方が、お互いスッキリできると思う件ww
しかし、東海大相模も負けちゃったし、横浜がすんなり甲子園いってくれた方が良かったと言わざるをえない(^^;)


20:28 ふーこに萌えていた俺だが、バーローにはついに萌えるコトができなかったorz 1週間特訓したノニww
20:34 ちなみに丸ちゃんは克服シマスタwwww 丸ちゃんはガチwwwww

ふーこ、バーロ、丸ちゃんとは、何てチャレンジャーなんだww
このスキルを活かせば、合コン等で、地雷処理班として大活躍できそうすねwww
そしてガチなのは丸ちゃんだけ!!!

23:30 星くんは俺の嫁wwww
4番打者なのに、星君とはこれいかに?
花寺学院なのに、学園祭というがごとし。
さやかたんの活躍はもうちょっと待ってください(^^)

0:15 27話表紙ののりちゃんがマジかわいいんだ。ジャクロ先生だってがんばってるんだからヒトミもがんばれよ。
うん頑張るお!私はいつでもがんばりんこ!がんばりんこだもん!!
(薄暗い部屋の隅で、膝を抱えながら、棒読みぎみに)

16:33 のりちゃんまじかわえええええ
のりちゃんは、悟空の初期の頃のような成長度で、グングン可愛さを増してますよね。

22:07 キロキロキロキロキロキロリン キロキキロキキロキキロキキロリロリン
ピピルピ~\(^o^)/

聖剣4サントラ

聖剣伝説4音楽集その1~クソゲーと言わないで~

アンサガ以来のクソゲーとの呼び声の高い、聖剣伝説4(第二次ゆとり対戦に推奨したいw)
音楽だけは良いという評判をよく耳にしてましたが(主にアマゾン評価でw)
本当に素晴らしい!!!!

伊藤賢治の戦闘音楽の新作がある。
ってだけで、サガ信者はもう黙って聴けば良いと思います。
イトケン節満載なので、流れてくればすぐに気付けるお(^^)

どの角度からでも顔を描けるようにしよう

kao1.jpg


ルーミス先生164ページ参照。
『人の顔は、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの3つは直交していないといけない』

私はこの言葉を頭では理解できたが、心で理解できずに、
その、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの捕え方に悩まされていました。
1日中、そればかりを描きなぐって
『こういうの脳年齢若ぇうちに訓練しねーと、難しいんじゃねぇの?なぁ、君もそう思うだろ?』と愚痴った日もありました(壁のポスターに向かって)

そして、私の右脳に致命的な障害があるのではないかと疑いかけた、ある日の事です、気が付くと目の前には少女がたっていました。何でも前世の光の神に選ばれし戦士の末裔が邪神ドゥルボルグの復活を阻止せんがために(以下4万文字を省略)

というわけで、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの捕え方を見切った!(と思う)
要するに、上記の3つを使い分ければ、あらゆる角度からでも描けるようになる(気がする)
(顔の角度は、大別すると24(縦3×横8)パターン、顔全体の角度は3パターンかな)
線を増やせば、108式以上も余裕ですね(^^)

あくまでも、『目鼻耳の位置が解るだけ』なので、
ここから要練習として、
私はこれを『夢野ボール』と名付けようと思います!!!!!!!!

それから、どうでもいいことですが、
キャンドルなんとかという、小汚いソフトボール漫画の更新は、少し間があくかもww
まだネーム3ページで、作画にすら入っていません。
もうこのまま甲子園休暇に入りたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。