スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンパチメドレー

沖縄の風景でMONGOL800メドレー

ようやくニコニコに、モンパチのメドレーがうpされました。(うp主に100の感謝)
名曲のレパートリーが少なめで、小さな恋の歌だけが有名すぎだけど、
やっぱりモンパチは素晴らしい。
part2の動画は微妙な選曲だけど

ストレートで解り易い歌詞は、それだけ誤魔化しがききません。
サザンとモンパチの実力は認めざるをえないよね。



ブルハ>モンパチ>>>ロードオブメジャー>バンプオブチキン>>>ハイウェイ61


個人的に、こんな感じ。
スポンサーサイト

2008年 少年ジャンプ09号

【テニス】
『はやく救急車を呼ばんかーーっ!!』

なぜかしらないが、ここで吹いた。
いきなり回想が入って、その回想自体も唐突な流れでありながら、
真田の口調が、真田すぎて、妙なツボに入りました。
不意打ちのように真田が出てくると笑える、という事なのか、
幸村に注目しなくちゃいけないのに、
真田の存在が、無駄にキャラ立ってる部分が笑えたのか、
はたまた両方が作用したのか、もっと別の理由があったのかは知らないが、
とにかく、この台詞だけしばらく笑ってしまった。

しかしまぁ真田は、ガチで手塚に勝ったという部分がデカイわけだけど、
リョーマに負けても皇帝の威厳を保てていて、良いキャラに育ったよなぁ。


肝心の神の子テニスですが、かなり材料は出ているので、
『何が何だから解らない』というほど理不尽なものではありませんね。

まず回想シーンに入る前の『ま、まずい…』という幸村の独白から察するに、
リョーマが5球目を打つ直前までは能力が働いていない事が解ります。
つまり前フリなく、とっさに行える攻撃なので、
幸村の能力は、『即時性の精神干渉で、相手の肉体を操作する』という事になります。

では、どういうカラクリなのか。
帰結点は『だって神だから』という解答になるのでしょうが、まだ明かされていないその作用は推測できそうです。
金太郎の脅え方などをみても、一番ありえそうなのが『恐怖の植付け』
『神のガン飛ばし』で、相手のテニス本能に訴えて、ビビらせて、手元を狂わせた。
と考えるのが一番スマートな気もします。

とはいえ精神的なプレッシャーだけで、鼻血が出るかどうかは微妙なラインなんですよね。
やはりテニス読者なら、予想の↑を行く、天才許斐剛のミスリードを常に警戒しなくてはいけません。

なので、もうちょっと踏み込んで考察してみました。

幸村の能力はそもそも、立海3連覇のために生み出された能力と考えるのが一番妥当だと思います。
すると、あたりまえの事なんですが、幸村は同じ”男子中学生”としか戦いません。
今のところ確認できている対象は、金太郎とリョーマだけですが、その対象の範囲を広げて、
最低でも、『男子中学生すべてに有効に働く』能力であると言って良いでしょう。


それでは、『物理的な接触をせずに』『精神攻撃』をしたとして


男子中学生が『鼻血を出すのはどういう状況か?』

男子中学生が、『かがんだまま、その場にうずくまって身動きとれなくなるのはどういう状況か?』





ここまで考えた先に、出てきた結論はたった一つでした。
今週の、鼻血は最大のヒント。
リョーマも、金太郎も、『立つに立てない事情があった』というのがよく理解できます。
(別の意味ではたっていたのかしれませんが)

もうお解りかもしれませんが、つまり、こういう事だったのではないでしょうか。



















teni74-1.jpg

teni74-2.jpg

teni74-3.jpg

teni74-4.jpg








恐るべし、

神の子テニス!









【ワンピ】
ゾンビだ幽霊だ、という話の締めくくりで、
こうやって『生きてるって素晴らしい』っていう感じで、
食ったり騒いだりという描写をたくさんいれてくれるので、すごく読後感が良いです。
停滞がちだった物語も動きつつあって、最近のワンピは、初期の頃の勢いを感じるなぁ。

ゾロの行動をルフィは気付かないんだけど、サンジ達が知って腹の中にしまっておく。
というのも良かった。
ジョジョ3部で、花京院がデス13を破った事を他の仲間は忘れてしまったわけだけど、
その部分に妙なもどかしさを感じたものです。
花京院はそれで良いかもしれないけど、ジョセフやポルナレフにも覚えておいて欲しいんだよおおお!!
という読者目線での自己満足の話にすぎませんが、
作中のキャラと、ゾロの漢気を、共有できたのが良かった。


【ブリーチ】
人気投票で日番谷1位wwwwwwwwwwwww

本当に何故だろうww
今更ながらに、日番谷人気の理由はサッパリ理解できないwww
そもそもどこで活躍したかもろくに覚えていないような隊長で、
私的には、ただのかませ犬って位置づけなんですけどねwwww
ドラゴンボールで例えると、天津飯が1位とってるような違和感があります。

9位 吉良イヅル・・

あとこいつ誰だったかな~。素で思い出せないぜ・・・^^;;;
ちょっと自分ブリーチの読み込みが足りないっすねww
オサレ低すぎですまん。

で、今週は、マユリ様の台詞が素晴らしかったわけですが、
ノイトラさんの活躍が微妙なんだよなwww
後2週くらいの命だと思うんですが、このまま小物っぽいまま逝っちゃうのかな。
なんだかんだで、ゾマリさんザエルさんの両名は、最後に一花咲かせたので、
ノイトラさんにも期待しているんですけどねぇ。




【ナルト】
先週、直訳すると『つまらん』という感想を書いたわけだけど、
今週はとても面白かったですwwwwww
これまで無表情だった兄さんが、感情を表に出して、サスケを生かした真相を語るという部分がとにかくグッド。
まぁ『心の中のオレ』とか、表面的なクールさを保たたせる理由はいまいち解らないのだけどww
(必死になる=カッコワルイ という中二的な価値観に岸本センセが支配されているのだろうかw)

ただなんとなく見逃してやった、とかじゃなくて、悪どい算段があったって点に、
イタチの悪人としての格がアップ。サスケの最終形態も見えた感じで、
『イタチを喰って、こいつはもっと強くなるのか!?』というのに、ワクワクを禁じえません。

この漫画は、あまり期待してない時に、不意打ちのように良くなるwww
まったく、大したやつだ


【マディ】
悔しい・・キメラなのに・・マディがエロ可愛い(ビクンビクン)
そんなマディのせいで、『キメラは俺の嫁』というのも、『メイドロボは俺の嫁』くらいに、
違和感なく感じるんだけど、これも作者の狙い通りですかね。
ジャスパーは変態の部類に入るのかもしれないけど、
理解のできる変態だよなぁwwwwwwwwww、

猫と少女の子供(キメラ)という組み合わせも、なかなかよく解ってらっしゃる(笑)

この世界のキメラの位置付けが今週で本当におかしな方向に流れている気もするがww
少年漫画なら、普通は、キメラ同士でポケモンバトルに発展しそうなものなんですけど、
そういう気配がカケラもないとか、すごくチャレンジャーな漫画ですよね。




【Dグレ】
エクソシストと、アクマ以外はとことん無力な漫画なんだけど、
そういう無力な人間達の視点が重点的に描かれているので、
アクマのヤバさ、エクソシストの強さといったものが際立つ演出になっています。

今週、アクマ側に妙に生生しい迫力があるのは、絵的な表現力だけに依るものではなく、
メガネや他の技師達をおざなりに扱ってないからです。
Dグレは、端役のキャラクターでも掘り下げて描こうという気概があるのがグッド!


【初恋】
水泳部話もなんかイマイチ^^;
一応、水泳部のマネジになるという進展はあるのだけど。。
次の展開へのつなぎみたいな話なので、盛り上がりにかけるんだよな。
次の展開というのも、1巡した後に、忘れた頃にくるしなぁ。。

なんだかんだでループに耐えられそうなのって、小宵メインの話くらいかも。



【ToLOVEる】
見所は、やはり理沙の乳揉みかな。
もう一方のメガネっ子(画面→)が満面の笑顔なのもポイント高い。
『理沙、次は私だからね』という順番待ちしている風にも見える。
また遠目に、揉まれてる子の友人(?)のメガネッ子は、少し難色を示し、
常識的な反応していることで、この2人の狂人値が高まるという、良い引き立て役として機能している。
ただの何のへんてつもない『乳揉み』という1コマにも、工夫が随所に感じらるのが、
ToLOVEるの芸の細かさと言えるだろう。

しかし、2次ヲタ=ロリコン 
なのはバルキスの定理によって証明ずみの周知の事実ですが、
さすがにここまで幼児化すると、ついていける猛者は少ないのではないでしょうか。

あと、校長の若い頃がみれなかったのが残念www


ツララ

turara2.jpg

turara3.jpg


ダンゲロスオルタナティブに参戦するぞ( ^3^)/






【名前】
ツララ
【性別】

【所持武器】
アイスピック
【フリースキル名称】
催眠

【特殊能力説明】
「インスタントフォースブリザード」
相手は休む。

【能力補足説明】

範囲・隣接1マスから任意の1マス
対象・全体・精神攻撃(防衛0にのみ有効)
効果・1ターン休む

敵にのみ有効の集団催眠。(味方はまきこまない)
絶対零度の吹雪で相手を凍らせるという暗示をかける。(実際の気候は左右しない)
防衛力の低い魔人は、ロストブレイン状態となり、
心が凍結されて1ターン身動きがとれなくなる。

【キャラクターの説明】

少し目つきが悪い女の子。
成績優秀な秀才だけど、何にでもすぐ感化されてしまう性格がたまにきず。
読んだ漫画の影響で、催眠術を会得するが、
同じ漫画の受け売りで、催眠によって全人類をレベルアップする究極の国家づくりの理想を持つ。
最近、日本の二大政党の1つの本部にテロ活動をしかけたのは内緒。
『私は新世界の神だ!』が口癖。

【備考】
エターナルフォースブリザードと、
サンデーで始まった、デスノートそっくりな漫画の主人公が、
月君とはまた違った意味で、面白かったので、それをオマージュ。

容姿端麗で成績優秀で、特別な力も持っているけど、
生粋の中二病患者って、ギャップ萌えじゃね?(笑)

もちろんコーヒーはブラックで、洋楽以外は音楽とは認めない感性の持ち主。






turara1.jpg


どうでもいいけど、
最近、骨人間ばかり描いてたから、
しっかりしたキャラクターを描くのが妙に楽しかった(*´p`*)


2008年 少年ジャンプ08号

【テニス】
『10年に一度の逸材集いし群雄割拠のこの年---』

少年漫画ではよくある事www
しかし、これで10年に一人クラスって、テニスすごいなぁ。
てっきり、1000年に一人クラスの逸材がそろってるものかとww

そして、名前がダジャレの、ゆるい一発キャラを、
この場面で投入してくる許斐センセは、まじで狂ってるでヤンス~(→↑)
真田の、まるでゴミでもみてるかのような鋭い目つきと、周りの立海1年部員の脅えっぷりが素敵ですwww
浦山しい太、自重wwwwwwwww


オーラの攻防力移動は戦闘の初歩にして奥義。
念を覚えてわずか数ヶ月でこの領域までいくとはリョーマは大したやつだ(笑)
で、ようやくポイントをとれたけど、早くも百錬、才気を投入。
残された奥義は、天衣無縫だけで、これを出すと後がありません。
打ち消し能力しか見せていない幸村がまだまだ優勢に感じるなぁ。



【ブリーチ】
『俺様の鎧は最高硬度で絶対斬れないぜぁぁぁ!!』

完全にノイトラさん、真っ二つフラグだコレwwwww
隊長格を前にすると、十刃も生き生きしていますね。
最近のブリーチは、これまでのダラダラバトルが嘘のように面白いです。


【ナルト】
仲間を増やしたけど、特に使いどころもなくラスボスと対面しました(笑)
幻術と見抜いていたけど、小芝居しました(笑)
千鳥も無駄にうちました(笑)
会話をダラダラ(笑)

どれかが特筆してダメって事もないんだけど、
いろんな要素が重なって、この兄弟対決を盛り下げていると思う。

ワンピもブリーチも楽しめているんだけど、
ナルトだけダメだなぁ^^;;;


【マディ】
2456人の女性の血液を集めて、一人の少女を監禁するだけで、最低でも24億の費用をかけるとはww
医療関連からあたれば、もっと低予算で効率良くサンプルを集められそうなものなのに…
とか思った自分の中のGK乙!『マディを女体化するための展開である事』が重要で、細部などどうでも良いというのに!

今週の女体化は、マディの可能性が広がり杉だと思うwwwwwwww


【おばけらいふ】
バレーボール使いの作者か。
無駄なく45ページ使い切って、読みやすさも意識された、短編のお手本みたいな内容でした。
相変わらず、小さくだけど、話のまとめ方が上手いです。
ムヒョやネウロみたいに、絵に力があるわけではないから、ジャンプは不向きだと思うけど、
サンデーで描いてたら、地味に化けそうな人なんだよね。

系統としては、『いでじゅう』の、モリタイシ、『植木の法則』の福地翼みたいなもん。
変化系能力者なのに、強化系の修行をしてるみたいで、もったいない感じがします。

[私の考える雑誌別六性図]

ジャンプ=強化系
サンデー=変化系
マガジン=放出系
チャンピオン=特質系

【ポセイドン】
逆に、この作者は、勢いをとったら、何も残らない純粋すぎるほどの強化系(笑)
『汚い花火』としか表現しようがないんだけど、
ジャンプらしいといえばジャンプらしいww


【初恋】
これなんて、ボーイズ・ビー?wwwwwwwww
くろんぼとヘタレ眼鏡は、他と比べて、正統派すぎていまいちなんだけど、
水希たんの芸風の深さにはちょっと関心するぜ。
こいつらこんな感じで、忘れた頃に似たような展開を繰り返すんだろうなww


前号のあらすじ→『魔王を前に勇者、散る。』
私の予想→『山本さんの天然痴女っぷりに、勇者撃沈!?』

あらすじ予想が、わりと良い線いってましたwwwww
勇者=小宵と見立てる部分で正解したから、3初恋ポイントゲットですね\(^o^)/

次回のあらすじ予想。
『メガネ君は、ヘタレ攻め』



【ToLOVEる】
最強クラスの宇宙人を相手に、正面から渡り合える沙姫様のポテンシャルはすげぇww

ところで新人漫画賞で、矢吹センセが審査していました、
数年くらい前にしたときは『個性重視』の発言を連発していて、大いに笑わせてもらったのですが、
今回は『画力重視』の発言に切り替わっていて、やけに説得力がありました。
矢吹センセは、立派に成長したもんだ。

ニコニコゲームプレイ動画

ダニーの奇妙な冒険 (DQ5マイナーモンスター縛り)

編集◎
バトル◎
やりこみ△
ネタ〇

マイナー系モンスター縛りというだけで、程よい難易度になってます。
雑魚敵ですら大苦戦という進行で、ボス戦のガチっぷりが熱かったです!!
編集が上手く、ネタ動画としても面白いのがグッド。
DQ5の主人公をここまで変質者に仕立てあげるとは!?

この動画ではメジャー扱いという事で、参戦してないけど
私が一番好きなモンスターはメッサーラです。
メラゾーマとザラキが使える戦士って感じで、lvがカンストするまで主力にしてました。
デーモンスピアで、即死を狙えるのも良かった。



スターオーシャン2 制限つき低LV2人旅

編集△
バトル◎
やりこみ◎
ネタ×

インチキ技を封印しつつ、最高難易度のユニバースで、低レベル攻略。かなりマゾいプレイ動画になっています。

序盤のバトルも白熱の展開なんですけど、
やっぱり10賢者戦が最高www

特にミカエル戦、私のファーストプレイを完全再現してくれているので共感がwwww

ある程度、レベルも高くなり『うちのパーティーも極まってきたな』と自信をもった頃、

開幕2秒で放たれる敵の全体攻撃魔法スピキュール
『うおーーwwwあっちーーーwww』
で瞬殺されたのは良い思い出です^^

その後の、ルシフェル戦をうp主が簡単に切り抜けちゃったのはちょっと残念なんですけどね。
私はこいつに一番苦戦しました。惨殺されるたびに、

『ふふ、地獄への片道切符は、貴様等の命で買ってもらうとする』

『本気を出したらどうだ、まさかこれが全力というわけでもあるまい』

といった素敵な台詞に惚れ惚れとしたものですが。

ガブリエル戦は逆に苦労した経験がないので、この動画をみて始めて強さを理解しましたww

初プレイ、ルシフェル戦で足止めされ、ブラッディアーマーの存在に気付いた時、私の中でこのゲームの攻略が終わってしまいました(笑)

ガチなのは沖縄だけ!!

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okinawa/news/20080113-OYT8T00544.htm
県警、成人式がらみで3人逮捕・・・テレビカメラ壊した22歳男ら

沖縄県警那覇署は13日、那覇市若狭、飲食店経営許田篤容疑者(22)を器物損壊の現行犯で逮捕した。
調べによると、許田容疑者は同日午後3時50分ごろ、同市泉崎の県庁前広場横の歩道で、成人式
後、騒いでいる新成人の様子を撮影していたテレビ朝日の男性カメラマンの小型テレビカメラを
手でたたき落として壊した。

許田容疑者は広場に集まって騒ぐ新成人の様子を見に来ていたが「カメラを向けられてかっと
なった」と供述しているという。

また、同県警浦添署は同日午後、成人式が開かれていた浦添市仲間の「てだこホール」の敷地内に
バイクで乗り付け、制止しようとした同署員を振り切るなどした市内の男子高校生(18)と
男子大学生(18)の2人を公務執行妨害容疑で逮捕した。2人は「先輩を祝うつもりだった」と
供述している。



『年に1度のハジケ祭り』もとい、成人式です。

沖縄のDQNは本当に気合入ってて大好きです(^v^)

『式の最中、問題なくおとなしくしていたが、中には携帯カメラがどうこう・・・』

といった他県の無味乾燥なDQNどもと違って、
沖縄からはヒシヒシと『覚悟』を感じます。

一般的には『成人式でうかれたバカ』とみられてしまうのかもしれませんが、私はまったくの逆の見方をしています、
『立派に役割を果たしている男の姿』だと思います。

この本気っぷりこそが、そこらの芸人と違った、リアルなエンターテイメントを演出できているのです。
今年も存分に笑わせてくれそうで期待度高いです!!
さすが沖縄wwwwwwwwwww

どうか、この沖縄の伝統が、年々、受け継がれていきますように。。。

君が主で執事が俺で

君が主で執事が俺で 第01話

yara.jpg


ヌルイB級テイスト満載なんだけど、面白いです。

アニメはテンポ重視だぜぁぁぁ!!
普通に良い出来ってだけのアニメなんてかったるくて観てらんねぇぜぁぁぁ!!

という私でも、これなら最後まで観れそうな勢いです。
エロゲ原作アニメって、どこかキレてて、あなどれませんわね。
(『乙女はお姉さまに恋してる』も面白かった。)

『なんだかどこかでみたことあるようなキャラクター』というのも、心得てやっていて、
『逆にアリだな』って感じです。

今期は、観れるアニメができて良かった^^

小2ダンゲロス

小2ダンゲロス~二年B組人妻先生~が終了しました。


mb.jpg


【キャラ名】:メルヘンベリー
【性別】:女
【一つだけ設定できる特技】:はかいこうせん
【10行以内のキャラ説明】
星型の魔法のステッキを使って、
クラスメイトの悩みを強制的に解決したがる魔法少女。
自分の『魔法』で何でもできると思い込んでいるが、
杖から放たれるのは、いつも破壊光線である。
失敗つづきだが、クヨクヨしない前向きの性格なので、反省する事は無い。
彼女に殺されないためには、弱み(悩み)を見せない事が大事だが、
わりとハヤトチリをする性格なので、
勝手に何か悩んでいると思い込んでしまいがちのドジっ子魔女。


【備考】
魔法少女をつくる上で、不文律の掟が存在します。
それは『ショートカットで元気な女の子でなければならない』ということです。

自然とそういうイメージが植え付けられているので、そこに疑問の余地もなく、太陽が東から昇るのと同じくらい、私にとってはあたりまえのことになっています。



【本編】

『天然ではた迷惑な存在』を主軸にRPしようとしていたのですが、他の狂人、もとい参加者達にくわれた感が強いですww

お弁当の時間も、虚弱児の都子ちゃんにオニギリを無理やり食べさせて吐かせる路線でRPしていたら、
突然、他班のちんこ君が乱入してきて、オニギリを奪っていきました。
結果としては都子ちゃんを救った事になってたりしますが、ちんこ君は、その事には気づいてない様子でした(笑)
(しかし、あれは本当にタイミングがよすぎるww)

先生からも、ちんこ君は、とんでもない悪ガキとして、評価はマイナス、
私は『オニギリを友達にわけようとした優しい子』として良く評価されます。

掃除の時間の理科室爆破についても、先生が真相に気付かず、私は真面目に掃除してた事になり(そのように申告したからなんだけどw)、高く評価され、
4時間目終了時点で、何故か良い子ちゃんポイントが1位(笑)(笑)

『上辺さえ取り繕えば、先生は評価してくれる』という部分に、ものすごくリアリティがあって面白かったですwww
(20人いる生徒の動向を全て把握するのは難しいんですけどねww)

最後の帰りの会の、先生への密告合戦で、
おとなしくしてれば1位も維持できそうだったんですけど、
さすがにそれはどうかと思い、積極的にいくことにしましたwwww

これで先生を騙せるなら、もう仕方ないだろ的な感じで、
理科室爆破の犯人を友達の『ぬとりちゃん』におしつけ、
自分だけ良い子ぶる、というのをやったところ、

先生も流石に、そこの『ニュアンス』にはきちんと気付いてくれて、良い子ちゃんポイントが減点しました。
何の罪もない、ぬとりちゃんも良い子ポイント減点されてたけどwwww


結果は、常に優等生の振る舞いを演じた、都子ちゃんが1位。


うんこ味のカレーと、カレー味のうんこのどちらが良いかという質問も、上手くRPをいかしてかわしたり

帰りの会でも、他の友達を悪く言わない方向で攻めたり、


> 「先生。ごめんなさい。音楽室がまだきれいになっていません・・・・・・HRがおわったらまた掃除しにいきます・・・・・・」


都子ちゃんは、なかなかの使い手でした。
私の学生時代もこんな感じだったなぁ・・・(´ー`)
嘘だ!!


メルヘンベリーは、ぬとりちゃんと同着3位(笑)
案外、ここは妥当な位置なのかもしれませんwww
他のお友達はもっとおかしかった


2008年 少年ジャンプ06・07号

あけましておめでとうございます。

正月でだらけきった性根のまま、
10日以上前には読んでいたジャンプ感想いきます^^


【テニス】

『ボールは分身などしない常に一つだよ』
『ボールは決して消えたりなどしない』

真田の能力が『ボケ殺しのツッコミ』なのは把握できましたが、
無我で発光したり、左腕にオーラを集中させたりというのはスルーなんですかね(笑)

また、超UGD大車輪山嵐を返したのは、実力なのか、事前に越前に暗示か何かをかけていたのかは判断に迷う所です。

最初の、分身と、消える球にいちゃもんをつけた行為が、
言霊による、暗示攻撃で、相手の能力を封殺する効果があって、
後の超UGD大車輪山嵐を無効化したという見方もできます。

なんにせよ、『あえて素に戻す』という行為は、テニスみたいな漫画だと、その振り幅の大きさゆえに破壊力が増したり、増さなかったりするのであなどれませんね(笑)
男塾の塾生が、ただのヤクザ相手に苦戦したり、
世界を制する力を持った歴戦のカブトボーガー達が、少女の『常識的な発言』の前に、成す術がなかったように。

さすが神の子!たいしたやつだ(笑)

(あと、自主的に普通色にそまっちゃう人もいますよねw
日向君も、中学生時代は、サッカーボールでコンクリの壁にヒビいれたりと、無茶してたというのにプロでは…)


【ブリーチ】

あ~ん、ザエルさんが死んだ~(≧□≦)
ようやく死んだかこの変態

 gdgdだらだらの2大巨頭、ザエル・ノイトラのうち、ようやく片方が落ちました。
3週後には、ノイトラさんもそっちに向かわせて欲しいところであります。
(しかし、再生怪人のように、このへんの十刃っていつでも復活してきそうなノリで、そこが怖いですよね^^;)


体感時間がマヒされただけなのですが、百年とかたとえちゃうマユリ様もオサレでナウかったです^^

『おまえらgdgdバトルを1年してたくらいでガタガタ騒ぐな、ザエルなんて百年だぞ!!』

という久保センセのメッセージが感じ取れたのも私だけではないはずなのです。



【マディ】

むむむ、旅に行っちゃうのか…
アラレちゃん と、よつばと!を足して割ったような、地域密着路線で行くのかと思ってました。
(スズだけでなく、キメラフリーク親子も掘り下げて描かれるものかと思ってた)

10話くらいで急展開やられると、打ち切りフラグがギュンギュン感じられるけど、
まだ3話なので、『作者的に計画通り!』なのは間違いなく、全然安心していられる展開なのですが、
良い意味で予想が外れた、となるかは4話次第ですかね。


【初恋】

前号のあらすじ。
『江の本さんのサンタはエロイだけじゃなかったようで。』(原文ママ)


いや、・・・こんな話だったか?(笑)
ふと目にした初恋のあらすじが、怪文章めいていたわけですが、毎週こんな感じなんですかね・・?w

で、今週は小宵ちゃん回。立派な電波っぷりに萌えゆ~ヽ(。∀゚)ノ
しかし何故ここで、山本さんと、小宵ちゃんがToLOVEるのか私には理解できないww
何かのフラグというよりも、多分、水希たんは何も考えてないに1000ペリカ。
近親愛に、同性愛、小宵ちゃんがどんどんおかしなキャラクターになっていくのは面白いんですけどねwwwwww


次回の初恋あらすじ予想。
『山本さんの天然痴女っぷりに、勇者撃沈!?』


【ウロボロス】
話自体は、普通に良い読み切り。
しかし【小畑絵で媚びる方向性がおかしい】という印象がずっとありました。
特にFFみたいな雰囲気が余計な情報として、他の演出を邪魔してる気がしました。
装飾品はもっと普通で良かったんじゃないのかな。

原作者なのか、小畑センセなのか、編集なのか知らないが、何か勘違いしていそうだ。
小畑センセの描きたい絵を描かせるだけじゃ、
『小畑センセの画力を引き立たせる原作を書いた』とは言えないわけで、
使い方をもっと考えた方が良いな。

端的に言うと、ほったゆみセンセとのタッグを再び組ませるべき。
きっとそれで皆が幸せになれると思う。

【ToLOVEる】

当然のようにブルマを描くものと思ったんですけど、短パン…

日和った・・?
展開的に厳しかった・・・?

いや、そんな事はありえない。
いまさら、ToLOVEるで短パンでなくブルマが採用されていたくらいで、
誰がどうツッコミをいれると言うのだろう。

『校長の方針で、うちの学校はブルマ導入なんだって』
『でもブルマって、別に悪くないよね~』
『そうそう、動き易いしね』

『・・・』(春菜ちゃんだけ、ちょっと恥かしそう)

こんな感じでサラッと流して、
はいはいToLOVEるToLOVEる。という感じでいけたと思います。
なのに、なぜ短パンなのか。

それは自らの意思で選択した結果が『短パン』だからに他ならない!!

そこまで気付いて、私は今週のメッセージ性の深さにただただ驚嘆するだけでした。



『過去の文化を懐かしむのも結構…、

だが俺達は先に行くぜ!!』





そんな声がきこえてくるようでした。



『ブルマがエロかったんじゃない、

ブルマをエロイものに昇華させた我々がエロかったのだ!』







心に響く声が、確かに私にはきこえました。





『ブルマにとらわれるな。新たな扉を開け』












すべての学生のために・・・








『時代は、短パンにエロスを求めている。』











俺達は道を示さなくてはいけない!!








『真実は己の中に在る!!』





へへ、短パンにこめられた熱い魂、確かに受け取ったぜ・・・


というわけで、今週のToLOVEるも最高にHOTでしたwww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。