初期と後期で絵柄が変化した漫画

初期と後期で絵柄が変化した漫画


こうやって並べていくと、なかなか興味深いですね。
(中期の絵もほしいところでしたが)

描き込むか、簡略化するか、整えるか、崩すか、
作家ごとに向かっていく方向が異なるのが面白い。

整ってた絵を崩すのは、逆走してるように見えて、上達を感じるのは、
線とか?のメリハリが良くなってるせいだろうか
デッサンを整えられる、という基礎スキルを持つのは当然として、
魅力のある絵を描くというのは、直線とか曲線とか、強さとか弱さとか、そういうメリハリをしっかり区別する事なのかな~

などと、ぼんやりと何かを理解した気になった時に奴は現れた…





robo.jpg


知らない漫画だなー・・・






robo2.jpg



ざわ…









robo3.jpg








robo4.jpg






スポンサーサイト

誰だよ、けいおん!ゴミとか言ってた奴、ぶっ殺してやる!!

けいおん!見てます。(現在3話まで)
面白いじゃあないか、けいおん!
もっと痛々しいアニメかと思っていたけど、全然そんなことなかったぜ。

このアニメのコンセプトは非常にシンプルで、萌えキャラで萌えさせる、それだけです。
しかし萌えキャラ1本で勝負というのは、逆に誤魔化しがきかない感じで、
下手にテーマ性やドラマ性をいれてこない部分が好印象だったりします。

萌えアニメなんだけど、決して安易な方向に流れない、洗練された萌えアニメだ、けいおん!
『おまえはもう、萌えている』という、製作スタッフの声がきこえてくるようです。



<私的キャラクターランキング>

ベース>ギター=キーボード>>>(宇宙の外側)>>>ドラム



ベースと、ドラムの位置はガチ。
100人いたら98人はこう位置づけする。
誰だってそうする。私だってそうする。



*追記

4話観ました。

な!?巨乳設定だと・・・・

『音楽少女はスタイリッシュ=貧乳』という先入観を逆手にとるとは。
本当に、このベースはどこまで萌えの権化なんだ!!!


私的ランキング

澪たん>>シド・ヴィシャス>>(伝説の壁)>>>その他のベース




ウメハラ

ウメの大会動画

ウメスレ
実況板

今、ウメハラの出てる世界大会が、リアルタイムで配信中で、
実況スレとかも盛り上がってて、すごく面白い。これに気付けて良かった。

ウメハラの試合、リアルタイムでみるのも始めてですげーワクワクするwwwwwwww



*追記
むしろ、ジャスティンが光ってました

持ちキャラのルーファスで、ウメ以外の対戦相手には無双状態のジャスティン。
(追い込まれるラウンドがあっても、粘り強いクールな立ち回り。こいつ仕上がってやがる…)

しかし以前の大会で、ルーファスはウメにフルボッコ。
ウメハラ戦では一度もルーファスを使用しない。

対ウメハラ用にアベルを投入。
ウメリュウを、飛ばせない、波動を撃たせない、と対策はとれていたが、
地上戦で圧倒され敗北。いつものジャスティン(笑)

が、敗者復活でルーファスで無双してきて、決勝で再びウメと対戦。

ここで選択したのが、ルーファスでもなく、アベルでもなく、バイソン!
最初は『は?』って感じだったけど、これがウメを圧倒!
地上戦5分で、飛ばせない、撃たせないと、完璧な対策。
ずっとウメは苦しそうに戦ってる感じで、まさにウメを殺すために研究しつくした立ち回り。
ツエー、ジャスティンのバイソンTUEEEE
そして、これを決勝まで温存してた事に驚きます。

最終ラウンド、お互い、体力わずかまでもつれこんで、勝利したのはジャスティン!
ああああああああ、ウメが負けたぎゃああああああああ(発狂)
でもこれ、神試合すぐるうううう!

 ↓
ウメは敗者復活の権利使ってないからここで使うよ^^
 ↓

え!?

 ↓
再び、リュウvsバイソン
連戦により、ウメは、じょじょに対応できるようになって、
ジャスティンは、これまでバイソンを温存してきたメリットが薄れる。
最後はあっさり、ジャスティンに勝利するウメ。



ウメ信者だけど、この大会ルールは、ジャスティンちょっと気の毒だったかなw
いくらウメ殺しキャラを温存して仕上げても、10試合近く連戦させられたら、
ウメは神で、天才で、最強の勝負師で、JOJOでいうなら空条承太郎のような精神的な強さがあるから、対応できるようになっちゃうでしょ。

しかし、調子良さそうに見えたルーファスを使用しない徹底ぶりと、バイソン投入は本当に熱かった。
結果は負けたけど、ジャスティン魅せるねぇ




エンドレスエイト考察

ハルヒ2期を観ました。
(重大なネタバレ含みます)











5話まで一気に観ましたが、これは酷いwww
実に酷い、しかしアニメとしてどう評価したら良いか困るところですが、
これはこれで、エンターテイメントしているなと。
視聴者に、大ハマリを体感させる、ギャンブル性のあるアニメというのか、
パチンコで例えるなら、本編は長いリーチ演出みたいなものでしょうか。

競馬でも宝クジでもいいんですが、客に金と時間を無駄に浪費させても、商売として成り立っているのは、それは『夢』(というか期待感)を売る商売だから、なわけで、
ハルヒ2期の、エンドレスエイトは、まさに、『そういう類の夢』を売る事には成功しているように思いました。

要するに、エンドレスエイトの、『今週こそ何かある・・・』という期待感は、
ギャンブルでいう『今度こそ大当たりが・・・』という期待感と似ていると思うわけです。

そんなわけで、毎週、何かを期待して観続けたのなら、
結果はともかく、その過程は楽しめたと言えると思います。
造り手の目論見としては、それで成功なのではないでしょうか。

私は、アニメで朝鮮人の手口を上手く再現しやがったな、と感心しました。

しかしまぁ、相応のリスクも当然ある。
過程はともかく、結果を知った時の失望は、そのままダイレクトに作品評価に響きます。
(特に、重度のハルヒヲタ、京アニ信者は、そのギミックを正しく理解したとしても、
発狂しておかしくありません。私が重度のハルヒヲタ、京アニ信者なら、やはり、
普通に作品つくってくれ!と思ったでしょう)

何より、DVDとかで販売する時、まじでどうする気なんだろう。
エンドレスサマーは、何話まで続くのか解らないからこそ、観る価値があって、
何回繰り返すかを知りながら見返すとなると本当にきつそうです。

強引にメッセージ性を感じ取るなら、
『アニメなんて、しょせん空虚な代物で、同じ事の繰り返しにすぎない、
本作品はそれを表面化させただけにすぎない』とか、かな。


でも多分、単に悪ノリの産物だよなコレw





(それで、結局ハルヒの不満は、
『宿題を3日で終わらせて、夏休みの憂いをなくして思いっきり遊ぶ』つもりが、
これまでの『計画した遊び』は、『夏休みの宿題を消化し続けた』ようなもので、
真の意味で『自由に遊び』を満喫したい、って事でおkなのかな?)


ゲーム動画いろいろ

最近、自分でゲームするよりも、他人のプレイ動画みるほうが楽しいです。
良かったのを紹介。



フルボイス、ロマサガ3。
このうp主は、初期と比べて、芸がずいぶんと深まってきています。
これはもっと評価されても良い。




ぺけぽこさんの、ドラクエ5RTA講座。毎日正座してみてます。
ちなみに、ぺけぽこさんの、ドラクエ3の方のRTAをみたら、
通常10~12時間でクリアしていたドラクエ3が、6時間きれるようになって、まじ驚きました。
そんなわけで自分の中で、ぺけぽこさんは、格ゲーの神、ウメハラと同列に位置するような存在、いわゆるGODです。
(なお、ウメハラは、将棋の羽生、野球のダルビッシュあたりと同列に位置します。)

ゆっくりヴォイスで、変態度高め。
一般人が引く境界を、ギリギリで踏み越えているので、ネタに対する好みは別れそう。



ロマサガのバグ技再現動画。
ちょっと前に、DQ5のバグ技紹介の動画があったけど、そんな感じの内容。
ただしアイテム増殖やマップ移動なんて生ぬるい、かなりコアな内容になっています。

昔、3地点制覇をこなして、ロマサガを極めた気になっていましたが、
このゲームの闇の深さはそんなものでのはなかったwwww
『実機でここまでできたのかwwww』って感じです。
ロマサガ(SFC)は、何年たってもまだまだ発見があるゲームのようです。

マリみて新刊とっくに発売!!!

一般人として恥ずかしい。まさか、マリみて新刊に気付かなかったなんて。
ここ数ヶ月、情報弱者すぎましたが、マリみて新刊が出れば、たとえ無人島で暮らしていても気配で感づけないといけないというのに!
まだまだ修行が足りませんでした。ごっごめんなひゃい!!一般人の義務を果たせなくて、ごめんなひゃはい!
マリみひぇひんかんがでれるのに、そのひのうちに購読してアマゾンレビューかいてなくてごめんなひゃいぃ!!(エロゲみたいなノリで土下座しながら)



以下レビュー


短編よりも、新生山百合会が気になる一冊。
書き下ろし分のボリュームも多く、密度がある内容です。
菜々にスポットを当てたのも良く、菜々と由乃のやりとりが新鮮で、この2人の姉妹関係の出だしとしては成功しているように感じます。
そして改めて思いましたが、1年生の初々しい目線というのは良いものだw


短編は、オカルト要素を含むもので揃えられています。
私はオカルトが苦手な人間なので、効果はイマイチでした。

『チナミさんと私』
オカルトは苦手ですが、これは○
欠席してる同級生チナミさん、の幻を見る話。
最後に、幻のチナミさんと、本体のチナミさんが同化する演出は、
なんかわけのわからない何かの整合性がとれた感じで、読み味は良い。

オカルト解釈しないと、見えないものを見た気になってる重度の中二病ってだけだけど、
それはそれで可愛げがある。

『ハンカチ拾い』
イライラの連鎖を、ハンカチ拾いに見立てるところには今野センセらしさを感じた。
出会った先輩を、どう解釈するかでオカルトぽい雰囲気だけど、
どっちにせよ、ちょっと良い話としてまとまっていたのが○

『ホントの嘘』
自業自得とはいえ、ちょっとした虚栄心からくる嘘で、存在が消えてなくなってしまった少女、という話には理不尽さを感じる。
救いがないし、投げっぱなしすぎる。
こういうオカルトオチが苦手です。夢オチくらい短絡的なまとめ方だったと思う。

『ワンペア』
マリみてには、ろくでもねぇ男しかいない、という話なのか?w
一也は死んで当然だと思います。
双子の見分けがつかないとか、そんな些細な問題はどうでもいい!
リリアン女学園の生徒に手出した野郎は死ね!!穴に埋まって死ね!!!

しかしこれ、オカルト解釈しないと、生徒に手出して、こじれて、そのまま海外にトンズラしたロリコン教師ってだけなんですよね。
そして、マリみてには、こういうクズ男が実に多く登場するせいか、こっちの方がしっくりくるから困る。

『胡蝶の夢』
朝起きたら、リリアン女学園の生徒になっていた!

あるあるwwwwwwwwwwww(ねーよ!!!!!!)

最初、今野センセが発狂したのではないかと思いました。
幸い(?)な事に、女子高生になったおっさんのドタバタを書きたいわけではく、
内容はおとなしめで、『そういう設定』を出す事が目的だったように感じました。

大きなお友達なら一般的な願望として抱く、

『俺もリリアン女学園に入学してぇ!!
でも夢はいつか叶うって言うけど、これだけはどうしようもねぇ!!
ああああああ、なんで俺は祐巳ちゃんと同級生じゃないんだ!!!!神なんていないんだ!!
うわああああああああああああああああああ(発狂)』

という想いに答えて、
じゃあ、おまえらの夢を叶えてやんよ!!
もう一人のおまえは、こうやってリリアン女学園に通って、祐巳ちゃんとも、桂さんとも、志摩子さんとも、蔦子さんとも関わってるんだよ。
というのが、今回の話なのではなかろうか。多分おそらくきっと。

そして、この周さんは、そんな読者の願望によって産み出されたキャラなのなら、
それは確かに、読者の分身、と言えるのかもしれません。

つまり、ボク達は、マリみての世界に進出したんだよ!!!!!
神はいたんだ!!!想いはいつか次元を超えるんだ!!!!!!!!!!!
万歳っ!!!リリアン女学園万歳っ!!!!!!!マリみて万歳!!!ピザハットばんざい!
今野センセばんにゃいにゃぃ!!!!!!!!!!!!!





『リトルホラーズ』
これは秀逸でした。今野センセも丁寧に話をつくったと思う。

挿絵の使い方もうまい。
乃梨子がまた伝説をつくった気がするが、
最初の髪を結ってる志摩子さんの挿絵があったのが良い。これは印象に残る。


シリーズ3年目は、まだ模索中だそうで、ここには、いろいろな選択肢があると思いますが、
これ読むと、このまま山百合会6人で走り出しても、問題ないんじゃないかと感じました。

どれみ

おジャ魔女どれみ全部(200話くらい)観ました。
名作すぎた。プリキュアより面白かったです、どれみ。
(というか東映は、どれみで、やりたい事をやり尽くしてしまった気がしてならない。)

多彩な才能が集まって一つの作品をつくった感がギュンギュン伝わってきて、
アニメってすげーな!と改めて思いました。
そして、最後にものをいうのは、やっぱり脚本だな、と。
(神作画で押し切った話もあるが)
なにかとバラエティに富んだ作風でしたが、クラスメイトの誰かをメインにした話はどれもハズレなしって感じで良かったなぁ。特に玉木はスタッフに愛されすぎだだろwww

どこに着地するか解らない話が多いのも良い。
魔女っ子ものだけど、魔法TUEEEEEEEEEをしてなくて、(しようとしても意図しない結果になる)
あくまでも自力解決が基本で、それだけにオチが読みにくい。

それから、一歩踏み込んで、リアリティのある話をしながらも、女児向けという縛りは保っていた事だなぁ。
(どれみは児童向けアニメらしく善人しかでてきませんが、それでも筋の通った話が描けている)


一番面白かったシリーズは、無印で、これはテーマ性よりも何よりもエンターテイメントに忠実であった事が素晴らしい。
もちろん、♯、も~っと!、ドッカ~ン!、も良かったけど。

最高の神回は、♯の40話『春風家にピアノが』
開始1分で、めでたしめでたし♪、と終わりそうな所から、さらに掘り下げていく構成が美しい。
どれみさんが始めて美少女に見えました。

一番人気は、おんぷちゃんで間違いなさそうだ。
魔女らしくない、おジャ魔女の中で、唯一、魔女らしい性格しています。

しかし、一番可愛いのは、あいちゃんでFA!!
家族話でスカートはいた姿が、普段とのギャップでいちころでした。
あいちゃん良い子すぎる。


あとは、ナイショで、どれみを完走です。
ここしばらく、どれみばかり観ていたけど、幸せだった・・^q^
こういうアニメもっとつくられないものかな。