スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女革命ウテナみました

『少女革命ウテナ』(全39話)(+劇場版)をみました。

(以下ネタバレ感想)






本当に良い意味で狂ってるアニメで面白かった。
(多分、リアルタイムでみてたら、当時のEVAの印象が強すぎて鼻で笑ってたと思うけど)
音楽と画面の演出は、今でも斬新に感じました。

同年代にEVAがあって、その影響も少なからず受けている造りのせいで、何かと深読みされる作品に位置づけられているけど、
非現実的な演出や設定も、そのまんま解釈するのが一番自然な気がする。
辻褄あわせや、現実との照らし合わせを半ば放棄しているけど、
そういう虚構じみたものが、テーマ性を引き立たせるための装置としてうまく機能している。

まぁ、27話の『七実の卵』だけは、屈指の電波回で、何のテーマ性も感じない上に、本当にわけがわからなかったけど。
(このわけの解らなさも、後々の伏線なのかと思ったが、そんな事もなかったw)
あの卵は、ただのドタバタのためのネタ装置だったんだろうなぁ。

劇場版は、すごく救いがあって、視聴者が望むような形で締められていたけど、ちょっとベタベタしすぎて違和感があった。
地上波でのウテナは百合っぽいけど、百合じゃない。
そこはメッキの部分で、劇場版でも最終的には剥がしちゃって良かった。

このアニメの人間関係は、あまり良い形のものがないんだけど、
それでもバランスをとって収まっているというのが、最近のアニメにはないクールさだったとも思う。
ウテナとアンシーの縮まりそうで、縮まらない距離感も独特だったし。

濃い演出を楽しむのが一番なんだけど、
着地点の予測がつかないカオス展開でも、ぶん投げないで、ギリギリのところで、きちんと収拾させた点が良かった。
ぜんぜん、救われない登場人物達のわりに、不思議と後味も悪くない。

傑作というか、怪作。


スポンサーサイト

舞ーHIME みました

注意・舞-himeの重大なネタバレが含みます。




























というわけで、舞姫感想です。

面白かったです。学園戦隊ものと見せかけて、ひぐらし系アニメで驚きました。
最初は、日常パートが楽しいけど、戦闘シーンいらねーなーって感じで観てたんですが、
4話くらい?から4人目登場して、サンライズのごちゃごちゃしたデザインにも慣れて、
このまま行くのかな~と思ったら、8話でおお、こいつが5人目!?って思ったら、さらにおおおっ!!!って展開で、13話でいきなりクライマックスまでいって、だけどここからが本番開始っっ!!て感じで、
何転もしていくストーリーに、どんどん引き込まれました。
いろいろツッコミ箇所というか、強引なまとめ方をしていると感じる部分もありますが、
そんな部分も含めて、良い意味で大味で、エンターテイナーしてました。



過ちを犯した子達は多いんだけど、
操られていたから、復讐のため、等いろいろと情状酌量の余地があるのが大半なんですが、
生徒会長の静留さんと、シスターの恋人の眼鏡だけは、ギルティだろwww

眼鏡は、野心はあっても、シスターを操るために、「負けたら消える」リスクも背負ってるので
まだいいかなって部分もあるのですが。

やっぱり静留さんですね。
このヤンデレっぷりが後半の一番の見せ場だったように思います。
ひなみざわ症候群もなしに、ここまで修羅と化したのは見事です。
「負けると大切な人が消える」というルールを逆手にとって、なつきを詰み状態にして、無理心中まで持っていたのも見事です。
あれは、ヤンデレ冥利につきるベストENDだったのではないでしょうか
まぁ、あんな鬼を見せられたら、復活後の静留さんを咎められる人間なんてこの世にいないでしょうねw
なつきも、なおちゃんも、ゆきのも、はるかちゃんも、第一機関の人達も、泣き寝入りで正解だと思いますw

ところで、黒曜の君は、マイと手を組もうとしてたみたいだけど、
命を倒しちゃったらおまえも消えるんじゃね?っていうツッコミはしちゃいけないんですかねw

まぁ、何にせよ、楽しかったなぁ。

なお、舞乙-himeは、一話みて観る気が失せました。
なぜか一巡した世界になってて、キャラのイメージも変わってて、全く馴染めない。
これも我慢して5話くらい観れば楽しめるのかもしれませんが、
全く別物と化したので、ここは未練なく切れそうです。
次は他のアニメいってみようと思います。



きゃんどるえんどのなぜなにコーナー

Q1.拍手返信はもうしないんですか?

A1.しないと思います。
新都社のコメ欄を活用する方が、誰にでも馴染みやすく、
そこでいただいたコメも、作者だけでなく読者的にも関心を引くもので、
それが一つの楽しさになっているのではないでしょうか。
と、自分を納得させているところです。

が、拍手返信は拍手返信でノリノリでやれたので、惜しい気持ちは少なからずあります。。
今でも、たまにポツポツといただき、それも励みになっています^^
gdgdにしてしまった事は本当に申し訳ない。

どうでもいいけど、ミスティックマンションのブログでは、
1コメごとに絵をいれて返信してるけど、すごいよね。
絵を描く作業が拷問に等しい自分にとって、これは普通に発狂できる。


Q2.人物紹介は更新しないんですか?

A2.鋭意準備中です^^
(・・・・正直、めんどくせぇ・・・・・)

というか1回つくろうとしたけど、
泣く泣くはしょった小ネタを人物紹介に織り込むべきか、
もしかしたら後々で使うかもしれないから温存するかという葛藤で、断念したんだよね
あとやっぱりめんどくさ・・いえ、鋭意製作中です^^








sugumi.jpg

それから、この珍作のFA描いたのは私です^^
どうも最近の画風は、非実在青少年法案にひっかかりそうな方向に行ってそうな自分が怖いです。
(まじで怖い。これが眠れる性癖だというのか!?)

手遅れになる前に癖のない絵柄に軌道修正しなくてはっっ
(ヤフオクで落札した赤いランドセルにほお擦りしながら)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。