ダンゲロス久々参戦。

ダンゲロス さいばーだいぶ

正直、運ゲにかなり助けられたけど、それでも完封負けしました。
相手陣営のプレイングが光ってました。

こちらの壁役には天敵がいて、序盤は壁として機能しなかったのが痛かったか・・・



<キャラクター>
■3P”ピンキーピッキーピグレッツ”

■エピソード
マサラタウンの森にて、天然の魔人ボーグをモンスターボールでゲットした。

■マスター
本名、田中太郎(28才)は、ケダモノの仮面をつけた全裸ボーガー、通称淫獣。
体格は28歳そのものなのだが、下半身の一部の推定年齢が5歳児並(新品未使用)なので逮捕暦は未だにない。


愛機の3Pを駆使して、ちびっ子たちのボーグを蹂躙するぞ!
素顔と、その能力はまだ謎に包まれているとか・・・


■特殊能力内容
・敵を一時戦線離脱させる 40
・1ターン 1倍
・隣接3マスから1人 2,2倍
制約なし(消費制約+15)

100-(88-15)=27

*シークレット*
遠距離にいるボーグを、マスター本人が
『監禁してイタズラしようとするが1ター
ン後に逃げられてしまう』という能力

■希望発動率
81%



<コンセプト>
コスト高くなりそうな要素を全て省きました(ガイドライン通りの計算式で、かつシンプル)
うまく低コストに収まったので計算通り!
(シクレは応援ボーナスが乗らない、というのを見落としていたという点をのぞけばw)

今回は珍しく、対応の幅が広い便利魔人になりましたが、
対応の幅が狭いけどピンポイントで使える魔人という方が実は好みです。
(ただしそれは読みをハズすと、まじでカスでしかなく、
それでランダムで増援に選ばれたりすると、申し訳ない気持ちにさせられるんですけどねw)(経験済み)



<本戦>
正直、敵のメンツ見た時点で舐めてしまいました(笑)
不安材料はシクレくらいだったんですが、今回、厨キャラは高コスト化で使えない仕様に安心していて、
コスト3.0というのに大した脅威を抱けませんでした(シカシマサカ、アンナ能力ダトハ・・・)

こちらのスタメン案もいくつかあるけど、どれでも勝てそう、というのが率直な感想でして。

本戦も、考えるの皆に任せて、提出係をしながら酒飲んでいいかな?くらいの気持ちだったんですが、
始まってみると地獄でした。忙しい。情報が処理しきれない。良い感じに精神が削られていき、提出ミスまで!!
終止、相手にペースつかまれて、ほぼ思考停止状態になりながら本戦1日目終わって、
2日目に僅かな希望に賭けて、普通に能力不発で投了負け。

うん・・・思い出した。
このマゾさこそダンゲロスだ!!!


<コードG>
味方に何かを付与するシクレは、範囲詐欺ができるのでそれだけで嫌らしいんですが、
『同マスの味方に、前方側周囲1マス敵味方全員を通常攻撃する能力を習得させる』を、
『コピー能力?????』と言うのが意味わからなくて、
これが普通に計算して出せる発動率なら、とんでもない話です。

デタラメな魔人は他にもいたので、
『他のキャンペーンで出てきた魔人の厨能力を味方に習得させるでござる(笑)』もアリで良いと思うけど、コスト3,0!!!!は破格すぎるwww


『無理やりコピー扱い』『無理やりカウンター扱い』というのは、発動率詐欺の温床になりそうだなと、
コードGと、ENTさんのキャラを見て思いました

こいつが不発に終わってしまったのは、幸いなような、何か貴重な体験を逃したような、
そんな気分です。

スポンサーサイト