スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネームすすんでます

ネームすすんでいます。
1週間で1/3・・・
もう1週間で、3/3までもっていって提出します(多分)(おそらく)(できなかったらごめんなさい)

作画担当してくれる人ができたのは本当にありがたい。しかも商業クラス!!!
乗るしかない!このビッグウェーブに!!という感じで、やる気はすごくあるのですが、ネーム遅れたらごめんなさい。

小出しにできたぶんだけ送っても良いのかなとも思うのですが、
その段階で、原作者が語れる事はとても少ない。
(作画の人は最初の読者でもあり、初見の客観評価を鈍らせないために)

『まずは全体図を一回えがいて、通して読んでもらいたい』
という判断から、2週間ほど時間をいただきました。

が・・・まじで遅れたらごめんなさい。
やる気はほんとみなぎっているのですが、
具体的にいうと、もう1週間くらいですね・・・と一応保険を^^;
スポンサーサイト

裏サンデー反省会その2

ツイッターでのステマや、あったけーコメント、本当にありがとうございます。
感謝!ただただ感謝っっ!!

裏サントーナメントは本当に良い企画だ。
『入選しなければ等しくゴミ』という他のコンテストにはない、お祭り的な楽しさがあります。
読者の生の声が聞けるというのがやはり良いもので、これなくして漫画はちょっと描けません。
順位の細かい変動は誤差みたいなもんだけど、『見えない壁のような何か』でグループ分けは確かにハッキリとされていて
『自分は大体この辺のグループ』『もうちょっと上はこんな感じ』というのが解るのも有意義な体験でした。

また読者としても十分に楽しませてもらいました。
Aブロックの作品は全て読了(ポケモンを全部コンプリートした気分につつまれながら)

一番面白かったで賞ラヴゲヱム』 
最初の5ページくらいの印象は『痛々しい・・・滑ってる・・・読むのがつらくなりそう・・・』
がジワジワと、この漫画のテイストが脳を侵食し蝕んでいくと、
すっかりガンギマリな台詞センスに魂を掴まれて、どっぷりハマっている自分がいた・・・
勢いあまって、この作者の過去作品発掘してしまったくらい好き。


ほどばしるパトスを感じたで賞吸血双子探偵パラメトリックブラッド
『くそ読みづらくて、くっそ解りづらい』という欠点をのぞけば、かなり練りこまれている力作。
探偵役が2人(双子)、吸血鬼、といった設定を生かした演出の数々、
血を舐めると相手の情報をえられたり、能力コピーできたり、奥の手の切り札があったりと多彩な活躍
無駄に壮大な仕掛けや、事件の真相とその解決法に後日談、見せ場の盛り込み具合がすさまじい。
漫画力の高い人が清書すればこれは化ける!

裏サンデー反省会

ぐぬぬぬ・・・正直、もっと上位にいけると思ったのですが、裏サンデー舐めてました。
商業レベルとは行かなくても、普通にレベル高いじゃあないか。

「ゆるモノは、『ジャンプで新連載するつもりになって』ニヤニヤしながら描いた。
設定開示の作業だけで力尽きてしまったのが心残り
第4回があれば出し切りたい、今回は最低のリングスターあたりに譲ってやる」

と述べ、次回でのリベンジを固く決意する ゆめの氏
「ゆるモノの続きは?」と聞かれると、途中で会見を打ち切った。

ドラクエ10コロシアム

元気チャージが440時間でカンストしたまま放置してたので、
超元気玉(元気玉はサブ含めて上限20個持たせている)にかえようと久しぶりにドラクエ10にログイン

なのだが、パチンコ中毒者がすいこまれるようにパチ屋に足を運ぶように、そのままコロシアムに直行
気付いたら、そのままキッズタイムが切れるまでコロシアムやってた。
お、恐ろしい・・・なんという中毒性だ。
新シナリオ、新ボス、新装備、勇者姫とのデート、ピラミッド消化だのは、考えるだけでもかったるいのだが、
コロシアムだけはやはり別格の面白さ。
底の浅い対人ゲーながら、職構成のバリエーションが多彩で飽きないんだよなぁ。

結果は、11勝3敗 1切断(途中でキッズタイム切れた)

これまでは野良で僧侶で参加しても勝率5割前後だったけど、
僧侶2のマッチングがなくなったら、やはり自分はアストルティア最強の神僧侶だったんだなぁと再確認
一番の敵は相方の僧侶だったw
基本的に、取捨選択が大事で、
全員を援護しようとすると手数が当然足りなくなるのだが、
そのへんを理解している僧侶はSSランクでも驚くほど少なかった。

最初の2分は味方と敵戦力の分析のためにある
目先のポイントにつられてザオラルしない
1確死しない味方に先読み祈りベホイム連発してできるだけ生きながらえさせる
ファランクスして囮や肉壁になる

基本的にこの4点の見極めが重要だと、このゆめのは考える。
そして神僧侶にとってもっとも相性が良いのが戦士。
たまに『かばう』で死ぬタイミングを無駄に引き伸ばされて窮地においやってくれるが、(その手数を攻撃に回せ!)
それでも1確死しないタフさと高火力、これに神僧侶の神援護が加われば無敵!無敵なのだ!!
スカラ2いれてリベホイムまでしちゃった時の、『てのつけられなさ加減』が後ろからみていて気持ちいい

またキッズタイムで、コロシアムくらいはやってもいいかな^^

三ツ首コンドル1

フフフ、私はこういう伸び代のある新連載が大好物なのですが、コンドルは格別にいいですね。
読みきりで期待の新人現る!という印象が強かったせいで、
1話2話の落差に戸惑ってしまいましたが、3話目にして上手く乗れてきた気がします。
まずはコンドルの良い所から語ってみようと思います。

■.再読時のストレスがない(何度でも気軽に読み返したくなる)

被害者に悲壮感がなく、敵役に不快感がなく、全体的にほんわかしてるのが要因か。
これは一長一短あるので実際は『良い所』と言い切って良いのか解りませんが、
少なくともコンドルという作品にとっては最大の武器となっています。

これが無駄に仕事が丁寧な作家、例えば、ゆでたまご先生とかだと
1話で迷宮に連れて行かれた男達の遺族が出てきて、
『ぼくの父ちゃんはどうなったの?』と主人公に訴えてきて、悲壮感を演出してきやがります。
フフフ、言うまでもなく『美しくない』ですね。
こういう『重い演出』を省いてくれるから、我々は何の気兼ねなくコンドルを読み返す事ができるのです

不快感のない敵役、サルサさんについては後で記事にしたいと思うのでここではカット。
『キャラクターとしては間違いなく失敗』なのですが、
解りやすい外道が私利私欲から村人を虐げるというテンプレ展開であれば、やはり読み返すのをためらう要因になっていた事でしょう。

■.ヒロインがなんか可愛い
細かいツッコミは美しくないので省きますがw
ヒロインのスーさんには作者なりの美学を感じます。
『つかみどころのない性格のマシマロに欠けてる部分を補う役所』と言ってしまえばそれまでなのですが、
この三ツ首コンドルという作品の案内人としてなかなか綺麗に収まっています。
解説に、ツッコミに、凄さや善悪の判定に、大活躍です。

一番読者の目線に近いはずのキャラですが、それがちょくちょく逸脱してしまうのは、
『読者をこういう風に誘導してくれ』という作者からの無茶ぶりに応えた結果なので、スーさんは悪くない!悪くないのだ!
また何度も再読を重ねていくと、そのズレすらも愛しく感じてくるのでむしろオールオッケーな所があります。

なお、主人公との距離感がいい感じ(初期のゴクウとブルマみたいな関係)なのと、
終始、体をはってドタバタしている所も好感でしょうか。
ちょっと崩れがちなデザインと、無造作にかかれたおっぱいなども個人的なツボなのですが、
フフフ、そこはやはり見る人を選びますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。