スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日目

【今治西 1-0 近江】
熊代君、4番としては微妙でも、エースとして大活躍。
四球多めだけど、球は走ってました(^^)

【智弁学園 5-2 仙台育英】
仙台育英の佐藤がここで舞台から降りるのは非常に惜しいです。
しかし、ここは素直に智弁学園を誉めたい!!

どんな剛速球でも、目一杯バットを短くもって、コンパクトにスイングすれば当てる事はできる!
かの野球漫画の名作『キャプテン』で言ってた事は本当だったのです!!!

高校球児が、153kmの低めの球を、上手くセンター前に打ち返したのには痺れました!

実際、150kmのストレートは、マグレじゃ打てませんww
上手くタイミングとって粘れてた智弁学園、執念と努力の勝利です。
スライダー狙い打ちとかじゃなくて、ストレートを真っ向から攻略していった姿勢も立派。
野球とは1人の突出した才能ではなく、チームの総合力で勝つべき!!
個人的には、納得の一戦でした。

なお、敗れましたが、佐藤の怪物っぷりは疑う余地はありません。
本当に『センター前にゴロで安打を出す』までが高校球児の限界だったと思います。
松坂との差は、味方の援護があったかなかったか。
正真正銘の10年に1人の逸材でした。

【神村学園 2-9 帝京】
帝京、盗塁しすぎwwwwwwwww
盗塁を気にして、四球で出塁をゆるすとか、神村学園は翻弄されすぎた感。
昔はしょっちゅう2回戦で消えてた印象のある帝京ですが、
今年は一味違いましたね。
智弁学園との一戦には、超期待です!!

【甲府商 1-2 新潟明訓】
延長12回の名勝負。
甲府商は、この試合ではじめて『ああ、強いチームなんだな』と実感ww
前の境の試合はネタすぎて、実力を測りきれてなかったぜ。

総合力では、明訓が1歩上をいくチームだったと思いますが、
良い接戦を演じました。延長に入ったら、どっちが勝ってもおかしくなかった。

最後の最後に、甲府商のエラーで失点。
ただそのエラーも、明訓が果敢に2塁を攻めた結果ついてきたようなもの。
因果が引き寄せた勝利と言えます。

永井先生の投球も素晴らしかったです。
すごい安定感だと感心してましたが、監督の談話をきくと、結構、波がある投手なのかなww
次の試合も、この投球を期待したいぜ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。