スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年ジャンプ 38号

【テニス】

>『…あの 人がいっぱいいるけど 何かやってるんですか?』

許斐剛が笑いをとりにきやがった。
この見開きは絶対に確信犯!!!
そして、もちろん笑いました。

しかし、ここで切原?しかもダブルス???
外人戦で、このワカメ野郎は、凄まじいポテンシャルをみせて、幸村に匹敵するかもしれないという予感すら覚えました。
てっきり不二か、越前にぶつけてくると思っていましたが、相手は、乾と海堂です。
どうもパワーバランスの悪さを感じました。

もちろんこのダブルスにも見所は多そうで、
特に、海堂がワカメと、波動球対決以上の死闘を繰り広げるかもしれないという、期待感はあります。
しかしそれでも、ワカメにはもっとカタルシス(無我クラスの相手を圧倒する)があると思っていたので、そこは少々、残念な部分です。

デビル赤也が出オチで終わる事はないと思うけど、
許斐センセの、この決断は、予想の↑なのか↓なのか判断するのもままならないぜ・・・
そう思っていたら、
The男爵ディーノの、かがみさんが斬新な予想を立てていました

>S3 ○ 真田 - ● 手塚
>D2 ○ 柳・赤也 - ● 乾・海堂
>S2 ○ 幸村 - ●越前
>D1 --
>S1 --


3-0のストレート負け・・・
これ、ありえるかもしれません。。。
ストレート負けになるかはともかく、幸村と越前がS2で戦う可能性は充分にあると思いました。
(その場合、2-0まではある)

越前が勝っても、その後の対戦は蛇足として切り捨ててしまえば良いと思うので、私には、越前vs幸村の行方は、宇宙の深淵はどこまであるの?という問答並に解らないものです。

それでも、今回のワカメ野郎をダブルスに持ってきた理由として、『S2で実質上の大将対決をやるから』というのは、大変納得のいくものでした。
というか、もうそれしか考えられなくなってますwww

不二の覚醒フラグがあったのに、出番もなく決勝が終わる事なんてあるのか?
チラリと、常識的な思考が頭をよぎりましたが、
金太郎が放置された事から、その伏線は後回しにされても何ら不思議ではありませんね。だってテニスだから

【ToLOVEる】
この物理攻撃無効の幽霊を相手にどのように脱がすのかきになります。
脱がさないという選択肢はないと思っています。
現状の予想では、

『ブラが伏線で、それを自分も装着してみようと自発的に脱ぐ』

です。
あるいは『実体を持たせて、脱がす』ですかね。
果たして長谷見・矢吹の出す結論は??
スポンサーサイト

Comment

No title

そうか、テニヌは今大会で完結すると思っていたが
第二部(?)に続けるとすればこの展開もありなのか・・・。
12週後あたりにリョーマが高校生になってたら凄いな。

第二部は世界大会編かと思っていましたが、

そして3年後・・

というのも充分ありえますね^^

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。