スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリモパンツ

マリモパンツが神ゲーすぎて鼻血出そうだった件。
(注意・このPVをみても、その楽しさは一切伝わらないw)

ラブレジェンドの制作者がつくった、『キャプ翼』です。

まず、ストーリー性は期待できるものではありません。
ラブレジェンドでみせたキレは完全に失っています。
かといって、ラブレジェンド外伝のように、厨シナリオ・厨テキストと、切り捨てるほどヒドイものでもありませんでした。
言ってしまえば、結構ありきたりで、好みの別れる内容です。

私は本筋のストーリーで、会話を進めるために、エンターキーを叩くのも苦痛に感じるくらいにダルかったです。
おそらく、冒頭部分でリセットボタンを押すか押さないかの葛藤を乗り越えた人間が勝ち組です。
(けれど、ここでゲームを投げた人間がいても、その気持ちは痛いほど解るww)

しかし、シナリオさえ高い棚の上に置いておけば、後は最高級の出来です。

登場するキャラクター達は敵チームの脇役にいたるまで個性的だし、
試合の演出面では、憎いほど、こちらの魂を揺さぶってくれます。
そして何より素晴らしいのが、戦闘の、超絶バランス


激戦につぐ激戦で、
試合がwwwwww楽しすぎるwwww
『純粋にゲームを楽しむ』という観点でみると、
マリモパンツは百億万点あげても良いほど素晴らしい出来でした。

こじ氏の作品において総じていえることは、面白いと思った事に対しては一切の妥協がみられない点で、そこには本当に脱帽。
それは技術やセンスと言ったものすらも覆すレベルで、発揮されていると思いました。

半日をゲームに費やしてもいいぜぁぁぁ!って人は黙ってやっとけってくらいオススメです!


そして、ここからネタバレ感想(^^)


序盤は、敵の必殺ドリブルや、必殺シュートを止めるのが困難な上に、連発してくるので、まじで点のとりあいでした。
観客powerは、たわし・スポンジのパス回しと、パンツとサオリのドリブルを駆使。
もっとも成功率が高そうなのを状況をみて選択していました。
ガッツが10減ると、成功率1%下がるというのは、本当によく考えられているルールだと思います^^

重要なのは、一芸に秀でているキャラをつくることだと思い、
得意な分野を重点的に鍛える方針で進めました。
マリモは、主にドリブル特化型で、シュートもちょこちょこあげていきました。

中盤(折り返し地点が過ぎて)からは、新キャラ加入で、
チームを一新。

    スポンジ       サオリ
源さん マン太(リベロ)   チェケOH(ワントップ)
    忍者         マリモ

主にこんな感じ。
マン太は、一時期、ステータスの低さからスタメン落ちも経験しましたが
対ドリブル用に、強力な技を覚えてから才能開花。
リベロ補正もつけて、守りの要にしました。

チェケOHは、シュート特化型。
基本は、ガッツを温存して、必殺シュートを放つ役目ですが、
他が良い感じに疲弊しきった状況の終盤、ロスタイムに単騎がけして、同点ゴールを決めたり、ロボ戦で、パンツのアシストからゴールを決める役目で試合時間を稼いだりと、終盤戦で大活躍でした。

この2人が主戦力で、
マリモ・スポンジ・サオリ・忍者は、基本的に、観客powerをためる要員でした。
(マリモも必殺シュートはちょこちょこうってましたが)

【印象に残ってる敵キャラ】
■.ウンモ先生。
ストレートな馬鹿キャラは卑怯すぎるwww
マリモパンツで、もっとも笑えたのがウンモ先生でした。

■.りょうま
無駄に熱いところが、ラブレジェンドのノリを彷彿させて最高でした。
まさに愛すべき馬鹿キャラでした。

■.ジョージ
大会最強ゴールキーパーの名は伊達じゃなかった!!ww
ソッカーの、『魅せるプレイ』というものをもっとも体現してくれたのがジョージだと思う。
正直、マリモの最大のライバルよりも、キャラが立ってました。


【印象に残ってるバトル】
■.vs女チーム
守りの要のマン太が、まさかの役立たず化で、守備に大きく穴があきました。
これまでも激戦は多数あり『まじでヤバイ』という状況も多かったのですが、今回ばかりは本当にヤバイかもわからんねという心境でした。
そんな中で、ロスタイムに、チェケOHが同点ゴールを決めたのがこの試合、延長戦を制しての勝利。
まじできつかった・・・

■.vsロボ
唯一の敗戦を喫したのがこのチーム。
この試合はムチャクチャすぎるwwwwwwww
いろいろ理不尽(笑)な事が多かったけど、地味にきつかったのが敵のオフサイド無効です。

負けると、経験値と金とアイテムをもらって再挑戦できたけど、
リセットしてのリトライ!
二度とやりたくないけど(笑)この試合はとても印象深いものでした。
最後の最後まで、憎い演出に翻弄されました(^^)
スポンサーサイト

Comment

No title

夜明けの口笛吹きというツクールのゲーム知ってますか?
結構電波ですがしっかりしてて面白いですよ。

知ってます。良い雰囲気でした。
でも、途中で投げました。
戦闘が長く感じるフリーゲームはそれだけでダメでした。
(注意・市販のRPGの半分のエンカウントでも長く感じます)

ラウンジ産は、ロマンシングラウンジが面白かったです(^^)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。