スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクールデイズの最終回

School Days 最終話

sdz.jpg


アニメの歴史がまた1ページ…

16歳の斧っ子が父親を殺害した事件の影響で最終回放送されませんでした。

アニヲタ『オーノー』・・・なんつって^^;

ちょっと気の毒です。
『誠が死ぬのをみてスカッとしたい視聴者』はやり場のない気持ちになったと思います。
(私は、誠死ねの理由が30分で解るという、まとめ動画しか観てませんが、
それでもちょっとガッカリ感がありました。)

例えるなら、小公女セーラの最終回で、
ミンチン先生に制裁が降りなかった時並に納得のいかない結末だったのではないでしょうか。

実際、1話から最終回のカタルシスのために観ていた人は多そうです。
制作者側なんかは、最終回のためだけに、これまで主人公の腐れっぷりを描いてきたように思えます。
ただただもったいないなと思いました。

それから、私がスクールデイズの最初の感想は、『あえてこんな主人公にする意図が解らない』でした。
しかしwikiを一読するとちょっと納得。『原作ファンのためにつくられたアニメ』としてなら理解できます。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。