スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇の花かんむり

というわけで、例のごとく、マリア様がみてる新刊!
薔薇の花かんむりの、キチガイじみた長文感想を始めちゃうぞ( ^3^)/☆


■.お姉さまとロザリオと妹

祥子様立会いの中で、瞳子が妹になりました。
これは演出的なものもあるでしょうが、主に読者への配慮だったと思います。
祥子様は卒業を控えているのに、瞳子ばかりにかかりっきりというのはどうなんだい?と不安になっている読者は少数かもしれませんがいました。(私とかw)

そんな事はないぞと。祥子様こそがメインヒロインだぞと。さっちゃんとマリア様がみてるぞと!
まぁ、そんな感じのロザリオ授与ですごくホッとしました。
瞳子が妹になった事よりも、祥子様が放置されなかった事が嬉しかったので、私は、祥子様寄りの読者なんでしょう。

>瞳子ちゃんと姉妹になっても、祥子様との絆が切れてしまうわけではない

書き手の意図は、この一文に全て集約されていたと思います(´ー`)








いや~~~~、しかし、

それにしても長かった(笑)



『未来の白地図』から、ここまで引っ張るとは思いませんでしたwww
『くもりガラスの向こう側』『仮面のアクトレス』『大きな扉小さな鍵』『クリスクロス』『あなたを探しに』
そして、『薔薇の花かんむり』でようやくです
このドリル、まるで難攻不落のイゼルローン要塞だぜ!

この間、瞳子自体は、魅力的に描かれていたとおもいます。
(私も祐巳の自宅に訪れたツンデレドリルには、ときめきのようなものをおぼえましたw)
しかし『長引かせてる』『作品密度が薄い』というのも最もな意見。
ぶっちゃけると、『曇りガラスの向こう側』『仮面のアクトレス』『大きな扉小さい鍵』でやれた事を1冊でまとめられたら、良かったんですよね。
ドリルの立候補。ドリルの謎に好奇心だけで踏み込まなかった祐巳。ドリルにロザリオを差し出すも拒絶。その場で100数えなさい!
乃梨子!乃梨子!乃梨子!で、レイニー止め以来の伝説をつくれていた気がします。

それでも一般人としては、『ラノベだから』『定期刊行に感謝するべき』と言って、
2年程度ひっぱられたくらい、許容できる範囲なのですが。
(田中芳樹の信者なら、その間に1冊出れば御の字ですからね^^)

ただスローテンポはともかくとして、
瞳子の鬱話を棚上げした状況では、作品全体の明るさにも陰りが出るんですよね。
それが顕著に現われているのが、『曇りガラスの向こう側』だったと思います。
結果として、他のキャラクター達の魅力が霞みがちになるのが不安でした。
実質的には、クリスクロスで大分らしさを取り戻していたと思いますけど。
今回で、完全にいつも通りだなと思いました。

まぁ、何はともあれ、ドリルおめ(≧∇≦)b


■.耳に入ってくる話

ドリルと祐巳の姉妹成立に乃梨子涙目wwwww
入学時の乃梨子は、それはもう狂犬と言っても差し支えの無い異端っぷりだったのですが、
志摩子に牙を抜かれ、ドリルの魔性にたぶらかされて、
立派なリリアン女学園の生徒に収まりましたね。
というか、これまでの鬱展開の中にも救いがあったのは、乃梨子のおかげ。
その功績は非常に大きい!

祥子様に立てつく乃梨子をみたときは、
『リリアンの伝統破壊魔現る!!』って感じで憎らしさすらあったんですけどねw

志摩子さんのデート相手にプチ嫉妬する乃梨子たんも実に可愛いです。
まさかあの野良犬がここまで、立派になるとはなぁ。。
(こういう乃梨子の変化も、立派な成長だと思っています^^)


■.ここにはいない


三奈子様がチョロチョロと出てきていて、挿絵にも出演しちゃっているんですが、
これはいわゆる、消える直前のキャラクターにスポットをあててあげようという、
今野センセの海よりも深い慈悲でおk?^^;
これまで蔦子さんと並んで、百合らしさが微塵も無いネタキャラとして扱われてきましたが、
最後に、真美さんに、お姉さまらしいことができると良いんですけどね。
(今回も、照れ隠しに扇子をあおぐ三奈子様は普通にポイント高かったけどね^^)

演劇部長vs祐巳
まさかここまでやりあうとは思わなかったぜ!(笑)
祐巳はこういう修羅場で、特に機転を利かせたりとかはできないのですが、
身の丈にあったやりかたで、ストレートに発言できるのは強さですかね。
普通の子よりも、一歩だけ踏み込める子なのです。
子羊でのアヴェマリアが際立っていますが、祥子のロザリオを断った頃から一貫してある祐巳らしさだと思います。

■.橋を燃やせ

~祐巳へ 明日の放課後 体育館裏で待つ~

祥子様からの決闘状、体育館裏で、唐突に祐巳を突き飛ばした祥子、その真意とはリベンジ!?(とても誤解をまねく文章)

というわけで、遊園地デートktkrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr!!!!!!!!
薔薇のミルフィーユ以降の刊から『瞳子止め』をくらっていましたが、
前回の遊園地デートでは、柏木が『1つ上のステージの関係を目指せ』という発言を残しています。
要するに、祐巳と祥子の関係にも変化は必要なのです。そのキッカケとなるのは祥子の卒業。
まだ結論が出る事ではないと思うけど、甘い展開頼むぜ!!!

さて、ここで謎解きです( ^3^)/☆

『受験は終わったというのに、何かの勉強をしていた祥子様』
『祐巳に遊園地に行く事を伝えた事で、橋を焼いた(背水の陣をしいた)』
(後になって解るが、『なにやら、柏木が家庭教師になっているようだが…?』)

これは解ったよww久しぶりに今野センセの謎解きをクリア!!!
青田車の下よりもフェアな内容だったと思います。
一般人なら、薔薇のミルフィーユの遊園地デートで、『柏木が車で来て便利だった』という情報は知ってて当然だからね!!!

そして、ユキチも遊園地デートにくるわけですね^^(リベンジだからね!)

■.サンタの差し入れ.奇跡の仕事人.ワルツはいかが


演劇部長と瞳子の劇は、ヘレンケラーでした。
実際、練習が白熱するとすり傷だらけになるようなものなのか私には解りません。
が、演劇部長にも傷がついているのをみて祐巳ちゃんは信じると言ったけど、
密室で2人きりで練習をする瞳子と部長、過激な接触もあるというシチュエーションに、
私は、何かエロイ妄s…すいません、こ、この口が!(自分で自分を殴打しながら)

うす、リリアン女学園は、純粋培養の乙女の園っ!
スカートのプリーツは乱さないように!白いセーラーカラーは翻さないように!
そんなはしたない生徒などいようはずがないのです!!

隠し芸。
サンタは差し入れすると同時に、1年生ズに入れ知恵もしていったみたいですね(^^)
聖様の、山百合会の面白改造計画は、今年も実行された模様です。

そして、ワルツで締め。
実に良い。残った謎というのも、作中で容易に解けるのがなおさら良い。

ここまで読後感の良い、マリア様がみてるは

パラソルをさして以来と言って良いでしょう!!




■まとめ

 作中の2年目は、『3人姉妹の関係』というのが、意識的か無意識か知りませんが、避けられてきていました。
実際、紅・黄の姉妹に、さらに1人加えるというのは難しかったんだろうなぁと思います。
祐巳には祥子がいれば良いし、由乃には令がいれば良く、その関係はすでに完成されているからです。

姉妹になるって言う事は、簡単に済ませようと思えば済ませられたと思います。
しかし気軽に友人を増やすような類ではなく、
祐巳にとっての祥子、由乃にとっての令と、同格の関係でなければならない。
そんなこだわりが今野センセには徹底してあったように思えます。
なので、可南子が祐巳と姉妹にならなかったから由乃の妹に、といった安易なリサイクルもしなかったのだと思います。

瞳子関連で、gdgdな部分もありました。それでも、
『マリア様がみてる』の要の部分。
姉妹の契りというものの、『重さ』『神聖さ』といったものは最後まで守り通したと思います。




 祥子卒業で、マリみてが終わるかどうか解りません。
切実に終わらないで欲しいです。
(続ければ、『祥子卒業で終わっていれば良かったのに』という発言はでてくると思いますが)

続く続かないは置いとくとして、
祥子の卒業は、姉妹から、対等な付き合いにシフトチェンジする頃合だと思っています。
柏木の言う『1つ上のステージの関係へ』というのも、つまりそういう意味でしょう。

そこで祐巳が、『お姉さま』から『祥子さん』と呼び方を改める事で、
また新鮮な緊張感が産まれるのではないかと思います。
『それはマリみてらしくない』とも思うのですが、
祐巳の3年目は、リリアン女学園からの卒業がゴールになります。
そこで成長を描くとなると、姉妹制度からの脱却というのは避けては通れないテーマになります。
『これまでやってきたものの否定』ではなく『素敵な時間には限りがある』という意味でね。

できれば、そこまで描ききって欲しい!!!!!!!!!!!
と、心から願っています。
今野センセは神です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。