スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 少年ジャンプ52号

【ハンタ】




冨樫。


今週はもう、さすがは神だと思いました!!!
一般人なら全身を歓喜で満ち震えたピトーとシンクロせざるをえなかったと思います。
もちろん崇拝の対象は冨樫センセです^^

会長とゼノが目前に迫っている状況で、
ピトーは命令されてもコムギの命を優先しないだろうと思っていたんですけどね、
王が覚醒するのは”コムギが死ぬ前”にすることで上手くまとめたと思います。

王はブチキレ覚醒1択だと思っていたので、今週は綺麗に意表をつかれました。
ハンタとテニスは、定石で考えるケースをまず捨てなくてはいけない!!
というのを解ってはいても、ついつい、ひっかかってしまいますね^^
でも、展開予想なんて当たらない方が良いんだw
この衝撃のために、漫画を読んでいると言い切れるのだから!!!

そして、コムギちゃん生存フラグ が何より嬉しいです!!!!!!!!!!
バンザイっばんじゃいっばんじゃい゛っぱゃんに゛ゃんじゃんじゃいぃぃっ!

今週の王のカリスマ性も異常でしたwwwwwwwwwwwww
会長とゼノが攻撃を止めて見守っていたという借りも全てひっくり返して、
相手の死線を悠然と横切った演出なんか、もう完璧です。
キャラの底が見えない魅力を描く事に関して、冨樫センセは本当に惚れ惚れしますね。
(ビスケが、ビノールトをボコる演出も好きです^^
『こいつ強ぇぇ!!』というのに、すごく説得力を感じます)

この最強対決まじで楽しみです。

一方の後藤さん、もとい、ユピーは、
なんとかならんでもないといった感じでしょうか。
そして、ここぞで頼りになるのは、やっぱりモラウさんなんだなぁという印象。
このおじさんは、理想の上司だよ。煙の能力の使い勝手の良さも異常wwwwww
ヒソカのバンジーガムよりも応用力あると思う。ナイス3連コンボでしたwwwwwww

ピトー、ユピーの動きを封じて、王は分断。
あとはプフの動き方がどうなるかですね。

会長(+ゼノも?)vs王
ゴンvsピトー
までは確定とすると
残りは、キルアvsプフしかないと思うけど、どうなのかな。
何にせよ、どのカードも、10対0で王側が勝つ気がするんだけど^^;
(唯一勝てそうなのが、ユピーかな)

真っ向勝負での打開は難しそうなんですが、
悩んでいた王が出した結論次第では、それで物語を収束する事も一応は可能なんですよね。
コムギに向けた慈愛を、他の人類にも向けられる度量があれば、
東ゴルドー共和国の王の座に収まって、『国は以前よりもマシになった』という着地点を迎える事も可能です。
でもレベルEでやったような内容を、ハンタでもう一度やるのは冨樫センセのジャスティスに反すると思うので、
人類と王の和解エンドだけはないとも思うんですよね。

あと2週ですが、
王とゼノ、ピトーとゴン、プフとキルアといった、お互いの対戦相手と対峙して、
さぁバトルだぜぁぁぁ!という所で休載の予感。。


【テニス】
ついに、木で打った石で猪狩るようになったかwwww
どんどんハードルが高くなっていくな・・・(ゴクリ)

もちろん、これくらいの事は、ラケットとボールさえあれば、
全国レベルのテニス選手なら大体できそうなんですが、
やはり木と石でというのがポイント高いですね。
テニス選手の人外っぷりは、テニス関係なく発揮される。
というのが証明されたわけですから。
テニス選手に野球のバットを持たせれば、きっとメジャーリーグでも大活躍できるでしょう。

天衣無縫というのは今週で大体わかったような気がします。
テニスという本質に触れていれば、それがテニス。
ラケットとボールを使わなくても、テニスはできる。
そんな意味に思えました。
じゃあテニスの本質に触れるとは何か
それは、きっとテニスの在り方を心で形成する事なのではないでしょうか。
ボールをラケットで打ったり分身したり、オーラ出したりゾーン出したり瞬間移動したりするのだけが、テニスではないという事ですね、きっと。
天衣無縫とは、心のスタイルの問題でFA!!
テニスとは心でするものだったのです!!!!!!!



【ブリーチ】
最近のブリーチは、本当にわけがわからなかった(笑)
20週以上に渡って、ループ展開を淡々と繰り返していただけとしか思えませんでした^^
ただし私は、冨樫センセをどの漫画家よりも尊敬していますが、
それでも週間ペースで原稿を仕上げるというのが、何よりも高いプロ意識の現われだと思っているので、
久保センセや岸本センセも『大した奴だ』と思っています。
長い連載やってりゃ、こういう事もあるかなと思ってましたが、ようやく霧が晴れたような気がします。

シスコン兄さんの言動の全てが素晴らしかったです。どこか跡部様に近い属性を感じます(笑)
劇場版で裏切りもの(笑)という扱いの、
日番谷隊長は、本編での出番を自重させられて涙目っぽいですがwwwww
この隊長バトルは楽しくなってきました。
次も瞬殺キボンヌだぜ^^


【スケット団】

ジェネシス懐かしいなぁ。
中学の時に部活でやってたわ(地区予選の2、3回戦で消えるような選手でしたが)
やってみりゃ解るけど、あのフリッパーはかなり扱いづらいので、リードエアだけ狙ったチキン戦法じゃ1回戦勝つのも難しいぜ。
ちなみに私は防御特化の居合系でした^^
(リードエアを捨てるかわりにブレイクゾーンを小さくする構えから、居合斬りの要領でネッティンを狙います)

地区予選は、相手との目線の読み合いや、フェイントの入れあいで、まぁ勝ち抜けたりもするけど、
それでもベスト8あたりまで残るような連中はヤバかったです。とても歯が立ちません。
地区最強の鳥人イカロスっていう異名を持つ選手がいたんですけど、あいつの空中キャッチは芸術の域でした。
うちの部活の先輩の、5歳からジェネシスを始めていた、一番手も、イカロスの前には子供同然の扱いでしたね。
まぁ、そんなイカロスも、県では一回戦で敗退とか、どんだけ上には上がいるんだよって世界なんだけど。
(県レベルまでいくと、相手のジェネシスウォークライダンス観た瞬間に、私なら戦意を喪失しますね)

県大会のジェネシスは、観客席に選手をどれだけぶっ飛ばせるかを競うゲームとしか形容できなかった。
完全に殺るか殺られるかの世界でした。

全国レベルまで行くととにかくヤバイ!
完全に私の理解の範疇を超えていました。
有名なジェネシス選手が『3次元で戦うのは県大会まで』と言ってたように、何かもう別の次元で戦いが繰り広げられていたんでしょうね。
全国優勝した輿前空摩なんて、試合前はちゃんと15歳の少年らしい外見だったのに、終わった後は80歳くらいの老人にしか見えなくなってたしね。
全員周囲に光をまとっていたので、人間かどうかもあやしい選手ばかりでした^^;

試合も、ひとつひとつの動作はとても視認できませんし、
1瞬にして片方の選手が血まみれになって吹っ飛んでいたり、コートから消失したりなんてのがあたりまえの世界でした。
(突然の異常気象にみまわれて選手が落雷を受けたり、空から建造物が落下してくるなんて事もあった)
気が付くと、観戦したはずの試合の記憶だけ何故か失われている、なんて事もあったので、
全国大会の観戦は素人にはオススメできませんね。
(周囲の治安が悪いのか泥棒もよくみかけましたが、泥棒なんかよりもジェネシス選手の方が怖いです)
そういう解りにくかったりする部分が、まぁマイナースポーツの理由なんでしょうね。

なおテイルの呼び名は地方によって違うようです。
『ワンピース・フェアリーテイル』と呼ぶ場所もあるけど、
千葉では『カウビハンター・ブラックキャットテイル』と呼んでいました。

今週のスケット団で、ジェネシスの認知度が少しでも高まれば良いなと思います^^

【勇者学】
コスプレにセンスの良さも悪さもないんじゃね^^;;
イケメンがやっても、面白くもなんともないと思うんだけど。

以前、
リネージュというゲームのコスプレコンテストというのがありました。

ネトゲーと、コスプレ。
負のイメージがかけあわさって『痛い晒しイベント』にしかならねぇと多くの人間が思いました。

ところが、入賞者達は以下のようになっています



























■.コスプレネーム・明日香さん^^
azoom02_02.jpg




■.コスプレネーム・あんこさん^^
bzoom06_01.jpg



■.コスプレネーム・櫻井ゆゆさん^^
czoom07_01.jpg



■.コスプレネーム・神楽侑さん
doom08_01.jpg



■.コスプレネーム・太陽に弱いさん
eoom09_01.jpg



■.コスプレネーム・ルーンライトさん
foom15_01.jpg











なんとビックリ、みんな微妙素晴らしいレイヤーさんばかりで、
逆に期待を裏切られる結果になってしまったのですが、
そんな中でも、人気を集め、一躍有名プレイヤーとなったのが、















RKV2.jpg


ルーンライト様です

まさに理想のナイト様のイメージに完全一致しすぎて全鯖の住人が惚れた!!!!!



要するに、コスプレで大事なのって、インパクトじゃね?
と思うわけです。
正直、盾君のアプローチの仕方の方が私には、理解できるものでした。
(まだインパクトがたりないけどwww)




BP.jpg



まぁ、最も大事なのは、元ネタ知ってるかどうかだと思うけどねw
レッドナイトフード被って、ブレイブポーション飲んでるルーン様とか、超絶かっこよすぎるよぅぽ、ぽうぅっっvvVVv

『みwなwぎwっwてwきwたwぜ!wwwwwwwww』という叫びが今にも聞こえてくるようですwwwwww







【こち亀】

>『いわゆる隠れ家的料亭だよ』
>『すてき』
>『そこにしましょう』


うん、まぁ、『隠れ家的お店(笑)』という言葉が流行るのは、そう悪い事じゃないんですけどね。
ろくな価値基準も持たないスイーツ(笑)が、狭い不人気店を、狭い不人気店というだけで見下してしまうよりは、
『隠れ家的(笑)』と言って、狭い不人気店も受け入れさせる心を持てるなら、それにこしたことはないですから。

なんだか本質を見失っている、と思わなくもないけど、

例えば仕事と思って歩けば、重くなる足取りも、散歩だと思えば楽しめたりするわけで、
スイーツ(笑)の言語は、人を前向きにさせる効果が確かにある。
にわかのサカヲタが、スーパーサブ(笑)だのボランチ(笑)だのファンタジスタ(笑)だのリスクマネジメント(笑)
だのと言った言葉にばかり食いつくウザさに比べれば、まだ実用的なのかもしれません…


ヽ(`Д´)ノ それでもUZEEEEEEもんは、UZEEEEEEEEEEEEE!!!!!
特にこち亀でやられると、とてもイラッとくるのは何でなんだい?


【トリコ】
お帰りしまぶー。連載向きかは微妙だけど、面白かったです\(^o^)/

『腹がへって腹がへって死にそーな程空腹な奴が…
スーパーマーケットで目の前のパン切れを盗んじまう…
それだって簡単に
理解できる』

つまり、しまぶーにとっての『パン切れ』が『女子高生』だったと言いたいのかな?w
何気ない台詞に、しまぶーの訴えが含まれていると思ったのは私だけでしょうか。

話自体は、ジャンプの読み切りのお手本みたいな展開ですが、
57ページによくこれだけの設定を無理なく盛り込めたよなぁというのが感心した部分。
しまぶーのセンスは衰えてないどころか、一皮むけたなって感じで期待できるぜ。
このまま新連載きぼんぬ



【P2】
正直、スケット団打ち切られないで良かったという気持ちが一番強いかな。。
ただ成長性の素晴らしい作家だったので、打ち切りは残念です。
腐女子狙いを外してたのと、身内のキャラ立ちを意識するのが遅かったというのが敗因なのかな。
それでも『ジャンプで勝負できてた』と思うんだけど。1歩及ばずって感じですかね。

アキラちゃんでブレイクして、アキラちゃんで締め、というのはらしい終わり方だったように思います。
赤マルで最後の補完は、読んでも読まなくてもいいかな(´ー`)
P2乙でした。


【銀魂】
空知センセは、ネットもMMORPGも、初心者ぽいと勝手におもいこんでます。
知りあいかアシかにリサーチとって描いてるに500ペリカですが、大体は正しい内容だったと思います。
しかし(爆)は『爆笑』ではなく『自爆』という意味だから、2度と間違えるな!!!!

あとどうでもいいけど私がネトゲやってた頃、
DMCのクラウザーさんばりに、中の人とのギャップがあるキャラクターを演じて、
『自分はこの世界の神だ』という意識を持ってやってた時期があるのですが、
リアルでも尊大な態度をついついとってしまいそうになって難儀した記憶があります^^;
ゲーム世界だけのロールプレイが、現実にも影響を及ぼしそうになったのはちょっとした恐怖でしたww
ネトゲは怖いぜwwwwwwwww



【ToLOVEる・初恋】
中学で全国一位になって、オリンピック候補生にも選ばれたけど、
胸が大きくなって恥かしくなったから水泳やめちゃいました\(^o^)/

はいはい、スイーツスイーツ(笑)(笑)
水希たんの漫画の登場人物は相変わらず思考回路がすげぇなwww
水泳で全国1位という背景よりも、
巨乳という悩みを抱えた思春期(笑)の方が深く掘り下げられるとはwww
さすが初恋っすwwwwwwww
(そこから隠れ巨乳が水着に着替えるという演出につながるわけだから、漫画的には正しいけどねw)

ここ最近、いちごの頃のあざとさも取り戻してきているのも、良いです。
これまでは、高い水準の画力があっても、内容が一部のヲタ向けでしかないと思っていました。
(注・リアル恋愛路線と言うには、ギャグとしか思えない内容でしたwwww)

それでこそToLOVEるのライバルだと思います!!!!!!

そんなToLOVEるも、初恋に負けずにやりあっていると思います。
ToLOVEると初恋のページに折り目をつけられたジャンプが今後も量産されていく事を願っていますwww
まさに、男子小中学生大歓喜wwwwwwwwww


スポンサーサイト

Comment

はふぅ

トリコさんが☆イイ( ̄∀ ̄)

いちいちカッコ良くてココロをネッティン(^∀^)されますた!!

しまぶ~さすがだわ♪

No title

トリコは、しまぶーの良い部分が発揮されていたと思います。
たけしって、『リーダーパンチぁああああ!!』とか言いながら、殴り合いしてる印象が強かったけど、
そういえば、短編の話も上手かったのを思い出しました。
(サンタのおっちゃんの話とか)

No title

今週のブリーチは本当に訳がわかりませんでしたw
億の刃の隙間から朽木隊長見えてるんだからアモールすれば良いじゃないかw
なんで、あの状況で負けれるんだw

と、久しぶりに出てきて会話はブリーチですみませんorz
東西戦はモチのロンで参加だと思いますが頑張りましょう。
えと、参加しますよね?(何か不安になってきた小心者)

No title

もちろん東西戦に参加しますよ^^

全体攻撃系の没キャラを出して、再エントリー中(笑)

今週のアイシルの演出がいつになくぎこちなかった件
もっと絶望感を掘り下げてく場面じゃないのかなぁ…

No title

うん、アイシルを読んで『この先どうなるんだろう』ってドキドキする事は無いんだよねww

面白いことに対するツボは抑えているから『漫画として楽しい』けど優等生すぎて、
全体的に予定調和な空気はある。今週に限らず^^;

『定石もろくに知らない人間が描いた漫画』よりは、圧倒的に楽しいんだけど、
ハンタ、テニスと比べると、物足りないんだよね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。