スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 少年ジャンプ01号

【ハンタ】
このまま10週を10秒以内に抑える気なのかwww
『10秒に10週分の密度をつめよう』とか、考えても普通しないというのに、冨樫センセときたらwwww
賛否両論があるかもだけど、モノローグが多いのも、この試みで行くなら必要不可欠の演出ですかね。

『漫画の常識をまた一つぶっ壊した』と素直に賞賛したいところなのですが、
(注意・常識もろくにしらずに、ただ奇抜な事をやるのではなく、
漫画としての楽しさを何より先行させた上でやってのけた、というのが評価の最大のポイントなんだぜ)

それでも休載前提なのが、やっぱりもったいないかな(^_^;)
『続きはいつやるのかもわからない』という不安感が、すごく足ひっぱってる気する。
しかし普通に連載していては、できない展開だしな。何とも複雑です。

今週は、先週に続いて、モラウ・シュート・ナックルの3人の連携がとにかく素晴らしかったです。
しかしモラウさん、ユピー戦で足止め役して、プフとタイマンしにいくとか、どんだけ頑張る気なんですかww

来週はやっぱり、さぁバトルだ!!
ってところで引きな気がしますね。
そしてコムギ修復しているピトーをみて、ゴンがどういう反応を見せるかな。
ここはさすがに『決意を鈍らせずに、黙って治療が終わるのを見守ってバトルへ。』の1択だと思うけど。



【テニス】
最後の懐かしい集合で、知らないやつが結構いるwww
主に正面3人が誰かわからなかった私は、テニス好きを名乗る資格がないのかもしれないww
宍戸(?)の弟だったかがまざってる気がするが、それすら自信がない。
日吉と田螺と白菜はわかるんだけど。。
序盤はろくに読み込んでいないんだよなぁ^^;;;



【サイレン】

(^v^)みえるひと作者の新連載、超期待!

 ↓
 
(*´p`*)・・・?

 ↓

(^ω^;) ・・・

 ↓

( ´_ゝ`)・・・・・・

 ↓

('A`)

やっちまったな・・・(笑)

私から言わせれば、この漫画は、
面白い、面白くないを論じる以前の問題。

普通に可愛いかった女子中学生が、ヘタクソな厚化粧をして、
見るに耐えない醜さを周囲に撒き散らしていて、
当の本人だけそれに気付かずに(私ってアダルティ♪)とか思ってるような、そんな感じ。

いいから、その厚化粧を落せと!!何が戦慄サスペンスだと。
勘違いすんなと。自分の魅力を逆に殺してるぞと。

みえるひとで、素晴らしい成長性を期待させて、、
行き着いた先が粗悪な中二病とか。理解に苦しみます。


【銀魂】
ネトゲーに対するメタファー満載で面白かったです。
『この3週間の狩りで俺達は何を得たんだ?』とか
『俺達の最大の収穫はレアアイテムじゃない、仲間だ』とか、
ネトゲーを軽くでもやった人間なら誰でも一度は交わすやりとりですww

『ゲームばっかやってないで、リアルに帰れクズども』
だけで終わらないで、そこから一歩進めたのも良かった。
ネトゲという負の題材をジャンプらしく料理できていたと思う。
怒涛のオチもとにかく勢いで持っていたわけだけど、
桂と近藤が手をくんで『俺達はフルーツポンチ侍Gだぁぁぁ』とか、
ギャグでやってるようで、何気にカッコイイから困るwww

投げっぱなしのままマダオ落ちだったけど、
おそらく来週からは、何事もなかったように、
いつもの銀魂に戻っているに違いない(笑)


【スケット団】

ヲタ話題なので、スイッチが普段より饒舌でノリノリだったり、
声優業をただ華やかなイメージだけを先行させて描かなかったり、
魔法少女アニメが狂ってたりする部分が好印象。(最近のは実際こんな感じw)

個人的に、枕営業を臭わせるまでやってくれたのがGJです。


【こち亀】
秋元センセ、ついに気が狂ったのかな。

扉絵のあまりのヒドさに、逆に笑えた。見返しても笑える。本当にヒドイwwww
無駄としか思えないコマ割で描かれた、ゴミのような内容の2コマ漫画。
そして目を疑う一文[日常その1](シリーズ化するの!?)

本当にありえないと思うんだけど、
来週もこの2コマ漫画をまじでやったら、やっぱり笑いを我慢をできる自信がないwwww


【ネウロ】
すげー上手い演出だと思いました。
6の一族は、前評判通りに、キッチリ仕事した。
冒頭で、犯人と、善良な家族、両方を描いて、
それを圧巻の見開きの洪水で全部飲みこませる。
DRが、並の犯人と比べ様もない巨悪だという説得力が伝わりますね。
6の一族が介入した歴史背景は、まぁ、ともかくとして(笑)
松井センセの描くインフレ展開はそんじょそこらのインフレ展開とはわけが違うぜ。


【ブリーチ】
どっこい生きてた名前も覚えていない十刃。
いい加減にしろよ久保がああああああ!!!!!何度ループすれば気がすむんだ!!!!!
とブチキレかけたけど、今週も見事な兄様節だったのでむしろOKでした(^v^)

この2人のやりとりは本当に素晴らしいです。
十刃のフリに、兄様のオサレで返す。完璧なコラボレーションと言うべきか。
兄様は、舌戦の巧緻さが半端ないのですが、それも相手の十刃のアシストあってのものですね。
今週の、流れは以下のようになっているわけですが、

①命乞い→②眼で黙殺→③逆ギレ→④オサレ口上→⑤万歳万歳

①に対して、いきなり④を持ち出さないところが兄様のテクニックです。
この段階で『おまえは俺を怒らせた』と言って斬り捨てるのは2流のやりかた。
この兄様、ありふれた非情さアピールなどという目の前の餌には釣られません。
ここで②であえてタメをつくった兄様が優秀なら、
その隙を見逃さずに③で反撃に転じた十刃も優秀。
あの逆ギレという最高のパスがあったからこそ、兄様は最高のオサレを発揮できたと信じています。
そして④で、世界一かっこいいシスコンアピール。これ最強。
締めの⑤で十刃が最後に万歳しながら散っていく姿には、やり遂げた男の美しさがありました。
大舞台の影の立役者は間違いなくこの十刃です。

ここまでオサレが洗練されていると、冗談抜きに芸術性を感じるのは私だけだろうか。
久保センセのオサレは、高みを目指して今も進んでいるのを実感できるんですよね。
ここまでやられると、もう認めるしかないだろ、的な。
そんな巧みの世界を垣間見ました。
久保センセはたいしたやつだ(笑)


【アイシル】
パワフル用語の設定がまさかこんな形で活かされるとは思いもしなかったぜ!!
今週は、どうみても小結神回。
これで奮い立たないなんて、ファッキンデブは精液薄すぎるな。


【ToLOVEる初恋】

初恋は今週、可も無く不可も無くすぎて語る事がないです。
スイーツ分があればけなすけど、無いと、物足りなさを感じるのは我ながらどうかと思います。
『キャバ嬢は馬鹿だ』と思いながらも、
ついついキャバクラに足しげく通ってしまう世のお父さんの心境ってこんなものなのかもしれませんね。

しかし今週は、ToLOVEるにスイーツ(笑)があったので驚きでした。
あのスライムは、どう見てもケフィアですよね。

ケフィアスライムをみて、スイーツ予備軍の女の子は、
『いいな~、私も全身ケフィアまみれになってみたい』
なんて思ったりするんじゃないかな^^
そして男の子は、
『いいな~、女の子をケフィアまみれにしてやりたい』
と思ったりするんでしょうね^^

そんなほのぼの漫画のToLOVEる。
どこからどうみてもエロ漫画としか形容できず、今週すごく不安になりましたwwww
長谷見センセ、流石にストレートすぎるよwwwww

『初恋なんて眼中にねぇ!俺達の敵はPTAだ!!』

とでも言う心構えなのでしょうか。
(実際、有害図書認定されても、ToLOVEる的にそれは勲章なんじゃないかなとも思うけどwww)
スポンサーサイト

Comment

No title

コムギが大丈夫だったと読者を安心させて
修復しているピトーをゴンが攻撃
コムギが最後の力で助け氏

No title

>修復しているピトーをゴンが攻撃

ゴンの一途さは、見境のないものではないのでそれはないぜ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。