スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンゲロス東西戦

ダンゲロスの修学旅行


敵の90%命中攻撃を、味方の1人が回避してくれた事により、
紙一重で勝てました。

『あへんとたいま』さんの、リアルラックに感謝。
あの回避がなければ、DP負けしていたと思うし、
危険度MAXの能力者、シスターXが2戦目にも出場するという悪夢のような状況になっていたと思う。
今になって思うけど、DP勝ちなんかより、シスターXを始末できたのがデカイ(笑)

勝ちは拾えたけど、DP差はわずか1。
次の2戦がやはり重要で、おそらくそれを制したものが勝者になると思う。(たくさんDP稼げる仕様だから)
こういう展開は、GK的に『計算通り!!』って感じなんだろうなとも思う。よく考えてるぜ。

 11月20日ごろから、途方もない作業量を重ねてきただけあって、密度の高い戦いでした。
お互い、初手の封じ手を、完全に読みきっていたのも熱かった。
西は、城を封じないと壊滅していたし、
東は、すでに城を封じられるの前提で作戦会議を開いていた。

その後の西の、情報のないシークレット能力者をコンボに組み込まれて1ターン突撃されることを、読みきれなかったわけだけどw

シークレットってのは本当に理不尽極まりない!!
西軍は、東のようにフルオープンで正々堂々と戦うべきだと思う!wwwwwwwwwwww
(前回のダンゲロスでは、5人中シークレットが4人だったことを高い棚の上においといて)


なお、相手のシークレット能力に対する予測で、
『ぎんこの3回行動』という、なにげに良い読みをした人もいたんですけどね(笑)
(私はその考えを切り捨てさせて作戦を進めたけどwwwwwwwww)

 しかし、その予測を回避するために、目の前にいる、遠距離全体攻撃能力者の射程に、複数の仲間を配置できたかというと、まずできなかったと思うわけでwwwwwwww

 幸運が味方して最後の殴り合いを制することができたけど、
内容的には、西が輝いていましたww
東、ほとんど何もできなかったよ(^ω^;)

 西の人間には、2戦で、地獄を見せたいと思います!!!!!!

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。