スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小2ダンゲロス

小2ダンゲロス~二年B組人妻先生~が終了しました。


mb.jpg


【キャラ名】:メルヘンベリー
【性別】:女
【一つだけ設定できる特技】:はかいこうせん
【10行以内のキャラ説明】
星型の魔法のステッキを使って、
クラスメイトの悩みを強制的に解決したがる魔法少女。
自分の『魔法』で何でもできると思い込んでいるが、
杖から放たれるのは、いつも破壊光線である。
失敗つづきだが、クヨクヨしない前向きの性格なので、反省する事は無い。
彼女に殺されないためには、弱み(悩み)を見せない事が大事だが、
わりとハヤトチリをする性格なので、
勝手に何か悩んでいると思い込んでしまいがちのドジっ子魔女。


【備考】
魔法少女をつくる上で、不文律の掟が存在します。
それは『ショートカットで元気な女の子でなければならない』ということです。

自然とそういうイメージが植え付けられているので、そこに疑問の余地もなく、太陽が東から昇るのと同じくらい、私にとってはあたりまえのことになっています。



【本編】

『天然ではた迷惑な存在』を主軸にRPしようとしていたのですが、他の狂人、もとい参加者達にくわれた感が強いですww

お弁当の時間も、虚弱児の都子ちゃんにオニギリを無理やり食べさせて吐かせる路線でRPしていたら、
突然、他班のちんこ君が乱入してきて、オニギリを奪っていきました。
結果としては都子ちゃんを救った事になってたりしますが、ちんこ君は、その事には気づいてない様子でした(笑)
(しかし、あれは本当にタイミングがよすぎるww)

先生からも、ちんこ君は、とんでもない悪ガキとして、評価はマイナス、
私は『オニギリを友達にわけようとした優しい子』として良く評価されます。

掃除の時間の理科室爆破についても、先生が真相に気付かず、私は真面目に掃除してた事になり(そのように申告したからなんだけどw)、高く評価され、
4時間目終了時点で、何故か良い子ちゃんポイントが1位(笑)(笑)

『上辺さえ取り繕えば、先生は評価してくれる』という部分に、ものすごくリアリティがあって面白かったですwww
(20人いる生徒の動向を全て把握するのは難しいんですけどねww)

最後の帰りの会の、先生への密告合戦で、
おとなしくしてれば1位も維持できそうだったんですけど、
さすがにそれはどうかと思い、積極的にいくことにしましたwwww

これで先生を騙せるなら、もう仕方ないだろ的な感じで、
理科室爆破の犯人を友達の『ぬとりちゃん』におしつけ、
自分だけ良い子ぶる、というのをやったところ、

先生も流石に、そこの『ニュアンス』にはきちんと気付いてくれて、良い子ちゃんポイントが減点しました。
何の罪もない、ぬとりちゃんも良い子ポイント減点されてたけどwwww


結果は、常に優等生の振る舞いを演じた、都子ちゃんが1位。


うんこ味のカレーと、カレー味のうんこのどちらが良いかという質問も、上手くRPをいかしてかわしたり

帰りの会でも、他の友達を悪く言わない方向で攻めたり、


> 「先生。ごめんなさい。音楽室がまだきれいになっていません・・・・・・HRがおわったらまた掃除しにいきます・・・・・・」


都子ちゃんは、なかなかの使い手でした。
私の学生時代もこんな感じだったなぁ・・・(´ー`)
嘘だ!!


メルヘンベリーは、ぬとりちゃんと同着3位(笑)
案外、ここは妥当な位置なのかもしれませんwww
他のお友達はもっとおかしかった


スポンサーサイト

Comment

No title

ホームルームの密告合戦は緊張感があって楽しかったですw
あの後、ぬとりは全ての原因である小竹を殴り倒して学校を去り、川へと帰っていったという裏設定があります。
でもベリーちゃんとはいつまでも友達だよね♪

No title

ええ、もちろん、メルヘンベリーとぬとりちゃんは、永遠の友達ですよ^^
2人の友情を疑う要素はなにひとつないに決まっています!!!

ホームルームには、委員長タイプがいなかったのが唯一残念でした
『男子が遊んでて全然掃除ができませんでした』系のツンツンタイプが、小2には不足していた気がします(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。