スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらし

ひぐらし、原作のゲームの方からじっくりやるつもりでアニメをスルーしていましたが、
『試しに鬼隠し編だけみてみるか』と思ったら、気付いたら2日で全50話、全部みてました。

原作は3倍濃度の面白さだと思うけど、アニメはアニメでテンポ良く、ハラハラしながら観れました。
圭一少年が主人公ですが、全編通してみると、影が薄く、
他の登場キャラが自由に動いてる感じが良かったです。


毎回、試みが違っていて、その編ごとに好き嫌いがわかれそうですが、
『目明し編』が一番楽しめました。
なので、子供や老人相手に超強い、無敵のヒロイン詩音が一番好きです^^


以下 ネタバレ注意。







原作知らないけど、
目明し編が、アニメでは一番出来が良かったと思います。スタッフは演出頑張りすぎwww

入れ替わりトリック自体は凡庸だけど、
綿流し編に、1本の線を引くような回答の鮮やかさが光っています。
その背景にある園崎家という特殊な家系が超然とした存在感を放ち、
詩音を含め、周囲の人間を狂わせていくという構図が良い。
多くの謎が、多くの畏怖をうみだし、中盤からずっとピンとはりつめた雰囲気で、
正直、ひぐらしはここがピークだったと思う。(以降の話も楽しかったけど)
明かされた設定と、残った謎のバランスが良い感じ。

なにより詩音というキャラクターが魅力的すぎて終始ゾクゾクしていました。
紙のように薄っぺらい理性と、深い狂気は、ゾンビ屋れい子の、百合川サキとタメはれるくらいの可愛さです。
はう~、生爪、お持ち帰り~^q^

魅音がいじめられるところとか、サトコがいじめられるところとか、詩音がその2人をいじめてるところとか、問答無用で良かったし、
数々の困難をのりこえながらも復讐劇を達成し、
(その当時では)最大の恐怖の象徴であった、オヤシロ憑き(?)の巫女さんすらも打開したところで、DA・I・KO・U・HU・N★

詩音の、一途な想いと、容赦ない壊れっぷりと、土壇場でのしぶとさは、
正直、ひぐらしのラスボス以上にラスボスしていたと思います。
やっぱり犯人は、終わったと思わせて、再び姿を現してナンボですね^q^

最後は、綺麗にオチたしwww
スポンサーサイト

Comment

No title

アニメでそれだけはまったんなら
原作はぜひともプレイしてみて欲しい
俺は両方好きだけど、正直、別物だから。

ああ、キャンドルエンド描いて【から】余った時間でプレイしてくださいね^^

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。