スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャグ漫画でも、どこかにリアルを感じられるものが良い

笑いに関して、ある種の同門的な視点に立って、『こいつには勝てねぇ』と心の底から敗北感を味わう事が、これまでの人生においてそう多くはないけど、何度かあります。
フリーザ最終形態を目の前にした時のベジータのような心境、と言えば解りやすいでしょうか。

そんな逸材が、立て続けに現れました。
最近の地球はどうなっているんだ!!??


まずは新都社の、研治先生です、
黒酢☆ちゃんねるで、かなりキてるなって感じでしたが、
SUPER☆ROCK'N'ROLLERSで圧倒されました。

ナンセンスとか、シュールとか、そんなチャチなもんじゃ断じてねぇ、
もっと恐ろしいチャラさの片鱗を味わったぜ・・・

このドラッグっぷりは、なんていうか、
ダウン系の七草に対をなす、アッパー系の最高峰って感じでしょうか。
研治先生まじパねぇっス!!

次は、プリキュアの、440さんです。
pixvで最初知りましたが、サイトの方でメインに活動してるようです。
猫DAISUKI
(でもサイトよりも、pixvの方が厳選されている感じで初心者にはオススメ)

下品で酷いネタなんだけど、ストイックさとピュアさも忘れていないってゆーか、
プリキュアの清濁を併せ呑んだかのような、不思議な狂気を感じます。
ココとナッツの爽やかな変態さと、シロップの深い闇が対照的で、この3人が絡むネタが一番好きです。
一枚絵なら、メップルが、なぎさに土下座している絵の雰囲気がものすごくツボにはまりました。

440さんは、この変態的な土台があってこそ輝く人なのかもしれませんが、
何気に下ネタ抜きでも、高いステージでネタを飛ばせそうな気もします

『この発想力をもっと健全な方向で発揮できればいいのにランキング』があったら、国内で3指に入るんじゃないかな
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。