スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリオンの新劇場版

エヴァンゲリオン新劇場版 序と破をみました。

(例のごとくネタバレ注意)







序も、エヴァっていい作品だったよな~と、しみじみ思い出せたり、
ヤシマ作戦の大幅リメイクで熱くなれたりと、なかなかの出来だったんですが、
破がヤバイwww
世間での好評判は耳に入っていたのですが、これは良い意味で裏切られた。
製作者の掌の上状態で楽しめました。

エヴァンゲリオン解 祭囃し編 って感じですな。
二周目を強く意識して造られていて、これが実にうまくハマッてる。
当時の綾波は、かなり斬新なキャラクターだったけど、今では消化されすぎた感があるので、
ここにきて血の通った綾波にしたのが何より印象的です。(後々の演出にも、効いてきます)

『なんで未だにエヴァとかつくってんの?パチンコの影響?』
と割と冷めた目で見ていてごめんなさいwwww
『今の時代にあったエヴァはこんなもんだろ』という毒気を抜いた展開になっていて、
庵野監督が、中二病を卒業したのを感じます。

旧エヴァは旧エヴァで愛すべきものなんですけどね。
ただ、あの終盤のちゃぶ台返しを繰り返しやられるのはげんなりしただろうなぁ、と。

全体的に言えるのは、ただ名シーンの羅列ではなくて、
1本の映画としての構成をよく考えられているのがマル。
シンジ君の『僕はもうエヴァに乗りません詐欺』を1回で済ませたり、
ユニゾンアタックや停電話やトウジ(笑)が省かれたのは残念だけど、
これらも挟むとテンポが死ぬから本当に仕方ないよなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。