スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイの大冒険

久しぶりに、ダイの大冒険を一気読み。

『あ~、この頃のジャンプは、作家間で熱い何かを共有していて良かったよな~』
とか思いながら、ほとんど忘れかけていたストーリーを思い返しながら読みふけっていたわけですが、
思ってた以上に・・・『奴の活躍がすごかった』

ダイさんは主役らしく、ここぞという時の決戦兵器として、
(バランと背中合わせに並んで立ってる絵は、今見ても最高にかっこよかった)

ポップは名脇役として、言うまでもなく。
強烈なシュートを決めるわけではないんだけど、名アシストとして、
脇役のポジションという範疇で良い動きをする。一番印象に残るキャラだった。

マァムは、これといった活躍をした記憶が薄かったが、まったくその通りだったのでノープロブレム。
(後半は、レオナ姫の方がどうみてもヒロインでした)

意外なほど活躍してたのは、ヒュンケル。
後半のインフレ展開にはついていけないB級のイメージがあったけど、全然そんな事なかった。
ヒムとか、ラーハルトとか、そういう中堅所には勝てるキャラだと思うんだけど、
序盤でハドラーを一回倒してるのが、すげー大金星だし、
バランを相手に戦って、敵の横槍が入り瀕死の重傷も負うが、仲間にするための説得の一撃を成功させているし、
最後は、ミストバーンとの闇の師弟対決も制している。
Aランクの敵を相手にも結果を出してるヒュンケル兄さん、まじパねっす!



スポンサーサイト

Comment

No title

途中までで更新してしまったのでしょうか。
クロコダイン様のことに言及する前に文章が終わっていますよ。

No title

男気あふれる、パーティーのいぶし銀、噛ませワニ様にも触れるべきだったかもしれませんw
安定のやられ芸なんだけど、地味に要所要所では役に立ってて良いキャラしてましたね~。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。