アルジャーノン

いまさら?ながら、「アルジャーノンに花束を」を読んだ。
キッカケはオモコロというサイトの特集で、
その小説を模倣した記事を読んで、その「仕掛け」に非常に興味をもち、
いつか読む本リストに記憶し、「いつかって今さ!」とつい先日思い立ったから。

だが、期間が空いた事により、記憶の齟齬が生じ、
図書館から「ライ麦畑でつかまえて」を持ち帰ってきてしまったというのも、天然ドジッ子の萌えキャラ属性をそなえた自分では仕方のない事だろう。
部屋で一人、自分の頭をこづいてペロっと舌を出し「テヘッ☆」とつぶやき・・・素で死にたくなった。

ライ麦は、うんまぁ、古典っていうか、今読むとレトロな文体と世相が共感を遠ざけてしまうのがいただけないが、
内容は、赤毛のアンの男の子バージョンで、下品で小汚いがなかなかユーモアがあって名作?かなあと言う感じで、最初の50ページくらい読んだらあとはパラパラと読み飛ばしながら、気になる部分だけザッと目を通して終わらせてしまった。
今は「ライ麦」よりも「アルジャーノン」なのだ
知恵遅れがどんどん賢くなっていく文章の元ネタを楽しむんだ!

で、読んだ。傑作すぎた。
「共感」だとか「メッセージ性」だとか、そういう部分には実はあまり惹きこまれなかったのだが、
書き手の「手腕」というのか、「ものすごく計算されつくされてる感」に、ただただ脱帽である。

やはり、最初の掴みの仕掛けが非常に上手い。
1ページめくるごとに、ドラクエで1レベル上がっていくような感覚、というのだろうか。
ジワジワと賢くなっていくチャーリィーを追いかけていくのは、これまでにない読書体験で新鮮すぎた。
もっとも450ページくらいある小説で、
チャーリィ君の文章力は150ページあたりでカンストしてしまうので、
そこからはちょっと中ダルミを覚えた。
(中篇小説版もあるみたいで、そっちのほうが自分好みだったかもしれない)

ただ終盤になると、ドラマ性と、これまで中ダルミだなあと感じてたアレコレが実は意外と伏線してたのと、仕掛け、の全てがたたみかけてくるので、
まとめ方は非常に素晴らしい。

アルジャーノンは、今読んでもその凄みが良く伝わるので万人にすすめたい。
スポンサーサイト

Comment

No title

何でもするから!どうか漫画を!漫画を描いてください!!お漫画描き描きしてほしいのぉ!!

No title

う、うん、いつか描くよ^^

No title

約2年ぶりのブログ更新おつかれさまです!
twitterとかもされてないようなので一切の情報がなく「このまま更新はないのではないか・・・」と不安になってました
更新だけでも嬉しいのでネコロボの続きも気長に待ちます!

No title

これ以上気長に待てと言うのか…ドSですね

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)