スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌え絵も文化

最近、児童文学も、「萌え絵化」の波が押し寄せているようで・・・


anne111_201704052316032ba.jpg




大好きな赤毛のアンも、こんなんなってます




1403a-19_20170405232237994.jpg


「にんじん」とからかわれてキレたAnneさんが、
ギルバートの頭に石版を叩きつける鉄板ネタも、
美麗な挿絵で完全再現!!



では・・・昔(1990年発行)の「赤毛のアンの挿絵」がどうだったかというと・・・・














annne00_2017040523245438a.jpg


!!!!???

*アンさん(17歳) 畑を食い荒らす牛を慌てて止めに入るの図

赤毛のアンの魅力は内面にあり、原作でも外見にはコンプレックスを抱えています。
むしろこちらの方が原作を忠実に再現していると言えますが、
そもそも90年代の児童文学の挿絵は、「ルックス」よりも「躍動感」に命をかけていて、「大体どれもこんな感じでした」
個人的に、こっちはこっちで「愛すべき味わい」があります。
















anne33_20170405234349653.jpg

なお、自分で描いたらこうなったwww



この先も、いろんな形のアン・シャーリーが生み出されると思いますが、
みんな違って。みんないい。
赤毛のアンは、何世紀も先まで愛される名作です^^

スポンサーサイト

Comment

No title

生きとったんかワレ・・・

No title

ユメノイキテタ、オレウレシイ・・・
ちょこちょこブログをみては更新されてなくて悲しみを背負ってたので
久しぶりの更新とても嬉しいです
そういえばtwitterとかはされないのでしょうか?

No title

普通に更新してて草
漫画も描いてや夢野っち

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。