スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサガというゲーム

【前回のあらすじ】
end4.jpg

アンサガの制作者はキチガイ


【再調査!!】

アンサガはわけのわからん要素が多すぎなゲームですが、
今回で『目的』はすごく明確に理解できました
『要は、このクソボスさえ殺せれば良いのです』

第四形態では、1ターンキルだったので、もう一度、ボスに挑む事にします
『オーバーキル』という、全体に700ダメージで、LPを2~3奪うという、イカレた技を使ってくることが解りました。
なお、5ターンほど手のひらの上で転がされている間、相手のLPを1も削れなかったので、多分、1~3形態とは、HPが別に用意されている気がします。
(されてなかったら、逆にお手上げwwww)

第四形態のHPとLPは底が知れませんが、
効率の良い戦略はなんとなく浮かびあがってきました。

まず、斬る系の攻撃が多いです。
アビリティ『〇斬打回避』のある盾は全員に装備させたいところです。
(盾での回避はよく見られたので、これはガチ!)

そして『〇斬撃防御』のつく防具も、優先的に集めていきたい。
でも、ロックアーマーで1つ確認なのですが、これ装備していたジュディが、LP3削られているので、気休め程度にしかならないかも(^ω^;)


戦術としては、長期戦で、LPの削りあいをしあう中では『速攻』が有効だと気付きました。

具体的に言うと、アタッカーに、攻撃・守備の補助魔法をかけて、1ターンに4回攻撃させる。です。
また、先頭に壁役を設置して、毎ターン、アタッカーに回復魔法をかけるようにします。

攻撃順番はこんな感じ。

壁役(アタッカーを回復)→アタッカー→アタッカー→アタッカー→アタッカー

メリット
・全体攻撃の被害が軽減
・戦闘にかかるターン縮小で、総LP消費量が軽減

デメリット
・アタッカーのLPが集中的に削られていく事は避けられない。


現在で言うとアタッカーになれるのは、『高速ナブラ』がある、パパだけです。
ボスのHPを削り、攻撃補助魔法をかけて、私が高速ナブラを出すマシーンになったところ、
1ターンで敵のLP8を削りました。
(ただしこれはナブラを4連続で出せた場合。私の成功率は、まだ6割~7割くらい)

この速攻戦術を洗練させるための課題はこんな感じ。

■.高速ナブラの9割バッターを目指す
■.他に、ボスのHPを削るアタッカーが欲しい。
■.高速ナブラ級の技を持ったLP削るアタッカーも、もう1人欲しい

ここまでできれば、第四形態までは楽にいけそうです!
あとは、気合と根性で乗り越えてみようと思う。
そして、これも重要

■.魔術系の仲間イラネ\(^o^)/

お姉ちゃんと、お母さん、LP低いし、
壁役にも、アタッカーにも不向きなのでラストメンバーからはずしますwwwwwwww
(補助・回復魔法くらいなら、他の奴等でも使える)



そう、この理不尽な力を前にして、ジュディちゃんも、
ようやく気付いたのです。『社会の仕組み』というやつに。

『クライドさんの使う『禁術』なんかよりも『銃撃』の方が強かったし・・
魔法不能者でカス扱いしてたけど、他の家族なんかよりも、パパが一番頼りになる。』



この世界で大事なのは、魔法じゃなかった、

大事なのは、純粋な武力だけだったんだ!!



魔法一家に育ち、自らも天才魔法少女と呼ばれ、価値観の中心には、大きく『魔法』の二文字が存在していました。
けれど、絶大な力の前に魔法なんて無力でした。
苦労して覚えた『ファイアウォール』も、この先、クソの役にも立たなそうです。
それに、そもそもこんなやっかいな事に巻き込まれたのも、魔法なんて存在があったからなのです。


少女が、武闘派に目覚めた瞬間でした・・


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。