スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうくんちゃん

『ゆうくんちゃん』

ブレチキレた短編アニメでした(全3話で、計10分程度)

プロは、大人の事情でできない事がたくさんあります。
しかしアマチュアは基本的に、『怖いものなんてありません』
その利点を上手く活かしているなぁと思いました。

第1話から『かなりキてるな!』って感じだったんですが、
それすらまだ可愛い部類なのが恐ろしいww
これまでこの作品が埋もれていたのは、もったいないと言わざるをえないww
発掘してきたニコ坊、GJ!!!www
(菊池陽介・・忘れられない名前になりそうだぜww)

また、大阪芸術大学の他の作品をみても、どれも高い水準で楽しかったです。

・らめんちゃいにゃん
『金田伊功は私も好き^^』


・魔法のチョコレート
『作画も話も、ものすごく丁寧!!!秀作!!』


『完成度の高さ』だけで言うと(作画だけでなく、話の構成とか含めて)

魔法チョコ>ちゃいにゃん>ゆうくんちゃん


しかし、『面白さ』で言うと、全く真逆の評価になるから不思議です(私的に)


*追記
どっちもメイドも面白かったw
大阪芸術大学 最高wwwwwwww
スポンサーサイト

Comment

No title

キャンドルエンドのCHAPTER5が待ち遠しいです

>ゆうくんちゃん
特に野菜が焼けるシーンと鬼が来たシーンは神過ぎるwwwwwww
鬼の迅速な仕事、軍人の呆気なさが奇妙にリアルともいえますねwwwww
「うわぁぁぁ…」wwwwwww1番きたwwwwwwwwwwwwwwwwww
鬼が本物のヒットマン過ぎwwwwwww無駄が無さ過ぎwwwwwwwwwwww

>どっちもメイド
イイ意味で作り手側が割り切れてる印象で、TBSデジキャラット的に狡猾だなぁと
良作ですしかなり好みですが、ゆうくんちゃんを後回しにしておいて正解でしたwwwww
他の2作品はもう遅いからあとで見てみます

ゆうくんちゃんは、やはり3話が見物ですよね。
菊池陽介は確実に狂人だと思いますが、好ましい狂人です。

また、他の3作は、石川直哉って人が監督(?)の作品みたいです。
(らめんちゃいにゃんが、地味に中毒性あって困るw)
このひとは全部計算尽くでやれる秀才タイプだと思いました。
大阪芸術大学の学生は、菊池を目指すより、石川をめざすべきだと思います!www

なおキャンドルエンドは、もうじき再開です。
序盤のgdgdっぷりにご期待ください(^^)

No title

 ゆうくんちゃんヤバイだろwwwww
 ツッコミどころ満載なのですが、それがどうしたと言わんばかりのストーリー展開に惚れたw
 
 どうでもいいですが、菊池陽介は「ハヤテのごとく!」の作画担当してるっぽいですよ。クレジットに載ってただけなので真偽はわかりませんが。

ハヤテの作画担当説がありますが、真贋率5割ってところですかねw
ちょっと私には判断できませんが、今もアニメ活動を続けているなら嬉しいです

「ハヤテのごとく!」作画担当疑惑の件

ニコニコ大百科掲示板への書き込みをみる限り、同姓同名の別人であるということでした。
即ち、「ハヤテのごとく!」の作画は担当していないことになります。

No title

随分と前の話題になりますが、ありがとうございます。
ゆうくんちゃん懐かしいですねw

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。