スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの角度からでも顔を描けるようにしよう

kao1.jpg


ルーミス先生164ページ参照。
『人の顔は、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの3つは直交していないといけない』

私はこの言葉を頭では理解できたが、心で理解できずに、
その、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの捕え方に悩まされていました。
1日中、そればかりを描きなぐって
『こういうの脳年齢若ぇうちに訓練しねーと、難しいんじゃねぇの?なぁ、君もそう思うだろ?』と愚痴った日もありました(壁のポスターに向かって)

そして、私の右脳に致命的な障害があるのではないかと疑いかけた、ある日の事です、気が付くと目の前には少女がたっていました。何でも前世の光の神に選ばれし戦士の末裔が邪神ドゥルボルグの復活を阻止せんがために(以下4万文字を省略)

というわけで、眉のライン、鼻のライン、耳のラインの捕え方を見切った!(と思う)
要するに、上記の3つを使い分ければ、あらゆる角度からでも描けるようになる(気がする)
(顔の角度は、大別すると24(縦3×横8)パターン、顔全体の角度は3パターンかな)
線を増やせば、108式以上も余裕ですね(^^)

あくまでも、『目鼻耳の位置が解るだけ』なので、
ここから要練習として、
私はこれを『夢野ボール』と名付けようと思います!!!!!!!!

それから、どうでもいいことですが、
キャンドルなんとかという、小汚いソフトボール漫画の更新は、少し間があくかもww
まだネーム3ページで、作画にすら入っていません。
もうこのまま甲子園休暇に入りたい。
スポンサーサイト

Comment

同じルーミス先生の「やさしい顔と手の描き方」読めばいいじゃない

今やってるルーミス先生の解読を1巡させたら、それを本気で考えているよ(^^)
あとこういう特訓に比重をおくと、漫画描くペースが落ちても仕方ないよね!!!
ト雨先生なら解ってくれると思うんだww

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。